美人顔になれる眉メイクの基本的な方法

メイクの中でも、特に顔の印象を左右する眉。とりあえず形を整えておけばOKというイメージで、適当に済ませていませんか?
眉メイクは基本さえ覚えれば、簡単に、それでいて美人顔の印象をしっかりと作る事ができるポイント。
手持ちのメイク道具でも、使い方さえちゃんと見直せばキレイな眉の印象を作る事ができますので、是非参考にしてみてください。

眉メイクのポイント

美人顔を作るための眉メイクのポイントは、大きく分けて2つ。
一つは「眉頭」「眉山」「眉尻」の位置をどこに置くか、眉の形をどのようにするかという事で、目指したい顔の印象によってもその位置の取り方が変わります。
もう一つがブラシやペンの使い方で、セオリーにそった使い方をする事で、狙った通りの眉の形を、バランスよくキレイに仕上げる事ができます。

眉の形の決め方

眉の形を決めるためには、「眉頭」「眉山」「眉尻」それぞれをどこに置くかという事が重要になります。
それぞれの位置の決め方について、目指したい顔の印象別にご紹介します。

眉頭の位置

眉頭とは眉間側の眉の端っこの事で、眉が始まる位置の事。
美人顔を作るための基本的な位置としては、小鼻の横と目頭を結んだ延長戦といわれています。

ただ、このセオリーだと小鼻が横に広がった人は眉頭が顔の中心に寄り過ぎ、逆に小鼻が小さく目が離れ気味の人は過剰に眉が離れてしまう場合もありますので、小鼻が小さめの人は単純に小鼻の真上の位置を基本の位置とし、逆に小鼻が広く目頭が中央寄りの人の場合は、目頭の上を基本の位置と考えるくらいでもOKです。

眉頭は中央による程顔のパーツが近くなって「凛々しい」「かっこいい」印象になり、逆に眉間から離すと「柔らかい」「優しい」印象になるので、この基本の位置から目指したい顔の印象に合わせて数ミリ程度、位置をずらすと良いでしょう。

眉山の位置

眉山とは眉の一番盛り上がった位置の事で、眉メイクの中でも特に印象を左右する重要なポイントとなります。
眉山の位置の基本は小鼻の横と黒目の中心を結んだ線の延長で、黒目よりもやや外側。
ただし、目尻よりも内側においた方がまとまりが良いので、小鼻と黒目を結んだ線が外に出過ぎるようであれば目尻の少し内側くらいにすると良いでしょう。

眉尻の位置

眉尻とは眉の終点で、眉を書き終える位置の事。
基本の決め方は2通りあり、眉を長めに書いて凛々しく仕上げたい場合には小鼻と目尻を結んだ延長線上の位置。
眉を短めに、柔らかく仕上げたい場合は口角(口の端っこ)と目尻の延長線上に眉尻の位置をとります。
眉の長さはトレンドも変わるので、時流に合わせて考えましょう。

以上3つのポイントを決めて、眉メイクを始める際にそれぞれの位置に軽く点をつけおくと、眉メイクがやりやすくなります。

眉メイクの描き方

眉の位置、形を決めたら、実際に眉を描いていきます。
メイクの際のポイントは、眉山と眉尻を結ぶラインから描いていく事と、眉全体にムラなくメイクを馴染ませる事、そしてぼかしを入れる事です。

眉頭から描き始めてしまう人が多いのですが、眉頭から描き始めると眉の濃さが均等にならなくなったり、眉尻を描く時に失敗してしまってやり直しが出来なくなったりといったパターンになるため、まずは自眉毛の薄い眉尻側をしっかり作って、その後で眉全体の形を整えるようにしましょう。

また、一方向だけにメイクを行うと、メイクのノリにムラが出てみる方向によって眉の形がキレイに見えないなどの状態になるため、ブラシをジグザグに動かすなど眉全体にしっかりとメイクを馴染ませるようにする事もポイントです。

そして、最後のぼかしを行わないと、いかにも「描いた」眉毛になりがちなので、眉メイクの最後には眉頭だけでもぼかすようにしましょう。

基本の眉メイクの参考になる動画

眉メイクについては、動画でも色々と紹介されていますので、その内分かりやすいものをご紹介します。

玉村麻衣子の誰でも簡単に美眉になる眉毛の書き方

とても簡単で、誰でも実践できるような眉メイクの方法が詳しく紹介されています。
基本のメイク方法として覚えておきたいですね。

【印象チェンジ】眉毛の書き方変えるだけで一気に美人顔【プロの基本】

眉メイクアイテムの選び方から、美人顔を作るためのメイク方法まで、元美容部員の「和田さん。」が詳しく紹介しています。
キリっとした美人眉を作りたい方におすすめです。

【プロに教わる】初心者でも出来る眉毛の描き方!

眉メイクの乗せ方など、メイクグッズの使い方をとても詳しく紹介されています。
眉の位置は決められてもメイクが上手く乗らないという方必見です。

コメント

コメントを書く

お気に入り

0 0

この記事をシェアしよう!

カテゴリ

メイクアップ >

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録