汗にも種類がある。エクリン汗腺とアポクリン汗腺

公開 

EXPERT

jobikai お悩み解決辞典

0 0

私達が普段生活していく中で、汗というと水玉のようなものが肌からシミ出てくるものを想像するかと思います。
しかし、実は汗にはこの水玉のようなものだけでは無く、もう一つ脂が多く混じったものもあるという事はご存知ですか?
汗の種類と、それぞれの違いについて紹介します。

エクリン汗腺とアポクリン汗腺

この肌の断面図のように肌には毛穴にくっつくような形に存在する「アポクリン汗腺」と、毛穴とは別に存在する「エクリン腺」という2つの汗腺があります。

水分が99%のにおわない汗を出す「エクリン腺」

エクリン腺は全身の肌に存在している汗腺で、200万~500万個ほどの数が存在しているとされています。
エクリン腺から分泌される汗は99%が水分で、その他に塩分を始め微量なミネラル分などを含んだもの。
ほぼ水分なので無色透明で、ニオイもしません。

エクリン腺の汗は暑い時に出る

エクリン腺からの汗はほぼ水分。この汗が蒸発する時、体から熱を奪って体温を下げる働きがあります。
そのため、エクリン腺からの汗は主に暑い時に分泌されるという特徴があり、体温が上昇すると汗の量が増えます。

辛いものを食べた時も汗が噴き出てきますが、これは辛いものを食べた時の刺激によって脳が「暑くなった」と勘違いを起こしているためで、体温が上がらなくても汗が出てきます。
そのため、辛いものを食べると体温が変わらず汗によって冷やされる影響から、体は冷やされます。

緊張した時に手足などで分泌が増える

エクリン腺の中でも、特に手のひらや足の裏については緊張した時や興奮した時に汗の分泌量が増える箇所です。
これは人がまだ原始的な生き物だった頃からの名残で、外敵から逃げなければいけないという状況に陥った時、手足の水分量を増やす事でグリップを上げ、早く走ったり高い所に上ったりしやすくするためだと言われています。
緊張した時に手のひらが汗だくになってしまう人はこの働きが強い事が原因です。
「冷や汗」という言葉がありますが、緊張すると実際に汗の量は増えるのです。

汗腺の働きが低下するとニオイの元になる事も

先ほどエクリン腺の汗はニオイを発しないと紹介しましたが、普段から涼しい場所にいる事が多く、汗腺の働きが弱くなっていると、汗を適切に分泌出来ないため、通常よりもミネラル分などが多く含まれた、べた付いた汗、いわゆる「悪い汗」となる場合があります。
この場合の汗は菌を繁殖させる原因となるため、生乾きのようなニオイの原因になる場合もあるため、体臭予防には普段から汗をかきなれて汗腺の働きを正常に保っておき、「良い汗」をかけるようにする事が大切です。

フェロモンの役割を担う「アポクリン腺」

水玉のような汗である「エクリン腺」からの汗と異なり、脂質やタンパク質などが多く、乳白色をしている汗を分泌するものが「アポクリン腺」です。
アポクリン腺から出る汗に含まれる脂質やタンパク質が皮膚にいる常在菌などに分解される際ニオイ成分が作られるため、体臭の元でもあります。
この体臭は無臭文化である現代日本においては悪臭としてとらえられがちですが、本来の役割はフェロモンとしての働き。そのため、欧米圏などではむしろ体臭がある方が普通という国の方が多いとさえ言えます。

哺乳類は殆どがアポクリン腺。人間はワキなどの一部のみ

エクリン汗腺とアポクリン汗腺の2つのうち、エクリン汗腺が多い動物は珍しく、犬など哺乳類は基本的にアポクリン汗腺が殆ど。エクリン汗腺が発達していないため、体温調整は舌を出して呼吸量が増えるなどの行動をとります。
そもそも汗腺が体臭を作る役割で、個性を象徴するものとしての働きをしており、犬の場合でいえばお尻のにおいをかいでお互いの認識を行うなどの行動もあります。

人の場合、ニオイ以外でのコミュニケーションが発達している事や、そもそも嗅覚がある鼻が高い位置にある事などから、アポクリン腺が発達しているのは顔周辺である耳や口周り、ワキといった箇所と、お尻やVゾーンといった箇所のみに限定されています。
ワキなど特定の部位でのニオイが強くなるのはアポクリン腺が発達しているかどうかが一つの理由という事になります。

アポクリン腺はストレス等によって活発になる

アポクリン腺が活発になるのは、ストレスなど精神的な緊張状態にある時。エクリン腺でも緊張による発汗が増加しますが、ストレスはアポクリン腺も活発にします。
そのため、緊張状態にあるとアポクリン腺からの脂汗が増え、ニオイを発する元に。
体臭を抑えるためにはストレスを抑える事も重要なのです。

一方、アポクリン腺は暑さなどの刺激によって活発になるものではないので、暑い季節に増加するものではありません。
暑い季節に体臭がキツクなりやすいのは、アポクリン腺から分泌される汗の量が増えるというよりも、肌の温度や水分量が菌の繁殖に適した状態になりやすい事が原因。汗の量をコントロールするより、菌が繁殖しやすい環境を改善する事が高い効果を発揮しやすいと言えます。

アポクリン腺の発達度合いは遺伝で決まる

アポクリン腺が発達するかどうかは、その殆どが遺伝によって決まります。
また、アポクリン腺の発達は優性遺伝という遺伝しやすいものであるため、両親の内どちらかがアポクリン腺の発達によりワキガの症状を持っていれば、子供に遺伝する確率は50%。両方がワキガであった場合は80%の確率で子供もその遺伝を持つという事になります。

アポクリン腺が発達している体質かどうかは、一般的に下記のような内容で判断できるとされています。

  • 耳垢がべとつく
  • わき毛が濃い
  • わき毛に白い粉がついたり、洋服の脇部分がすぐ黄ばむ

ただ、アポクリン腺が発達していてもそれがすぐにワキガのような体臭に結びつくというわけではないので、普段の食事習慣などが体臭のケアには大切です。

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

jobikai お悩み解決辞典さんが書いたほかの美容情報・ノウハウ

顔の「うぶ毛」を剃るメリットとは? 正しい処理方法を知ってツルツル肌になろう!

顔の「うぶ毛」を剃るメリットとは? 正しい処理方法を知ってツルツル肌になろう!

近くで見られた時に、顔のうぶ毛を処理していないとギクッとしてしまいますよね。女性でも、口の周りなどは濃い毛が生えている人が多いですから、男性にドン引きされないよう抜かりなく処理しておきたいものです。でも、間違った方法で処理をすると、ツルツル肌になるどころか肌荒れの原因になることも [»続きを読む]

肌にたるみが出来るとフェイスラインはどう変わる? たるみ解消法

肌にたるみが出来るとフェイスラインはどう変わる? たるみ解消法

人は誰しも年齢を重ね、見た目も変化していきます。その代表的な変化に、肌のたるみがあります。肌のたるみは、見た目年齢を決定付けてしまう大きな要因であり、多くの女性が(そして男性も)エイジングを自覚するポイントです。 では、肌にたるみが出来ると、フェイスラインはどのように変わるので [»続きを読む]

梅雨でも髪を美しく保つ乾かし方。ドライヤーの使い方

梅雨でも髪を美しく保つ乾かし方。ドライヤーの使い方

髪を美しく保つためにはキューティクルをしっかりと保護する事が大切ですが、そのためにも洗髪後のドライヤーの使い方はしっかりと身に着けておきたいポイント。 ヘアスタイリングの8割は乾かし方で決まるとも言われるくらい、髪の乾かし方を正すだけでも、ヘアスタイルが決まりやすく美しい髪の毛 [»続きを読む]

シャンプーで洗髪後の自然乾燥は有りor無し? ドライヤーとどちらが髪を傷める?

シャンプーで洗髪後の自然乾燥は有りor無し? ドライヤーとどちらが髪を傷める?

お風呂に入って髪を洗った後、すぐにドライヤーで髪を乾かしていますか? 人によっては、ドライヤーの熱も髪を傷めるため自然乾燥させるという人もいたり、少しだけ自然乾燥させてからドライヤーを使うという人もいたりしますよね。 今回は、自然乾燥とドライヤーのどちらの方がヘアケアにとって [»続きを読む]

コラーゲン化粧水は「ハリ」に効く? 本当の効果と選び方

コラーゲン化粧水は「ハリ」に効く? 本当の効果と選び方

スキンケア用の基礎化粧水の多くに配合されている「コラーゲン」ですが、化粧水に含まれるコラーゲンがどのような効果を目的としたものかについて、実は誤解している人が多いので、正しい効果を知って有効活用しましょう! [»続きを読む]

汗・体臭の新着記事

冬は盲点? 意外と汗をかく冬の汗対策です!

冬は盲点? 意外と汗をかく冬の汗対策です!

暖かい日が増え始めると、少しずつ汗をかくことも多くなっていきます。なので、初夏から残暑あたりまでは、皆さん、汗対策をかなりしっかり行っているのでは? では冬は汗をかかないのか、というと、ウールのセーターなど暖かい素材の服にバッチリ効いている暖房で、デコルテや脇につーっと一筋 [»続きを読む]

鈴木のぞ美

【頭皮ケア】皮脂・臭いが気になる方必見!「フジコ FPP パウダー」をお試し

【頭皮ケア】皮脂・臭いが気になる方必見!「フジコ FPP パウダー」をお試し

いつも斬新なコスメを展開するFujiko(フジコ)より、人気アイテム「フジコ ポンポンパウダー」が2019年8月5日(月)に「フジコ FPPパウダー」という商品名になってリニューアル発売。従来のアイテムと効果は変わりないのですが、保湿力を高める11種類の植物由来成分を新たに配合し [»続きを読む]

美容家

船山葵

デリケートエリアのケアは人に言えない聞けないわからないの三拍子! 貴女が自分を大事にすること

デリケートエリアのケアは人に言えない聞けないわからないの三拍子! 貴女が自分を大事にすること

デリケートゾーンの話って、生理以外は女性同士でも、何となく話しにくい話題ですよね。だからこそドラッグストアで買えるデリケートゾーン専用の塗り薬などが売れているわけです。でも本来、デリケートゾーンはまさに女性としての要の部分であるはずです。 今回はデリケートゾーンに関する記事 [»続きを読む]

鈴木のぞ美

ひょっとして私、クサい? ニオイ対策のご紹介です♪

ひょっとして私、クサい? ニオイ対策のご紹介です♪

体質的に汗をかきやすい人、またはここ数年の酷暑など、体にムレや汗を感じると、やはり気になるのは体臭。 そして口臭に加齢臭。気にしすぎなくらいの人もいますが、シャツが張りついたり、脇の下にツーッと流れる汗、お酒を飲んだあとの自分の口などを考えると焦ってしまいますよね。 今回 [»続きを読む]

鈴木のぞ美

オヤジ臭女子が急増中!?頭皮の臭い・べたつき撃退法

オヤジ臭女子が急増中!?頭皮の臭い・べたつき撃退法

暑い日に汗や脂が出るのは顔や体だけではありません。 頭皮にはTゾーンの2倍近くもの皮脂腺があり、全身の中で一番皮脂量が多い部分と言われています。 そのため、夏は頭皮も毛穴の皮脂詰まりをおこしやすく、女性でもイヤな臭いやべたつきに悩まされている方が非常に多いです。 今回は、今 [»続きを読む]

mod's hair

関連キーワード

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録