自己処理やエステから卒業したい! 医療脱毛で効果的にムダ毛をなくすには?

自己処理や家庭用脱毛器、エステサロンなど、さまざまな脱毛方法がある中で、最も効果が得られやすく、肌にやさしいといわれる医療脱毛。その効果をしっかり出すため、医療脱毛を始める前に知っておきたい正しい知識をご紹介します。

医療脱毛の効果は永久ではない!?

米国電気脱毛協会(American Electrology Association)によると、永久脱毛の定義は「最終脱毛から1ヵ月後の毛の再生率が20%以下である脱毛法」とされています。以前の定義では最終脱毛から2ヵ月でしたが、1ヵ月に変更されたことで、家庭用脱毛器や脱毛サロンも永久脱毛と呼ばれるようになったとされています。

医療脱毛により一度毛根が破壊されると、そこからは二度と発毛しません。まさに、“永久脱毛”といえるのですが、毛根組織が残っている毛穴からは再び毛が生えてきますので、医療レーザーや電気針(ニードル)で脱毛してもまばらに残る可能性はあります。ただし、施術回数の違いや個人の満足度によって感じ方には差が生じますから、あくまでも定義と考えてください。

脱毛法によっても効果が違う

医療機関での脱毛法にはレーザー脱毛と電気針(ニードル)があり、どちらも永久脱毛です。その他の脱毛には自己処理、家庭用脱毛器、エステサロンなどがあります。自己処理は一時的にきれいにできますが、手間がかかり面倒です。自宅でできる家庭用脱毛器やエステサロンのフラッシュ脱毛は、価格面でも気軽にできる脱毛になってきましたが、やはり医療脱毛と比べると毛の再生組織である毛根が破壊されるほどの出力はなく、どうしても回数が必要になってしまいます。

医療脱毛の効果を高めるためのポイント

永久脱毛の効果を高めるには、毛周期の成長期に合わせて施術することが重要です。そして、成長期の毛を確実に脱毛するためにも、脱毛期間中は毛抜きや除毛クリームを使用しないでしてください。

また、施術の回数を重ねるにつれて毛周期の間隔は空いてくるため、成長期の見極めが大切になります。この見極めは施術者の熟練度や知識などに左右されるため、症例数が多く、経験豊富なスタッフがいるクリニックを選ぶことも、より高い効果を得るためのポイントといえます。

脱毛効果が出てない気がする……考えられる理由は?

永久脱毛の効果が感じられない理由としては、施術と施術の間隔が短く、毛周期の休止期で行ってしまっている可能性があります。または、日焼けや肌の状態、痛み具合などによって、肌質や毛質に対して出力の設定が弱かったとも考えられます。後者の場合、肌への負担を考慮しての対応だと思われますので、適切な出力による施術のためにも肌のコンディションが良い時に受けるのがベストでしょう。その際、毛周期のズレが生じる可能性もあるので、医師としっかり相談して進めることをおすすめします。

そして、施術者がしっかりトレーニングを受けているかも大切なポイントです。症例数の多いクリニックでは熟練したスタッフがトレーニングしていることが多く、スタッフの技術レベルも総じて高いので、安心できると思われます。

脱毛以外の効果が得られることも!?

医療脱毛によって自己処理が減る分、肌の状態は自然と良くなっていきます。また、毛がなくなることで毛穴が徐々に収縮するので、脱毛後のケアとして保湿を心がけると毛穴が目立たなくなり、肌に透明感も生まれます。
ムダ毛を気にせず腕や脚が出せるようになって、おしゃれの幅も広がりますよ!

コメント

コメントを書く

お気に入り

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

コスメ・美アイテム > ヘアケア

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録