にきびやニキビ跡のケナコルト(ステロイド剤)注射による治療の効果と注意点

にきびやニキビ跡の治療には様々な方法がありますが、その一つにケナコルトというステロイド薬を注射する治療方法があります。
ケナコルトによる治療の効果や副作用などをご紹介します。

ケナコルトとは

ケナコルトとはステロイド剤の一種で、患部に注射する事で炎症などを抑える効果があるもの。

ステロイドという言葉を聞いたことが無い方もいるかと思いますが、ステロイドとは体内でも分泌されるホルモンの一種で、腎臓の上にある副腎という所から作られる「副腎皮質ホルモン」の一種。単純にステロイドと呼ばれる事もあれば、ステロイドホルモンと呼ばれる事もあります。

ステロイドは体の働きを抑える薬品

ステロイドの効果を簡単に言うなら、体の働き(免疫機能)を抑制する働きです。

免疫機能を抑えるというと健康にとってマイナスになるイメージですが、例えばアレルギーのように免疫機能が強く働きすぎる症状は、ステロイドで免疫を抑制する事で症状が抑えられますし、ニキビの場合にも本来健康的な肌の状態が、免疫機能の暴走によって酷い炎症を引き起こしているケースがあるため、免疫機能を弱める事で適切な状態にする事が可能となります。

ケナコルトはこのステロイドを配合した薬剤の一つで、注射の他、外用薬などでも利用されます。

ケナコルトによるニキビの治療効果

ケナコルトはステロイド剤の一種で、免疫機能を抑制する効果を持ちます。

ニキビは毛穴内部に詰まった角栓を餌に菌が繁殖し、その菌を退治するために免疫機能が働いて菌を退治している状態。ただ、免疫機能は菌だけを退治するのではなく弱った肌の細胞なども同時に攻撃してしまうため、炎症がおこり膿が作り出されます。

ケナコルトにより免疫機能を抑えると、肌の炎症がストップするため、殆どの場合でにきびの赤みも注射から早ければ数日、早ければ1日以内に引いていきます。
また、炎症が悪化して真皮層や皮下組織までニキビが到達すると、肌を作る細胞やコラーゲンを作る細胞がダメージを受ける事などから、色素沈着や瘢痕化という状態からのニキビ跡が作られる形となります。
炎症を抑える事でこうしたトラブルを未然に防ぐ事が可能となるので、ニキビ跡の予防にもなります。

ケナコルトはステロイド剤の中でも効果が持続しやすいという特徴があるため、注射などによる治療に向いているといえます。

ケナコルトはニキビ跡の改善にも

ニキビ跡には瘢痕化によっておこるクレータータイプのものと、ケロイドタイプのものがあるためそれぞれの効果について説明します。

クレータータイプは新しいものであれば改善可能

ニキビ跡の中でも、クレータータイプのニキビ跡は炎症が真皮や皮下組織まで到達する事で引き起こされるものですが、具体的には破壊された細胞が再生される際に、免疫機能の過剰な働きなどによってコラーゲン繊維が過剰に作られてしまう事で「瘢痕化」という状態が引き起こされる事でおこるもの。
つまり、炎症が深くまで到達していても、その後の細胞の回復が適切に行われれば完全なニキビ跡(クレーター)としては残らず、治療する事が可能となります。

ケナコルト注射は瘢痕化してしまった細胞まで元の状態に戻す作用はありませんが、免疫機能の抑制によってコラーゲンなどが過剰に作られてしまう状態を防ぐ事が出来るため、比較的新しいクレーターであれば改善する事が可能です。

ケロイドタイプは比較的効果を発揮しやすい

クレーターではなく盛り上がった「ケロイド」タイプのニキビ跡とは、免疫機能の暴走によってあたらしくコラーゲン繊維や毛細血管が作られてしまっている状態。
そのため、ケナコルトによって免疫機能を抑えれば、徐々に過剰な繊維や毛細血管が委縮していきますので、ニキビ跡を縮小していく事が可能となります。

これはニキビ跡に限らず、傷跡や手術跡のケロイドについても同様です。
ケロイドの治療には1か月に1回ずつ、5~10回程度の注射を繰り返す事で徐々に小さくしていく方法がとられます。

ケナコルトのニキビ・にきび跡治療は施術者の知識が重要

ケナコルトのようなステロイド剤は、皮膚治療にとても有効な働きを持つ反面、副作用も大きな薬剤。
免疫機能を抑えるという事は、もともと人体に備わったバリア機能を低下させるという事でもあるため、過剰に利用してしまうと細胞が弱ってトラブルが引き起こされやすい状態になってしまいます。

以前は皮膚疾患を治す魔法の薬かのように利用されていたステロイドも、こうした問題からステロイド治療をやめると深刻な肌トラブルが引き起こされやすくなるため、脱ステロイド(脱ステ)という根気のいるケアが必要になる事もあり、現在では慎重に扱われるようになっています。

ケナコルト注射の場合も同様で、治療期間や一回の注入量などを間違えるとニキビ解消のはずが余計にニキビが出来やすくなったり、場合によっては血管拡張による赤ら顔のような症状や、皮膚の再生が抑えられすぎて皮膚が凹んでしまうというような副作用の可能性もあります。
こうしたトラブルを防ぐためにも、治療には薬剤の知識を十分にもった医師を選ぶ事が重要です。

ケナコルトの治療中は肌をいつも以上に大切に扱う事も重要

ケナコルトによる治療結果が良いものとなるか、副作用が強く出てしまうかどうかはホームケアによっても左右されます。
というのも、ステロイド剤を利用している最中は免疫機能が低下しているため、あたらしく傷を作ってしまったり、紫外線などによるダメージが加えられたりしてしまうと、そのダメージをすぐに回復させる事ができません。
薬剤の効果でニキビなどのトラブルは抑えられますが、あたらしいトラブルが発生しないようにいつも以上に肌を大切に扱うようにする事が、ケナコルトの治療結果を良いものにするか、副作用が強くなるかの境目になるといえます。

ケナコルトの効果や副作用をしっかりと理解し、適切な利用でニキビやにきび跡のトラブルを解消しましょう。

コメント

コメントを書く

お気に入り

0 0

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

スキンケア > にきび・いぼ・おでき

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録