ファンデーションを白浮きさせずに使うためのポイント

公開 

街中でたまに見かける、ファンデーションががっつり白浮きしてしまっている方。
顔だけ真っ白で、見事に2色に分かれている方がときどきいます。そこまではいかなくても、「このファンデーション、白すぎないかな?」と心配になることはあるでしょう。
自分がそんな目にあわないように、今回はファンデーションを白浮きさせない使い方のポイントをご紹介していきます。これで白すぎないか心配することなくお出かけができるようになりますよ。

なぜファンデーションは白浮きしてしまうの?

自分の肌に合っているファンデーションを選んでいるはずなのに、なぜ白浮きしてしまうのでしょうか。それは合っていると思っているファンデーションの色味が、実は合っていないから。
加えてファンデーションの明るさも合っていないと、肌から浮いて見えてしまいます。
自分に合うファンデーションの色味はオークル、ベージュ、ピンクのどれ?
明るさはどれくらいのものにしたらいい?
ファンデーションを購入するときは、色味と明るさに気をつけないと白浮きの原因になってしまいます。

自分に合うファンデーションの色の見つけ方

ファンデーションのパッケージには必ず色の見本がありますよね。その色を見て購入する方がほとんどでしょう。テスターが置いてある場合は、手の甲に試してみる方も多いです。しかし手の甲と顔色が同じかというと、そうではありません。そのためちゃんとテスターで試したのに白浮きしてしまうことがあります。ファンデーションのテスターを試すときは、できれば首と顔の境目、フェイスラインのあたりに試してみてください。首と顔の間に馴染む色を選べば顔だけ白浮きしてしまうことは避けられます。顔に馴染むものでなはく、顔と首との中間に馴染む色を選ぶのが白浮きしないための大きなポイントです。

ファンデーションを塗り始める位置に注意

ファンデーションには塗る順番があります。まず頬のあたり、いわゆる三角ゾーンと呼ばれるところから塗り始めましょう。輪郭から塗ってしまうと、顔の周りにファンデーションが濃くついてしまうので白浮きの原因になります。頬から塗れば、顔の中心部分が濃く、周りが薄くなるように塗れるので白浮きしにくくなりますよ。パフや手に残ったファンデーションを薄く首まで伸ばすと、さらに白浮きを防止できます。

フェイスパウダーをつけすぎない

ファンデーションの後、フェイスパウダーを使いますよね。パウダーファンデーションの方は使わないかもしれませんが、リキッドファンデーションの方には絶対に必要なアイテムです。フェイスパウダーは肌を明るくする働きがあるものが多いため、つけすぎるととたんに白浮きしてしまいます。ファンデーションのよれを防止しキレイに仕上げるフェイスパウダーは、多くつけたくもなりますが少量にとどめておきましょう。せっかく肌に合うファンデーションを使っていても、フェイスパウダーのせいで白浮きしてしまっては意味がありません。

白浮きさせずにファンデーションを塗る方法を動画でもチェック

実際にどうやってファンデーションを塗っているのか、白浮きさせないコツを動画でチェックしてみましょう。オススメの動画を3つご用意しましたので、ぜひ一度見てみてくださいね。

【和田さん。メイクお悩み相談室】顔と首の色違いませんか?

 自然に顔を白くする方法を伝授!

元美容部位の方が白浮きしないファンデーションの選び方、使い方をご紹介。トーンの合わせ方、白浮きせずに顔を明るく見せる方法は必見です。

【初心者メイク】ベースメイク編【自分に合うファンデ選び】

初心者の方は必見、どの色が自分に合っているのか、どのファンデーションが自分に合っているのかなど詳しく解説している動画です。

【ベースメイク】お直しに最適!地黒さんはこれで白浮きしない!限定パウダーレビュー!

白浮きしないフェイスパウダーをお探しの方はぜひチェック。色がつかないフェイスパウダーを使うことで白浮きを防ぐことができますよ。

まとめ

ファンデーションを選ぶ際は、色と明るさが自分に合っているのかを確認しましょう。首と顔の間に馴染む色を選べば間違いなく顔だけ白浮きしてしまうことはありません。フェイスパウダーを使われている方は、つけすぎにも注意。白浮きは色、明るさ、塗り方、塗る量によって防ぐことができますので、ぜひ今日のメイクから試してみてください。

コメント

コメントを書く

お気に入り

0 0

この記事をシェアしよう!

カテゴリ

メイクアップ > ベースメイク

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録