笑いジワのケアは保湿が大切

公開 

EXPERT

jobikai お悩み解決辞典

0 0

笑った時に出来るシワが、そのままの形で残ってしまうように出来るいわゆる「笑いジワ」。
シワとはいっても、加齢によって皮膚のハリがなくなる事でできるしわとは違い、笑顔の表情に合って出来ているシワのため、強いマイナスイメージはありませんが、やはり女性として年齢を感じさせるようなシワはあまりいい印象でも無いですし、なるべく抑えたいですよね。
笑いジワが出来てしまう原因と、改善するための方法を紹介します!

笑いジワができやすいパーツ

笑いジワは、その名前の通り笑った時に筋肉が動く部分に出来やすいシワ。
パーツでいうと、口角を上げた時に頬の下のラインにできるほうれい線や、目を細めた時に目尻にできる線。そのほかには、表情の変化が大きい人の場合、目を大きく見開くためにおでこへ笑いジワが出来る事もあります。
笑いジワの出来かたはその人の笑い方で動く表情筋によっても変わるため、普段どんな笑い方や表情をしているかを表しているものでもあるといえます。

笑いジワができる原因

笑いジワが出来る直接的な原因は、表情筋が動く事によって肌が引っ張られてシワができ、それが日々繰り返される事が関係していますが、同じように表情が動いていてもシワになる人とそうでない人がいます。
その最も大きな違いが肌の乾燥。肌が乾燥していると肌が乾いたスポンジのように弾力を失って硬くなったり、肌のバリア機能が低下するため細胞がダメージを受けやすくなったりするため、表情によって出来た溝がそのままシワになりやすくなります。

笑いジワを予防する方法

笑いジワを予防するために、直接的なやり方としては笑い方のクセを変える事や、単純に表情の変化を抑える事ではありますが、無理に笑顔を抑えてしまうとその人の魅力も減少してしまいますので、表情を抑える事は避けた方が良いでしょう。
笑い方を変えるという点では、シワを作らずにいい笑顔になれるのが一番ですので、鏡をチェックして自分の表情を見ながら口角の上げ方を変えてみたり、目の表情を工夫してみたりして不自然でない笑い方を研究すると良いでしょう。

ただ、最も重要なのは表情の作り方ではなく、シワとなってしまう原因である肌の乾燥を防ぐ事。子供の肌にシワが無いように、肌がしっかりと潤っていれば表情がシワとして残る事はありません。

乾燥を防ぐためには、化粧水などによる単純な水分補給だけではなく、セラミドなどによる肌の内部のケアと、乳液やクリームなどによって肌の表面に油膜を作り、肌の水分を維持するケアが大事です。
肌の水分維持はターンオーバーを整え、シミなどのトラブルを予防するスキンケアとしても大切です。

肌の表面で水分を維持するケア

肌の表面には通常皮脂膜によって肌の水分が蒸発する事を防ぐ保湿機能があります。
皮脂は加齢や生活習慣の乱れによって分泌が低下してしまう事がありますので、これを補うようなコスメを利用する事が有効です。
皮脂の代わりとなるような保湿には、乳液のように油分が多いケアアイテムを利用すると良いでしょう。

肌内部の潤いを保つケア

肌の内部は、NMFや細胞間脂質によって潤いが保たれています。
NMFや細胞間脂質も、年齢によって減少しやすい他、紫外線などのダメージでターンオーバーが乱れる事でも減少してしまうので、UVケアなどはしっかり行うようにしましょう。
肌内部の潤いを維持するためには、ヒトセラミドやナノ化されたヒアルロン酸などを利用する事が有効です。
化粧水で水分を補給し、肌内部の保湿を行ってから、肌表面のコーティングという3段階のケアを行う事で、肌の潤いや柔軟性をたもち笑いジワを予防していく事が出来ます。

肌のコラーゲンを増やすアンチエジングケアも

笑いジワもしわの一種ですので、肌のうるおいや柔軟性をたもってシワが出来にくくするのと同時に、肌の土台である真皮のコラーゲン生成を促進して、肌内部からハリを作るケアも大切。
コラーゲンの生成を促すためには、ビタミンC誘導体などが配合されてスキンケア化粧品を利用してみたり、肌の血行促進をするフェイスマッサージでのお手入れを実践してみたりする事などが有効です。

普段の生活から変えていく

笑いジワをしっかり予防するためには、毎日の生活習慣や、日常でのケアなどを見直す事も大切です。

特に重要なポイントは紫外線対策。シワに限らず、しみなども含めて肌老化の殆どは紫外線が原因だとも言われるように、シワのトラブルも紫外線が原因となっている面が強いので、紫外線対策は非常に大切です。
外出の際にはしっかりと日焼け止めを使う事はもちろん、服装もツバが広く紫外線のカット効率の良い帽子を身に着けたり、特に目の周りの笑いジワを防ぐためには大きめのサングラスを着用して、目の周辺が紫外線でダメージを受けないようにしましょう。

また、普段の癖を見直す必要がある場合も。
例えば、特定の部位をかきむしったり、強くこすってしまうような癖がある場合は、こする事による肌への摩擦刺激が細胞へのダメージとなり、シワが出来る原因になる可能性があります。
表情の癖も注意したい所で、例えば大口をあけて笑う癖はあごや口などに跡がのこってしまいやすく、笑いジワができやすくなります。
笑う時は少し顎を上げるなど、シワがよらないような笑い方を心がける事で、同じように表情をつけていても、笑いジワを予防する事が出来ます。

その他、バランスのとれた食事による栄養摂取や十分に深い睡眠をとる習慣を身に着ける事など美容に良い生活習慣を心がけるようにしましょう。

笑いジワを目立たなくするメイクのコツ

メイクで笑いジワを目立たなくするためにするポイントは、
・笑った時にメイクがヨレてシワに落ちるのを防ぐ
・シワの影が出にくいように光で飛ばす
の2点です。

目元の小じわにはファンデーションを塗らずにパウダーだけで

メイクをした時に笑い皺が一番目立ってしまうのが、シワの部分のメイクがよれてしまってシワの形通りに線が残ってしまうこと。こうなることの大きな理由として、シワを隠そうとしてファンデーションやコンシーラーを重ね塗りしてしまっているというのが考えられます。
ですので、ヨレやすいシワのところにメイクをするのはできるだけ避ける方がいいです。

まず、目頭や目尻などに笑った時に出る小ジワには、ファンデーションは塗らないようにし、ルースパウダーだけのせましょう。ファンデーションなどがよれるのは、肌表面の油分がシワが寄った時に混ざり合ってしまうためなので、油分をカバーし表面をさらっとさせてくれるパウダーをのせておくことで、油分が混ざり合うのを防ぎます。

使うパウダーは、少しピンクベージュ系の色がついたものだと目元のくすみをカバーしてくれ、さらにパール感があるものを使えば、目元が明るく見え、シワの影が薄くなります。

口元の笑い皺、ほうれい線には、コンシーラーとパウダーで

にっこり笑った時にくっきりと大きく出る口元の笑いジワは、ヨレやすい上に、くすみも出やすいです。くすみをカバーしながら、ヨレにくく、シワの影を飛ばすメイクをしましょう。

下地、ファンデーションをかを全体に塗った後、口元のシワの部分に、ピンク系のコントロールカラー、もしくはリキッドタイプのコンシーラーをシワの線に沿って塗ります。それを指かスポンジで優しく叩き込んでなじませます。これである程度くすみとかげが消えると思います。
最後に、メイクのヨレを防ぐため、ルースパウダーを小鼻から口周りにかけてスポンジなどでそっとのせます。あまりパウダーを乗せすぎると、乾燥したところからヒビが入って帰って目立つので、薄いベールをのせるようなイメージで軽くしましょう。
それでもまだ目立つな、という方は、化粧下地の段階でコントロールカラーベースを使うなどしましょう。
とにかく出来るだけ厚塗りにならないようにするのがヨレにくくするポイントです。

パーツ別!笑いジワを撃退するポイント

笑いジワを解消するためには、パーツ毎の重点的なケアも必要です。

目尻の笑いジワ解消にはアイクリームなどの利用を

人の体の中でも、目元はとくに乾燥しやすい箇所の一つ。そのため、目尻をはじめ目の周囲はシワが出来てしまいやすい場所になっています。
目尻の笑いジワを解消するためには保湿ケアが重要ですが、そこで利用したいオススメのアイテムがアイクリーム。
アイクリームは乾燥しやすい目元の保湿に適した成分が配合されているため、アイクリームを利用する事で目元の乾燥を防ぎ、肌を柔軟にしてシワを改善していく事が出来ます。
FGFなどが配合されたものを利用すると、肌のコラーゲン生成を促進してシワをより早く軽減していく事が可能です。
クリームを塗っただけでは潤いが不足してしまう場合は、目元用のパックなどを利用するのも効果的ですよ。

ほうれい線の解消には頬を引き上げるエクササイズ

ほうれい線は笑った時にできる線だけではなく、加齢によって頬がたるんでしまう事も原因の一つ。
頬のたるみは表情筋をトレーニングする事でも解消できますので、特に頬のエクササイズを行いましょう。
頬のエクササイズは、目の下側だけを閉じて目をすぼめるような表情を作る方法で、遠くを見るような目の形を作ります。この表情を10秒ほどキープして5秒休むというようなトレーニングを、1日5分程度行うと良いでしょう。

マッサージでたるみをケアしてシワ全般を改善

ほうれい線のシワが出来てしまう原因の一つが頬のたるみと紹介しましたが、このたるみの原因になるものがむくみ。
顔のリンパが滞りむくみが発生すると、水分によって重さができてたるみやすくなりますので、リンパマッサージでむくみを解消する事もシワの予防改善に必要です。
たるみが解消されると肌がひき上がりやすくなるため、顔のシワ全般が改善されやすくなります。

顔のリンパマッサージの基本的な仕方としては、顔の中央からこめかみの方になでるように流した後、こめかみから耳の前を通って首の方に流すような形でリンパの流れを促します。

顔のむくみをスッキリさせるリンパマッサージ

口元にオイルを塗って処置

シワを防ぐためには、肌を柔軟な状態に保つ事も効果的。そして肌を柔らかくするためには、保湿が有効です。
特に、口元の部分は元々乾燥しやすく、肌が乾燥して硬くなる事がシワの大きな原因にもなっているので、口元の乾燥対策が大切。オイルを塗るなどの方法で肌の潤いを保ちましょう。

おすすめの方法としては、まず顔全体に保湿成分が含まれるオイルを塗って、優しくリンパマッサージを行い、その後に口元に美容液を塗ります。就寝前にしっかりとケアを行う事で、寝ている間の乾燥を防ぎ、シワを予防する事が可能です。寝ている間は特に顔が寝具などとこすれたり引っ張られたりしてシワが出来やすいタイミングですので、しっかりとケアを行いましょう。

肌に潤いを保ってシワの無い素敵な笑顔を!

笑いジワが出来るくらい笑顔になる事はとても素敵な事。
せっかくの笑顔を輝かせるためにも、しっかりと保湿ケアをおこなって、シワを作らせない&解消していければ、もっと素敵な表情になるはず。
保湿ケアとトレーニングを組み合わせて、明るいキレイな笑顔をいつまでも保ちましょう!

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

jobikai お悩み解決辞典さんが書いたほかの美容情報・ノウハウ

顔の「うぶ毛」を剃るメリットとは? 正しい処理方法を知ってツルツル肌になろう!

顔の「うぶ毛」を剃るメリットとは? 正しい処理方法を知ってツルツル肌になろう!

近くで見られた時に、顔のうぶ毛を処理していないとギクッとしてしまいますよね。女性でも、口の周りなどは濃い毛が生えている人が多いですから、男性にドン引きされないよう抜かりなく処理しておきたいものです。でも、間違った方法で処理をすると、ツルツル肌になるどころか肌荒れの原因になることも [»続きを読む]

肌にたるみが出来るとフェイスラインはどう変わる? たるみ解消法

肌にたるみが出来るとフェイスラインはどう変わる? たるみ解消法

人は誰しも年齢を重ね、見た目も変化していきます。その代表的な変化に、肌のたるみがあります。肌のたるみは、見た目年齢を決定付けてしまう大きな要因であり、多くの女性が(そして男性も)エイジングを自覚するポイントです。 では、肌にたるみが出来ると、フェイスラインはどのように変わるので [»続きを読む]

梅雨でも髪を美しく保つ乾かし方。ドライヤーの使い方

梅雨でも髪を美しく保つ乾かし方。ドライヤーの使い方

髪を美しく保つためにはキューティクルをしっかりと保護する事が大切ですが、そのためにも洗髪後のドライヤーの使い方はしっかりと身に着けておきたいポイント。 ヘアスタイリングの8割は乾かし方で決まるとも言われるくらい、髪の乾かし方を正すだけでも、ヘアスタイルが決まりやすく美しい髪の毛 [»続きを読む]

シャンプーで洗髪後の自然乾燥は有りor無し? ドライヤーとどちらが髪を傷める?

シャンプーで洗髪後の自然乾燥は有りor無し? ドライヤーとどちらが髪を傷める?

お風呂に入って髪を洗った後、すぐにドライヤーで髪を乾かしていますか? 人によっては、ドライヤーの熱も髪を傷めるため自然乾燥させるという人もいたり、少しだけ自然乾燥させてからドライヤーを使うという人もいたりしますよね。 今回は、自然乾燥とドライヤーのどちらの方がヘアケアにとって [»続きを読む]

コラーゲン化粧水は「ハリ」に効く? 本当の効果と選び方

コラーゲン化粧水は「ハリ」に効く? 本当の効果と選び方

スキンケア用の基礎化粧水の多くに配合されている「コラーゲン」ですが、化粧水に含まれるコラーゲンがどのような効果を目的としたものかについて、実は誤解している人が多いので、正しい効果を知って有効活用しましょう! [»続きを読む]

シワ・エイジングケアの新着記事

切らないリフトアップで話題!症状別でケアができる「シンデレラハイフ」キャンペーンとは?

切らないリフトアップで話題!症状別でケアができる「シンデレラハイフ」キャンペーンとは?

マスク着用により顔の下半分をあまり動かす機会が減ってしまったという方もいるのでは? そんな顔のほうれい線、フェイスラインのもたつき、、二重アゴの改善、目元の小じわの改善におすすめだとされている「医療ハイフ」。 今回は全国の医療クリニックが参加していると「シンデレラハイフ」の [»続きを読む]

jobikai ビューティーウォッチ

マイナス5歳!? 最新のスレッドリフトの痛みやダウンタイムを体験レビュー

マイナス5歳!? 最新のスレッドリフトの痛みやダウンタイムを体験レビュー

ヒトは誰でも歳を取るもの。 お肌の曲がり角を超えて、今はシワやほほなどのたるみ街道まっしぐら、という方も多いのでは。私も毎日しっかりケアはしているけれど、やはり徐々に変わる肌質や輪郭のぼんやり感に悩みを抱えていました。 そんな中、以前に「ボトックス注射」を取材させていただいた [»続きを読む]

jobikai編集長

しゅん

ボトックスの第一人者による「眉間シワ取り治療」を受けてみた!

ボトックスの第一人者による「眉間シワ取り治療」を受けてみた!

表情ジワをコントロールできる「シワ取りボトックス」。今回はボトックスの第一人者の治療を初体験! 治療の流れや効果だけでなく、実際に受けてみてわかった他のクリニックとの違いなどもご紹介していきたいと思います。 [»続きを読む]

jobikai編集長

しゅん

お肌のハリを取り戻す!エイジングケア成分「FGF」高配合の実力とは?

お肌のハリを取り戻す!エイジングケア成分「FGF」高配合の実力とは?

加齢にともなって生じる肌トラブルといえば、目の周りの小じわや首元のシワ、そして頬のたるみなどが気になる方は多いのではないでしょうか? そんなエイジングサインを引き起こす原因は、主に真皮層内のコラーゲンやエラスチンといった「弾力成分」が減少する事によって、肌のハリがなくなってしま [»続きを読む]

女美会編集部

【読者プレゼント2名】女性の味方”ざくろ”でエイジングケアしましょ

【読者プレゼント2名】女性の味方”ざくろ”でエイジングケアしましょ

ざくろは女性に嬉しい成分の宝庫、というのはわりと有名ですよね。 私もコストコや成城石井に行くと、ざくろジュースを買っています。100%のものは、渋味と酸味が入り乱れて、好き嫌いが分かれそうな独特な味わいです。 そんなざくろがスキンケア用のオイルで販売しているのを耳にして、 [»続きを読む]

鈴木のぞ美

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録