髪のトリートメント剤は製品によって使い方を変える事が大切

公開 

りなっしー

0 0

ヘアケア用品の中でも、髪の美容液ともいえるトリートメント剤は、髪に美容成分を浸透させる事で艶やコシのある髪質を作る役割をもっています。
しかし、実はトリートメントと一口にいっても配合されている成分などによりその効果は大きく異なるため、使い方もそれぞれ違う使い方をする事が、キレイな髪を保つためには大切。
今回は、トリートメント剤のタイプを3つに分けて最適な利用方法をご紹介します。

トリートメント剤の3つのタイプ

ヘアケア商品の中におけるトリートメント(洗い流すもの)の役割は、髪を油脂成分でコーティングしてキューティクルを保護するリンスやコンディショナーと異なり、髪の内部に美容成分を浸透させる事で髪質の改善を図るものとなっています。
しかし、実際にはトリートメントと一口にいっても「プロが扱うトリートメント」と「補修成分が豊富な一般トリートメント」、「補修成分が少ない一般トリートメント」の3つのタイプに分ける事が可能で、それぞれ最適な利用方法や効果に違いがあります。

プロが扱うトリートメントは髪内部までしっかりと補修する

まず、美容院などで行うトリートメントで使うトリートメント剤は、髪内部を補修する成分が最も多く配合されているもの。
ただ髪に塗るだけではなく、トリートメント剤を髪に入れ込むようなイメージで美容師が塗りこみ、更に熱によってキューティクルを開かせる事で、髪の内部まで補修成分を浸透させる事が可能となります。
開いたキューティクルはその後でしっかりと閉じるようにケアを行うため、殆どの場合で浸透させるトリートメントと、コーティングするためのトリートメントの2種類を利用します。

髪の内部に入れ込んだ補修成分は日々の洗髪などで徐々に流出してしまいますが、2週間程度は補修成分が残るためトリートメントから暫くの間、髪をしなやかで美しい状態に保つ事が出来ます。

補修成分が豊富な一般トリートメント

プロが利用するようなトリートメントと異なり、ホームケアで利用するトリートメントは2つの種類を使うという事はまずありません。基本的に、シャンプー後の髪に対して塗りこんで、暫く時間を置いた後で洗い流せばケアが完了という形になります。
ホームケアの場合、そもそも美容院でのケアのように髪に熱をあてて、トリートメント剤を浸透させるためにキューティクルを開くという事までは難しいので、ワンステップでケアが完了するようになっているといえます。

そんなホームケア用のトリートメント剤でも、特に美容院などサロンで取り扱っているタイプのものには髪を補修する「タンパク質」や「コラーゲン」などの成分が豊富なものが多く、市販品として数多く流通しているトリートメント剤より高額なものが多くなっています。

ホームケア商品であっても、補修成分が十分に配合されているものであれば髪内部の補修効果を得る事が可能ですので、髪に塗った後である程度の時間を置くようにした方が良いと言えます。
ただ放置するだけでは無く、ヘアキャップや蒸しタオルで包み、そのまま湯舟で体を温めるというような形にすると、髪内部に美容成分が浸透しやすくなるのでヘアケアの効果も高まります。
十分に浸透させたらしっかりすすいで、髪の表面にトリートメントが残らないようにしましょう。

補修効果の持続時間はサロントリートメントと比べて短い

ホームケアで行う場合、浸透させられる成分が豊富な方の商品を選んだとしても、サロンで行うトリートメントよりは浸透させる事が難しいですし、その後のコーティングについても弱くなるため、補修効果の持続時間は長くて数日間となります。
継続して利用し続ければ補修成分を徐々に浸透させて髪の毛を美しくしていく事が出来ますが、数日おきに使う程度であれば髪質を程々に維持するという効果だと言えます。
サロンレベルのケアを行うというよりも、サロンでのケア効果を維持するために利用するとうイメージで取り扱うと良いでしょう。

市販流通品の殆どは補修には向かない

ドラッグストアなどで購入できる市販流通品については、殆どの場合で髪の補修成分が少なく、内部に美容成分を浸透させるためには向いていません。
どちらかというと、髪内部の補修ではなくキューティクルを油脂膜でコーティングして髪の潤いを保つためのものなので、リンスやコンディショナーと同じような役割のものとして考えると良いでしょう。
髪の内部を補修する事が難しいため、ヘアキャップなどで温めたり、長時間おいてみたりしてもそこまで効果は変わらず、むしろ頭皮に付着して髪の育成に悪影響となる場合があります。
トリートメント剤の使用方法をよく読み、ある程度時間を置いたら洗い流すという使い方が良いでしょう。

もちろん、市販品にはしっかりと補修成分が浸透するものが無いという事ではありませんので、補修成分が十分に配合されたものについては前述のトリートメント剤と同じように利用すると良いでしょう。

髪の補修ではなくダメージケアが中心

市販流通品のトリートメント剤は、髪の補修ではなくダメージケアを目的としたもの。
髪をコーティングして潤いを保つ事で、髪の美容成分流出を防いだり、外部からの刺激に対するダメージを防ぎます。
毎日のケアに取り入れて美容院でのケア効果を少しでも長持ちさせたり、髪のダメージをケアしたりするものですので、髪をよりキレイにするためには美容室でのトリートメントや、少し値段は上がってもより補修成分が豊富なトリートメントを選ぶようにしましょう。

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

ライター紹介

りなっしー

 

りなっしーさんが書いたほかの美容情報・ノウハウ

表情筋による小じわを解消「ボトックス注射」のよくある失敗

表情筋による小じわを解消「ボトックス注射」のよくある失敗

加齢によって気になり始める肌トラブルにも様々なものがありますが、その一つに小じわがありますよね。 小じわは肌の乾燥によって発生するタイプのものもあれば、表情のクセによって特定の部分にシワがはいる「表情ジワ」タイプのものもあります。 表情ジワは表情のクセによって出来るものですが [»続きを読む]

実は素足もキケン? 足の臭いを防ぐための3つのポイント

実は素足もキケン? 足の臭いを防ぐための3つのポイント

靴を脱いで開放感に浸ったと同時にニオイが気になる足。 何となく、足の臭いは冬のブーツが一番危険だと思っていると思いますが、実は素足になる夏の方が臭くなる危険もあったりと、ケア方法を間違えると悪臭の原因に。 足の臭いを防ぐための3つのポイントを紹介します。 [»続きを読む]

【汗じみ?ニオイ?】対策内容によって異なる汗脇パッドの選び方と貼り方

【汗じみ?ニオイ?】対策内容によって異なる汗脇パッドの選び方と貼り方

暑い季節になってくるとあふれ出てくる脇汗。日本は特に湿度も高いことから、汗が中々蒸発せず蒸れてしまうという特徴もあるため、脇汗の対策で悩む方は多いはず。 脇汗の対策として脇汗パッドを使う方は多いと思いますが、服の汗じみを中心に対策するか、ニオイを対策するかによって選ぶべき脇汗パ [»続きを読む]

脇のニオイも食事から? ワキ臭予防に摂りたい食事と避けたい食事

脇のニオイも食事から? ワキ臭予防に摂りたい食事と避けたい食事

汗を沢山かく季節は、体臭も気になりますよね。特に満員電車や人の多い繁華街なんかにいくと、もわっとした熱気と共にニオイも漂ってきて、自分は大丈夫だろうかと心配になる人も多いと思います。 そんな汗臭いニオイですが、普段の食事によっても臭いが強くなったり、抑えられたりするので、ニオイ [»続きを読む]

制汗剤は使い方によっては汗をかきやすくなる!? 正しい脇汗ケアの方法

制汗剤は使い方によっては汗をかきやすくなる!? 正しい脇汗ケアの方法

暑くなってくると気になる脇汗。汗が出てくる不快感だけではなく、服が湿ったりニオイが気になったりと、なるべく脇汗が出ないように抑えたくなりますよね。 脇汗を抑えるために多くの方が制汗剤を利用していると思いますが、実はこの制汗剤の使い方を間違えると、脇汗がより酷くなってしまう可能性 [»続きを読む]

髪質改善の新着記事

湿気に負けない髪へ。サロンケア「リジューム 」を読者モニターが体験!

湿気に負けない髪へ。サロンケア「リジューム 」を読者モニターが体験!

髪のコンディションが安定せず、ハネ、広がり、よれ、くせが出てしまうのは、髪の乾燥や、パーマやカラーなどによるダメージで、髪本来のキューティクル機能が損なわれているから。さらに、加齢によって髪も弱くなっていくため、年々髪の扱いが面倒になっていくと感じている人も多いはず。 髪の [»続きを読む]

監修 久米 直樹(unsarto)

梅雨でも髪を美しく保つ乾かし方。ドライヤーの使い方

梅雨でも髪を美しく保つ乾かし方。ドライヤーの使い方

髪を美しく保つためにはキューティクルをしっかりと保護する事が大切ですが、そのためにも洗髪後のドライヤーの使い方はしっかりと身に着けておきたいポイント。 ヘアスタイリングの8割は乾かし方で決まるとも言われるくらい、髪の乾かし方を正すだけでも、ヘアスタイルが決まりやすく美しい髪の毛 [»続きを読む]

jobikai お悩み解決辞典

トリートメント効果を1ヶ月持続させる「リジューム」〜リピートしたいヘアサロンケア〜

トリートメント効果を1ヶ月持続させる「リジューム」〜リピートしたいヘアサロンケア〜

ヘアサロン、どのくらいの頻度で通っていますか? jobikaiで過去にアンケートを行ったとき、1.5〜2ヶ月に1度の頻度で通うという方が最も多くいらっしゃいました。 美容院で行う施術で人気なのがトリートメント。自分で行うよりも仕上がりがいいということで、サロンに行くたびに施術を [»続きを読む]

監修 久米 直樹(unsarto)

髪も花粉対策! 春のホームヘアケア法

髪も花粉対策! 春のホームヘアケア法

乾燥、紫外線、抜け毛、花粉、この季節は意外にヘアトラブルの多い時期です。 自宅のヘアケア怠ってませんか?春は出会いの季節。髪の毛で人の印象は大きく変わります。自宅のヘアケア見直してみませんか? [»続きを読む]

Natsu

シャンプー前の「プレオイル」でトリートメント効果が格段にUP! 髪のプロに聞いた、毛先のパサつき・乾燥を防ぐヘアケア方法

シャンプー前の「プレオイル」でトリートメント効果が格段にUP! 髪のプロに聞いた、毛先のパサつき・乾燥を防ぐヘアケア方法

髪のパサつきや、乾燥による広がり。梅雨の時期や秋冬は特に気になりますよね。 自宅で高いトリートメントを使っているのにどうして? とお思いの方に、とっておきのシャンプー法があります。 それは「プレオイル」です。自宅でのヘア・トリートメントの効果を底上げする意外で超簡単な方法をご [»続きを読む]

監修 久米 直樹(unsarto)

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録