夜の間につけるアイプチで二重まぶたは作れる?そのメリットとデメリットとは

公開 

YATA

0 0

目元を二重まぶたにするためにアイプチを使用している人の多くは、使い続けるうちに二重のクセがついて、アイプチを卒業する事を目標としていると思います。そのため、クセ付けのために昼間だけでなく夜寝ている間もアイプチをしている人もいるようです。
巷では、夜専用のアイプチなども販売されているようですが、はたして本当に夜もアイプチをする事で二重まぶたは作れるのでしょうか?そして、アイプチを長時間使用する事でまぶたに負担は無いのでしょうか?今回は、そんな疑問についてお答えします。

夜の間にアイプチをつけると二重まぶたは作れる?

結論から言うと、昼間から夜までアイプチをし続けると、確かにラインのクセは付きやすくなります。昼間にアイプチをしていると、洗顔をして落とした後もラインが薄く残っているという人もいると思いますが、大半は朝になるとそれは消えてしまいます。
しかし、薄く残ったラインを寝ている間もアイプチでクセ付けし続ける事で、次第に戻りにくくなっていきます。もちろんすべての人ではありませんが、もともとまぶたがすっきりしている人ならいずれアイプチをしなくても二重になる可能性があります。

夜の間にアイプチをするメリット

さらに、昼間よりも夜の間にアイプチをするメリットがいくつかあります。まず、寝ている間は瞬きをしないため、アイプチで糊付けした部分が取れにくいという事。そして、アイプチの上からアイメイクで誤摩化す必要が無いため、粘着力が強いまま残るという事です。

昼間アイプチをしていて、アイシャドウで糊付けした部分を隠した後にラインが取れてしまったという経験のある人も多いと思いますが、夜ならそういった心配も無い上に、自然に仕上げる必要が無いためグッとまぶたを折り返して強めのラインを作れます。そのため、アイプチを落とした後もラインのクセが残りやすくなるのです。

夜の間にアイプチをつけるリスクとは

ここまで、夜の間にアイプチをするメリットをお話ししましたが、実はまぶたの皮膚の事を考えると、無条件にすすめられる事ではありません。昼間もアイプチを使っている人は、まさに1日中まぶたにアイプチを付けている状態になるので、それなりに皮膚への負担は大きくなるのです。

アイプチの成分でまぶたがかぶれる

アイプチとは、簡単に言うとまぶたに接着剤を付けて二重を作る商品です。さまざまなメーカーから似たような商品が販売されていますが、そのほとんどには「アクリル粘着剤」や「ゴムラテックス」などの、皮膚のかぶれを引き起こす成分が含まれています。

とくにゴムラテックスのアレルギーを発症する人が多く、経済産業省でも消費者への注意喚起をしている程です。長年アイプチを使っていても、ゴムラテックスとはどんなものなのか全く知らないという人がほとんどだと思いますが、これは靴下をズレないように留めるソックスタッチや絆創膏などに使われている、接着効果のある成分です。

本来であれば、デリケートなまぶたに長時間付けるようなものではありません。まして、昼夜問わず1日中アイプチを使い続けるという事は、何らかの皮膚トラブルが起きても不思議ではない状態だという事を知っておきましょう。

まぶたの皮膚が伸びる

アイプチでラインを付ける際にまぶたの皮膚を押し込んだり、まぶたを引っぱりながら落としたりなど、まぶたを手荒に扱っているうちに徐々に皮膚が伸びてしまう事があります。まぶたの皮膚は非常に薄いため、引っぱるような事は絶対にしてはいけません

悪化すると、まぶたが目に被さって開けづらくなる眼瞼下垂(がんけんかすい)という症状になってしまうことも。一度伸びてしまった皮膚はそう簡単には戻らないため、手術で余った皮膚を切り取るなどの大掛かりな治療が必要になります。

そこまで大げさな話でなくとも、ぱっちりとした目元を目指してアイプチをしているのに、気がついたらまぶたが伸びて目が小さくなっていたなんて事は避けたいですね。

夜の間にアイプチをつける時は、くれぐれも慎重に

このように、夜の間にアイプチをつけると確かにラインのクセは付きやすくなりますが、その反面まぶたに負担をかける事を覚えておきましょう。本来であれば、毎日朝から晩までアイプチをつけるのではなく、まぶたを休めながら使うのがベストです。

どうしてもそれが出来ないのであれば、もしまぶたに赤みやかゆみなどの皮膚トラブルが起きた時はすぐに使用を中止して皮膚科を受診しましょう。そして、くれぐれもまぶたを引っぱるような事はしないで下さい。大切なまぶたを守るためにも、長時間のアイプチは慎重に行って下さいね。

おわりに

夜の間につけるアイプチのメリットとデメリットについてお話しました。手軽に二重になれるアイプチですが、まぶたに刺激を与える成分が入っているため、本来は毎日寝ている間も使用するのはおすすめ出来ません。ですが、どうしても二重のラインを作りたいという人は、自分のまぶたに異常が無いかをしっかり観察するようにして下さい。もしかぶれなどのトラブルが起きた時は、使用を中止して皮膚科に行きましょう。

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

ライター紹介

YATA

 

YATAさんが書いたほかの美容情報・ノウハウ

小顔はヘアスタイルでつくれる! 顔型別のおすすめヘア

小顔はヘアスタイルでつくれる! 顔型別のおすすめヘア

顔の大きさは生まれ持った骨格だからとあきらめている人は、自分に合ったヘアスタイルを知らないだけかもしれません。じつは顔の額縁であるヘアスタイルをちょっと調整するだけで、見違えるほど顔を小さく見せることができるんです。自分の輪郭にコンプレックスを持っている人ほど効果は絶大なので、試 [»続きを読む]

コップにつきにくいリップの塗り方・選び方

コップにつきにくいリップの塗り方・選び方

バッチリきめたリップメイク。色もツヤも完ぺきに仕上げたのに食事やドリンクで落ちてしまうことってありますよね。コップの縁にべったりとついた口紅、口紅を塗っていたのか分からないほど色が落ちた唇。どうすればコップにリップメイクを奪い取られるのを防げるのでしょうか。コップにつきにくいリッ [»続きを読む]

奥二重の人にオススメのアイメイク

奥二重の人にオススメのアイメイク

描いても描いても埋もれてしまう奥二重さんのメイク。なかなか化粧映えしないのに、アイメイクがよれやすくて困ってしまいますよね。どうすれば崩れにくくて映えやすいアイメイクができるのでしょうか。奥二重の方必見のアイメイク方法をご紹介していきます。 [»続きを読む]

まつ毛が多い人向け。ケバくなりすぎないアイメイク方法

まつ毛が多い人向け。ケバくなりすぎないアイメイク方法

もとからまつ毛が多いと、ちょっとメイクをしただけでケバくなってしまいますよね。自然なメイクに仕上げたいのに、いつも濃い印象に仕上がってしまう派手顔さん。かと言ってスッピンでいるわけにもいかないものです。今回はまつ毛が長くてメイクがケバくなりやすい方に向けて、自然に仕上がるメイク方 [»続きを読む]

大きな鼻を小さく見せるメイク法集めました

大きな鼻を小さく見せるメイク法集めました

「鼻が大きいのがコンプレックス」 「どうにかして小さくしたい」 鼻の印象が変わるだけで顔のイメージも変わるため、鼻の大きさや形が気になっている方って意外と多いんです。しかし鼻の形そのものを変えるには手術しかありません。そこで活躍するのがメイクです。メイクの力を使えば大きく [»続きを読む]

美容整形の新着記事

【総額100万円】口コミ広場が二重と鼻の整形を応援するキャンペーンを実施中!

【総額100万円】口コミ広場が二重と鼻の整形を応援するキャンペーンを実施中!

今や整形をカミングアウトするタレントも増え、非常に身近になってきている美容整形。 アイプチなどのメイクで毎日二重まぶたを作っている人や、メイクではごまかしにくい鼻の形を整えたい人などは特に、美容整形を受けたいと思っている方も多いのではないでしょうか? でも、やりたいという [»続きを読む]

jobikai ビューティーウォッチ

一重女子必見!一重まぶたで美人とそうでもない人との違いは何?

一重女子必見!一重まぶたで美人とそうでもない人との違いは何?

すっきりした印象の一重まぶた。日本的でとても美しいですが、二重のぱっちりとした目元に憧れている女性も多いようです。そこで今回は、一重ならではの魅力を生かしながら「美人」と言われている女性を分析してみました。一重の女性特有のメリットや、一重美人になる方法なども一挙にご紹介します。 [»続きを読む]

YATA

片目だけ埋没法も実は多い? 二重まぶた整形の種類と注意点

片目だけ埋没法も実は多い? 二重まぶた整形の種類と注意点

人間の顔が左右対称であるということは、正確に言うと現実的にありません。ほぼ左右対称ということはあります。こういった顔の人は、“美人顔”と言われていて、クレオパトラや女優の香椎由宇さんなどが有名です。左右対称な顔を持つ人は、100万人に1人の割合と言われています。 100万人 [»続きを読む]

YATA

急にやせるとお腹の皮にたるみが出来る? その予防や解消法とは

急にやせるとお腹の皮にたるみが出来る? その予防や解消法とは

太っている人が痩せると皮がたるんでしまうという話はよく聞きますよね。特にお腹まわりの脂肪が急激になくなるとたるみができやすいようです。せっかくダイエットに成功しても、たるみが出来てしまっては喜びも半減ですよね。今回は、ダイエット後のお腹の皮のたるみについて、予防法や解消法を探って [»続きを読む]

なぎ

二重まぶたをトレーニングやマッサージで作れる人と、作れない人の違いとは

二重まぶたをトレーニングやマッサージで作れる人と、作れない人の違いとは

日本人の生まれつき(先天的)な二重まぶた率は3割程度と言われていて、その理由は人種的にまぶたの脂肪が厚く、二重になりにくいからだとも言われています。 女優やモデルのような、キレイなパッチリ二重に憧れてアイプチメイクをしてみたり、頑張って二重を作っている人も多いと思いますが、中に [»続きを読む]

なぎ

関連キーワード

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録