夏の乾燥肌に注意! 汗は肌の潤いにならない?

公開 

EXPERT

jobikai お悩み解決辞典

1 1

気温が暑くなれば、汗を大量にかきます。温暖化といわれていますが、ヒートアイランド現象なども相まってとにかく暑い現代。毎日汗がダラダラ出てくるという人も多いのは?
汗を沢山かくとべた付くけど肌は潤う……というのは、実は間違い! 汗をかくと余計に乾燥する事もあるって知っていました?
汗をかく夏だからこそ注意したい、夏の乾燥肌ケアについて紹介します。

汗には保湿機能が無い

暑いと大量に出てくる汗。この汗は、主にエクリン腺という汗を分泌する汗腺から出てくる汗で、99%以上が水分で構成されています。
汗を大量にかくと、その水分で肌が潤っているように感じますが、汗はそもそも蒸発する際の「気化熱」で体温を下げるために分泌されるもの。
汗がいくら分泌されても、その水分は蒸発していってしまうので肌の潤いにはなりません。

保湿機能があるのは皮脂

人の肌から分泌されるもので、保湿機能をもっているのは汗ではなく皮脂です。
皮脂は油の性質のため水分を通す事が無く、肌を皮脂の膜で覆う事で、肌から水分が蒸発するのを防ぐ事が出来ます。

皮脂は気温によって分泌量が変わるものではなく、食事の変化やホルモンバランスの変化によって分泌が増えるもの。
そのため、夏だから皮脂が大量に分泌されるというわけではなく、逆に汗によって流されてしまいやすいため、夏は皮脂による保湿機能が弱まるといえます。

そもそも汗をかくと体内から水分が減少する

汗をかくと、当然ではありますが体内からその分の水分が失われます。
ただでさえ一日に500~1500ml程度の水分が体内から蒸発していると言われていますが、これが夏の炎天下であればその量も急増。炎天下の中を10分歩くだけでも、100mlの汗をかくと言われています。
体内から水分が出ていけば、その分潤いがなくなるのは当たりまえの事。汗は血液から作られますが、血液中の水分が減少していく事で肌も乾燥しやすくなります。

汗は肌の刺激にもなる

エクリン汗腺から分泌される汗の99%以上は水分ですが、その他に塩分やその他微量のミネラル分が含まれています。
このミネラル分は通常であればあまり影響がないのですが、肌が乾燥によって刺激に対して敏感になっていたり、汗の質が悪く塩分やミネラル分の多い汗をかいたりすると、肌への刺激となります。
肌が刺激を感じると、その部分が硬くなって外部の刺激から身を守るように変化し、これが肌を更に乾燥させる場合があります。

強い紫外線も肌を乾燥させる原因

夏の強い紫外線をあびると、肌は熱によるダメージを受けます。
熱によるダメージは肌を乾燥させる大きな原因の一つですので、しっかりと紫外線対策をおこなっていないと肌の乾燥はどんどん進行していってしまうのです。

エアコンの風も乾燥を促進する

夏になると、室内では強いエアコンの風が吹いている部屋も多いと思います。
エアコンは部屋を快適に保つため、気温を下げるだけではなく湿度も下げられるような風を送り出していますが、この風に直接あたってしまうと肌の水分が奪われ、乾燥しやすくなります。
また、エアコンの直風は体を極端に冷やして血管を収縮させ、肌の代謝を下げる原因にも。肌の代謝が落ちれば保湿成分も作られにくくなるため、肌の乾燥が進みやすくなります。

汗のふき取りシートが保湿成分を除去してしまう事も

汗でベタベタになった肌をさっぱりさせるため、ふき取りシートを使う場合は要注意!
ふき取りシートの中には、使い心地のサッパリ感を強めるためにアルコールやエタノールなど揮発性の高い成分を使っているものもあり、これで肌を拭いてしまうと肌にある保湿成分まで除去してしまいやすくなります。
汗自体はふき取った方が肌のために良いのですが、ふき取る際は乾いたタオルや、水で濡らしたタオルなどで拭くか、アルコールなどが入っていないふき取りシートを選ぶようにしましょう。

汗で皮膚がふやけて保湿成分ごと剥がれる場合も

汗を沢山かくと、水分が肌に浸透して皮膚をふやけさしてしまう場合があります。
皮膚がふやけて剥がれてしまうと、当たり前ではありますが剥がれた部分の肌にあった保湿機能が失われ、肌が乾燥しやすくなります。
日本は特に湿度が高く、汗が蒸発しにくい環境でもあるので、ふやける程留まらないようにこまめにふき取るようにしましょう。

夏の乾燥肌を防ぐために、夜のケアをしっかりと

夏は汗で肌が潤うと思いきや、逆に乾燥しやすくなる場合があるという事を紹介しましたが、乾燥対策のためにもよりしっかり行いたいのが夜のケア。
日中は潤い成分を補給しても汗で流されてしまいやすいので、その分しっかりと夜に肌の保湿成分を補給しましょう。
乾燥を防ぐためには、肌内部の保湿成分としてセラミドやアミノ酸系保湿成分、ヒアルロン酸などがおすすめです。

紫外線によるシミのような肌トラブルばかりが気になりがちな夏ですが、保湿もしっかりと意識したケアを取り入れるようにして、健康で美しい肌を手に入れましょう!

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

jobikai お悩み解決辞典さんが書いたほかの美容情報・ノウハウ

顔の「うぶ毛」を剃るメリットとは? 正しい処理方法を知ってツルツル肌になろう!

顔の「うぶ毛」を剃るメリットとは? 正しい処理方法を知ってツルツル肌になろう!

近くで見られた時に、顔のうぶ毛を処理していないとギクッとしてしまいますよね。女性でも、口の周りなどは濃い毛が生えている人が多いですから、男性にドン引きされないよう抜かりなく処理しておきたいものです。でも、間違った方法で処理をすると、ツルツル肌になるどころか肌荒れの原因になることも [»続きを読む]

肌にたるみが出来るとフェイスラインはどう変わる? たるみ解消法

肌にたるみが出来るとフェイスラインはどう変わる? たるみ解消法

人は誰しも年齢を重ね、見た目も変化していきます。その代表的な変化に、肌のたるみがあります。肌のたるみは、見た目年齢を決定付けてしまう大きな要因であり、多くの女性が(そして男性も)エイジングを自覚するポイントです。 では、肌にたるみが出来ると、フェイスラインはどのように変わるので [»続きを読む]

梅雨でも髪を美しく保つ乾かし方。ドライヤーの使い方

梅雨でも髪を美しく保つ乾かし方。ドライヤーの使い方

髪を美しく保つためにはキューティクルをしっかりと保護する事が大切ですが、そのためにも洗髪後のドライヤーの使い方はしっかりと身に着けておきたいポイント。 ヘアスタイリングの8割は乾かし方で決まるとも言われるくらい、髪の乾かし方を正すだけでも、ヘアスタイルが決まりやすく美しい髪の毛 [»続きを読む]

シャンプーで洗髪後の自然乾燥は有りor無し? ドライヤーとどちらが髪を傷める?

シャンプーで洗髪後の自然乾燥は有りor無し? ドライヤーとどちらが髪を傷める?

お風呂に入って髪を洗った後、すぐにドライヤーで髪を乾かしていますか? 人によっては、ドライヤーの熱も髪を傷めるため自然乾燥させるという人もいたり、少しだけ自然乾燥させてからドライヤーを使うという人もいたりしますよね。 今回は、自然乾燥とドライヤーのどちらの方がヘアケアにとって [»続きを読む]

コラーゲン化粧水は「ハリ」に効く? 本当の効果と選び方

コラーゲン化粧水は「ハリ」に効く? 本当の効果と選び方

スキンケア用の基礎化粧水の多くに配合されている「コラーゲン」ですが、化粧水に含まれるコラーゲンがどのような効果を目的としたものかについて、実は誤解している人が多いので、正しい効果を知って有効活用しましょう! [»続きを読む]

保湿ケアの新着記事

【読者プレゼントあり】夏到来! 引き締め&保湿におすすめなボディケアアイテム3選

【読者プレゼントあり】夏到来! 引き締め&保湿におすすめなボディケアアイテム3選

ボディのお手入れ、どうしてますか? ムダ毛は処理する、サンダルの時のためにフットネイルをする、夏場なら汗対策などもありますよね。 でも・・・皆さんが戦々恐々としているのは、薄着になって体のラインを隠せなくなったのも理由のひとつでは? 筆者も太ってしまったせいで [»続きを読む]

鈴木のぞ美

飲んで肌に潤いを!セラミドサプリの効果とおすすめアイテム3選

飲んで肌に潤いを!セラミドサプリの効果とおすすめアイテム3選

肌の保湿ケアには「セラミド」が効果的! という事は美容情報にある程度詳しい人なら誰でも知っていると言えるくらいになってきていますが、このセラミド、美容液や保湿クリームなど、スキンケアコスメとして肌に塗るだけではなく、サプリメントとしても色々な商品があるのはご存知でしょうか? コ [»続きを読む]

お悩み解消 メイク&ケア

シルクは女子の味方!敏感肌の人にも実践してもらえるアイテム&ノウハウを5つにまとめました

シルクは女子の味方!敏感肌の人にも実践してもらえるアイテム&ノウハウを5つにまとめました

シルクが夏涼しく、冬は暖かい素材なのは有名ですね。 パジャマや高級ブランドの洋服などでよく使用されていますし、なんとなく「高級素材」のイメージが強いかもしれませんね。 ですが、手が届かない品々ばかりではありません。むしろ最近のシルクは、マスクや日差し避けのアームカバーなど [»続きを読む]

鈴木のぞ美

「目元ケアエステ」なるものがあると聞き、目元の乾燥がやばいお年頃なので体験してきました

「目元ケアエステ」なるものがあると聞き、目元の乾燥がやばいお年頃なので体験してきました

年齢による悩みが出やすい目元のケアに特化したエステコースがあると聞き、まさに目元の乾燥、小ジワ、クマ、たるみが気になっている筆者が体験してきました。 目元専用のマシンを使った他にないエステケアの効果とは。 [»続きを読む]

jobikai編集長

しゅん

顔のヒリヒリは化粧品の刺激や乾燥が原因。改善するための方法を紹介

顔のヒリヒリは化粧品の刺激や乾燥が原因。改善するための方法を紹介

何もしていないのに、何となく顔がヒリヒリするような痛みを覚える事がありませんか? 日焼けとも違う顔のヒリヒリ感は、肌の乾燥や「ケアしすぎ」が原因となっているかもしれません。 [»続きを読む]

なぎ

関連キーワード

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録