肌あたりが優しくなる メイクブラシの使い方

公開 

こだわりのメイクで美しい仕上がりを作るために欠かせないメイクブラシ。付属のブラシや指ではできない、繊細なメイクが可能になります。でもどのメイクブラシがよいのかわからない方も多いはず。「適当に買ったらイマイチだった」とブラシ選びに失敗してしまった方もちらほら。ここでは肌当たりのよいメイクブラシの使い方、そして選び方をご紹介していきます。

メイクブラシの選び方

プロほどメイクブラシを使うのは、メイクブラシを使うことで崩れにくくツヤのある肌を演出できるから。そして何よりも繊細で細かい部分にまでこだわったメイクができるからです。プロはいったいどうやってメイクブラシを選んでいるのでしょうか。

メイクブラシの素材を見る

メイクブラシの毛は、ものによってまったく違います。化学繊維のものから馬やリス、ヤギ、イタチなど動物の毛を使ったものまでさまざまです。もっとも毛質が柔らかく肌当たりが優しいと言われているのがリスの毛を使ったブラシ。

中でも灰リスの毛を使ったものはシルクのような柔らかさが特徴です。ヤギのブラシはコシがあるので、リスと比べるとやや固い印象を受けます。馬の毛は毛先が細くなめらか、イタチは比較的コシが強いのが特徴です。化学繊維のものも最近では肌当たりが優しいものが多く、使い勝手がよくなっています。実際に手の甲で「チクチクしないか」「ちょうどいい柔らかさか」を確認して購入するとよいでしょう。

形や大きさ、カットの仕方を見る

ファンデーションを塗る用なら大きめの幅が広いものがいいですし、細かい線を描きたいなら幅の小さな細筆のものがよいでしょう。またフェイスラインに使うなら斜めにカットされているものが使いやすいという声も多いです。

メイクブラシの使い方

初めてメイクブラシを使う方はとくに使い方に悩んでしまうことでしょう。簡単にメイクブラシの使い方を説明していきます。

ブラシについた粉の量を調整する

ファンデーションでもチークでもアイシャドウでも、ブラシに粉がたくさんついた状態ではうまくメイクができません。粉をブラシに含んだらそのまま肌にのせずに、手の甲やティッシュに当てて余分な粉を落としてから使いましょう。こうすることでメイクブラシの毛先に満遍なく粉が付くので、メイクの仕上がりも一段とキレイになりますよ。

力を入れすぎない

「ブラシを使うと、肌に筋ができてしまう」こんなときは力を入れすぎている証拠です。ブラシを強く肌に当てすぎてしまうと筋ができやすくなってしまうので注意。少量の粉で力を抜いてふんわりのせるように使うのがポイントです。

こまめにお手入れ

メイクの時のブラシによる摩擦は、やはり繰り返し行うほどに少しずつ肌を傷つけています。また、メイク汚れが蓄積されることで肌当たりが悪くなるだけでなく、参加した皮脂や細菌などが増えていき、肌に悪影響です。
メイクブラシは、こまめに洗浄して使うことが肌のためにもとても大切なことです。

メイクブラシを洗ってしまうと乾くまでに時間がかかるので、1回ごとにさっと綺麗にできるブラシクリーニング用のミストなどもあります。
こういったものを活用すると、毎回綺麗な状態でブラシを使用することができます。

「メイクアップフォーエバー ブラシクレンザー」
速乾性のため、汚れを落とした後すぐにブラシを使用できます。

メイクブラシの使い方や選び方を動画で確認

実際にメイクをしている方がどうやってメイクブラシ選んで使っているのか、動画を見ながらチェックしてみましょう。

【ファンデブラシ】ブラシ選びでなりたいお肌に!相性良い組み合わせで相乗効果

なりたい肌、使うファンデーションの種類に合わせたブラシの選び方を紹介している動画です。自分のなりたい肌に合わせてしっかりブラシを選びたい方向けの動画です。

【初心者必見】メイクが上手になるメイクブラシの使い方!

おすすめメイクブラシと11種類の私流使い方を紹介したよ!

メイクする部位に合わせてブラシを使うことで、いつもと違った仕上がりにすることができます。セットで安く手に入るブラシもあるので、まずは一通り揃えてみるのもいいですね。

コメント

コメントを書く

お気に入り

0 0

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

メイクアップ > アイメイク

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録