ニキビを潰すと跡になるってどういう事? 正しい潰し方と見極め方

公開 

うさみ

0 0

ニキビが出来たら早く治したいという気持ちから、潰したいという反面、潰すと跡が残るという話を聞いて潰せないでいるという方も多いのではないでしょうか。
そもそもニキビを潰すと跡になるというのはどういう事なのか。潰すのであればどういう潰し方が正しいのかについて解説します。

ニキビは毛穴内部で炎症が起きている状態

そもそも、ニキビが出来ている時の肌がどのような状態かというと、そのパターンは大きくわけて5つに分かれます。

ただ角栓が詰まっているだけの「白ニキビ」

ニキビの状態一つ目は白ニキビと呼ばれるもので、毛穴の出入り口を古い角質や汚れと皮脂が混ざったものが塞いでしまい、毛穴の内部に皮脂が詰まった状態。
この状態は特に肌が炎症によるダメージを受けておらず、触っても痛みなどはありません。

毛穴の出口で皮脂が酸化して黒くなった「黒ニキビ」

白ニキビの状態から、毛穴の表面、出口にあたる部分が酸化して黒くなった状態が黒ニキビです。
表面の色は変わりますが、毛穴内部の状態は白ニキビと同じなのでこちらも痛みなどはありません。
ちなみに黒ニキビと毛穴の色素沈着などによる黒ずみは混同されやすいですが、黒ニキビはハッキリとした境界線があり、境界線がぼやけているようなものは黒ニキビ以外の黒ずみの可能性が高いといえます。

毛穴内部で炎症が起こる「赤ニキビ」

白ニキビや黒ニキビで毛穴の中にたまった皮脂を餌にして、アクネ菌が増殖し肌にダメージが加わると、肌が炎症して赤ニキビの状態になります。
ニキビは医学的には「尋常性痤瘡」とされますが、赤ニキビの状態となって肌が炎症した状態がこれに該当します。
白ニキビや黒ニキビは角栓だけがはっきりと見える状態であるのに対し、赤ニキビになるとニキビのふくらみ全体が赤くなり、炎症している事がわかりやすくなります。

毛穴内部に膿がたまる「黄ニキビ」

赤ニキビの状態が更に進行すると、最近や炎症部分の細胞を体の免疫機能が退治して出来る「膿」が毛穴内部に増加し、黄ニキビとなります。
黄ニキビは白ニキビと同じように白から黄色のふくらみがニキビの中央に出来る見た目となりますが、黄ニキビの場合は肌の炎症を伴っているため周辺が赤くなっていたり、ふくらみが円形ではなくいびつな形となって膨んだりしています。

毛穴内部で血と膿が混ざる「紫ニキビ」

ニキビが更に進行すると、肌が炎症によってダメージを受けて出血し、その血と膿が混ざる事で紫色のニキビとなります。
肌のダメージも最大限まで悪化しているため、最も跡に残りやすい状態です。

炎症が悪化したニキビは跡に残る

上記のようにニキビはその状態によって5つのパターンに分かれますが、赤~黄~紫と炎症が悪化していく程に肌の細胞は傷つけられていく事になります。
通常、肌は表皮層の一番下にある基底層という部分で新しい肌細胞が作られていますが、炎症が悪化してこの基底層部分が傷つくと、そもそも新しい肌の細胞を作る事が出来なくなってしまいます。

肌は新しい細胞を作り続ける事で肌内部にたまった色素(メラニンなど)を排出したり、肌の厚みを一定に保っていますので、基底層が傷つき新しい細胞が作られなくなれば、肌内部に色素が残り続けたり、肌の厚みが出来ずに凸凹の状態になったりというトラブルが発生。これがニキビ跡と呼ばれるものです。

炎症している肌を刺激するとダメージが広がる

そして、炎症を悪化させる原因こそが「ニキビを潰す」という行動。
赤ニキビ以降、肌の内部では皮脂を餌にしてアクネ菌が増殖し、アクネ菌によって肌を傷つける「酸」などの物質が作られてたまっています。
この状態で肌を上から押してしまうと、肌にダメージを与える「酸」が肌細胞に押し付けられ、余計にダメージが悪化してしまうのです。

炎症を起こしている肌はそもそも細胞が傷つきやすくダメージを受けやすい状態になっていますので、強く押しつける事はもちろん、洗顔などで摩擦刺激を与える事も基本的にはNG。
ニキビを潰して膿を出し、早めに解消しようとした結果、炎症を悪化させて基底層が傷つきやすくなり、肌にニキビ跡が残りやすくなる。そんな状態を作らないために、ニキビを安易につぶさないようにする必要があります。

白ニキビや黒ニキビの状態であれば潰してOK

炎症を悪化させる事がNGの理由であれば、炎症前のニキビである白ニキビや黒ニキビについては潰してしまっても良いのかという点についてですが、これは大丈夫です。
角栓が詰まっているだけの白ニキビや黒ニキビの状態であれば、ニキビを潰して角栓を除去する事で早めに解消する事が出来ます。
ニキビを潰す場合には清潔な面皰圧子やコメドプッシャーなどを利用して、肌に負担をかけ過ぎないように行いましょう。いくらニキビを潰していいといっても、爪でがりがりと潰すようなやり方は肌を傷つけてダメージになってしまいます。

但し、注意が必要なのは白ニキビと黄ニキビなどの間違えないようにする事。ニキビの中央が白く盛り上がっていると白ニキビのように見えますが、ニキビの周辺が赤くなっていた李、触って痛みがあったり、白い盛り上がりが円形ではなくいびつな形状であったりする場合は黄ニキビの可能性が高いといえます。
そもそも白ニキビは毛穴が詰まっているだけなのであまり大きなふくらみとなる事は少なく、明らかに目立つ程の盛り上がりであれば黄ニキビの可能性が高いので、安易につぶさないように注意しましょう。

炎症しているニキビを潰す場合は吸引タイプで

どうしても早くニキビを解消したい。でも皮膚科などに行く時間が無いというような場合には、角栓を吸い出すタイプの器具を使えば炎症の悪化をある程度抑える事が出来ると言えます。
押して潰そうとするとニキビの炎症が奥に広がってしまうので、吸い出す方向で角栓を除去してしまえば、炎症は悪化させずに膨らみを抑える事ができます。
しっかりと殺菌した針などで膿の出口を作り、吸引機で膿や角栓を吸い出すようにケアしましょう。

但し、ニキビの範囲が広い場合は吸引機を押し当てている場所のダメージとなる可能性もあるため、あくまでもあまり大きくないニキビのケアに限られます。

また、角栓を除去した跡は毛穴に穴が開いている状態となるので、殺菌効果のある軟膏などを塗って炎症の悪化を防ぐようにしましょう。

炎症を悪化させて跡が残る事が無いように、正しいケア方法でニキビの解消を行いましょう。

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録