どっちがいいの? ストレートパーマと縮毛矯正の違い

公開 

YATA

0 0

癖がある髪の毛を綺麗なストレートヘアにしたい! という時、選択肢として考えられるのがストレートパーマか縮毛矯正の二つですよね。
同じようなこの二つですが、それぞれの違いについて、ちゃんと知っていますか?

ストレートパーマは一時的。縮毛矯正はずっと続く

ストレートパーマと縮毛矯正の違いを一言で言ってしまえば、ストレートパーマは一時的に髪をまっすぐにしているだけで、時間経過などで元に戻ってしまうのに対し、縮毛矯正は基本的に一度かけたら戻る事は無いという点です。

癖のある毛を一時的にまっすぐにしたいならストレートパーマ。ずっとストレートヘアを持続したいのであれば縮毛矯正という選び方をすればいいでしょう。

なぜ効果に違いがあるのか

ではなぜストレートパーマと縮毛矯正でこのような違いが出るのかというと、縮毛矯正はストレートパーマの手法に加えて、アイロンの熱で髪の毛の性質を変えるという手順が追加される事によって違いがうまれます。

ストレートパーマのやり方

まず、ストレートパーマがどのように行われるのかを紹介します。
ストレートパーマを行う時は2種類の薬剤が利用され、最初に使用されるものは髪を柔らかくするものです。
髪には表面のキューティクルと、内部のコルテックスという部分がありますが、コルテックスの部分にはシスチン結合と呼ばれる性質があり、このシスチン結合を無効にする事で、髪を柔らかくする事が出来ます。

そして、柔らかくなった髪をまっすぐに整えてから、今度はシスチン結合を引き起こす薬剤を利用する事で、髪をそのままの状態に固めます。

この手順によってストレートパーマを行うのですが、基本的にはストレートにする時も、逆にストレートヘアにパーマをかける時も同じ手法で行われます。

縮毛矯正のやり方

縮毛矯正の場合、上記のストレートパーマの途中、2つ目の薬剤で髪を固める前に、アイロンの熱で髪をまっすぐに固定します。
髪に熱を入れる事でタンパク質を変性させて、その状態が形状記憶のように保たれるようにする事ができるので、クセが戻らないストレートヘアを作る事が出来ます。

ストレートパーマと縮毛矯正はどちらの方がいいのか

ストレートパーマと縮毛矯正のどちらが良いかというのは目的によって変わってきますが、髪へのダメージという点でいえばストレートパーマの方がダメージは少ないと言えます。
縮毛矯正は熱による変化も加えているため、髪へのダメージはかなり強く、ダメージレベルでいえば最も強い部類に入ります。

癖が強い場合はストレートパーマが上手くかからない場合も

例えば通常の状態がパンチパーマのように髪の癖が強い場合はストレートパーマでは上手くまっすぐにならない場合があります。
しかしこの場合でも、縮毛矯正によって髪の性質を変えてしまえばストレートヘアにする事は出来ますので、くせが強い場合は縮毛矯正が進められる場合が多いでしょう。

縮毛矯正は技術が必要

注意が必要な点として、ストレートパーマは薬剤で柔らかくして固めるだけなのであまり技術が求められないのに対し、縮毛矯正はアイロンの当て方などある程度技術が無いと、求めていた形にならなかったり、ダメージが強くなってしまったりするという面があります。

また、縮毛矯正は金額も時間もストレートパーマと比べて1.5~2倍程度かかりますので、縮毛矯正を行う場合、しっかりと技術がある美容院を選んで失敗しないようにしましょう。

伸びてきた分の髪は縮毛矯正し直す必要有り

縮毛矯正は基本的に元に戻る事が無いものですが、新しく伸びてきた分の髪についてはストレートで生えてくるわけではありません。
その為、ストレートヘアを保つためには伸びてきた分の髪に対して縮毛矯正を継続して当てていく必要があります。
この時も、頭皮に近い部分だけを対応する技術が必要になりますので、経験が豊富で技術力があるヘアサロンを選ぶようにしましょう。

ストレートもウェーブも楽しみたいならストレートパーマ

一時的な髪質変化で、ストレートもウェーブやカールも楽しみたいという場合は、ストレートパーマを選ぶようにしましょう。
そもそも、ストレートパーマは本来パーマをかけた髪をストレートに戻すためのものなので、どちらも楽しみたい場合に適した方法です。

ストレートパーマは長くても2~3か月程度で取れてきてしまうので、まっすぐの状態を維持したい場合はある程度繰り返しストレートパーマを行う必要があります。

パーマでも縮毛矯正でもケアはしっかり

ストレートパーマでも縮毛矯正でも、髪がダメージを受けるという点では同じですので、しっかりとヘアケアを行うようにしましょう。
髪の内部を補修するタイプのヘアケアと、髪を保護するタイプのヘアケアの2種類がありますが、パーマをかけた場合は髪の内部までダメージが発生しますので、補修するタイプのヘアケアは絶対に利用するようにしましょう。
美容院によるトリートメントは効果的ですが、長くても2週間程度しか補修効果は維持されませんので、定期的に美容院でのトリートメントを行うか、自宅でのヘアケアをしっかりと続ける事が重要です。

キレイなストレートヘアを手に入れて、自慢が出来る髪質を作りましょう!

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

ライター紹介

YATA

 

YATAさんが書いたほかの美容情報・ノウハウ

小顔はヘアスタイルでつくれる! 顔型別のおすすめヘア

小顔はヘアスタイルでつくれる! 顔型別のおすすめヘア

顔の大きさは生まれ持った骨格だからとあきらめている人は、自分に合ったヘアスタイルを知らないだけかもしれません。じつは顔の額縁であるヘアスタイルをちょっと調整するだけで、見違えるほど顔を小さく見せることができるんです。自分の輪郭にコンプレックスを持っている人ほど効果は絶大なので、試 [»続きを読む]

コップにつきにくいリップの塗り方・選び方

コップにつきにくいリップの塗り方・選び方

バッチリきめたリップメイク。色もツヤも完ぺきに仕上げたのに食事やドリンクで落ちてしまうことってありますよね。コップの縁にべったりとついた口紅、口紅を塗っていたのか分からないほど色が落ちた唇。どうすればコップにリップメイクを奪い取られるのを防げるのでしょうか。コップにつきにくいリッ [»続きを読む]

奥二重の人にオススメのアイメイク

奥二重の人にオススメのアイメイク

描いても描いても埋もれてしまう奥二重さんのメイク。なかなか化粧映えしないのに、アイメイクがよれやすくて困ってしまいますよね。どうすれば崩れにくくて映えやすいアイメイクができるのでしょうか。奥二重の方必見のアイメイク方法をご紹介していきます。 [»続きを読む]

まつ毛が多い人向け。ケバくなりすぎないアイメイク方法

まつ毛が多い人向け。ケバくなりすぎないアイメイク方法

もとからまつ毛が多いと、ちょっとメイクをしただけでケバくなってしまいますよね。自然なメイクに仕上げたいのに、いつも濃い印象に仕上がってしまう派手顔さん。かと言ってスッピンでいるわけにもいかないものです。今回はまつ毛が長くてメイクがケバくなりやすい方に向けて、自然に仕上がるメイク方 [»続きを読む]

大きな鼻を小さく見せるメイク法集めました

大きな鼻を小さく見せるメイク法集めました

「鼻が大きいのがコンプレックス」 「どうにかして小さくしたい」 鼻の印象が変わるだけで顔のイメージも変わるため、鼻の大きさや形が気になっている方って意外と多いんです。しかし鼻の形そのものを変えるには手術しかありません。そこで活躍するのがメイクです。メイクの力を使えば大きく [»続きを読む]

髪質改善の新着記事

『美容院にて』〜アラフォーママの育児日記〜

『美容院にて』〜アラフォーママの育児日記〜

産後、ホルモンバランスの乱れなどから髪の毛が抜けたり、細くなるのはよく聞きますよね。私の場合は出産して4ヶ月目頃から、お風呂の排水溝に溜まる髪の毛がまっくろくろすけ! ブローすれば脱衣所が髪の毛だらけ! って感じになってきて、夫もドン引きでした。 [»続きを読む]

May

湿気に負けない髪へ。サロンケア「リジューム 」を読者モニターが体験!

湿気に負けない髪へ。サロンケア「リジューム 」を読者モニターが体験!

髪のコンディションが安定せず、ハネ、広がり、よれ、くせが出てしまうのは、髪の乾燥や、パーマやカラーなどによるダメージで、髪本来のキューティクル機能が損なわれているから。さらに、加齢によって髪も弱くなっていくため、年々髪の扱いが面倒になっていくと感じている人も多いはず。 髪の [»続きを読む]

監修 久米 直樹(unsarto)

梅雨でも髪を美しく保つ乾かし方。ドライヤーの使い方

梅雨でも髪を美しく保つ乾かし方。ドライヤーの使い方

髪を美しく保つためにはキューティクルをしっかりと保護する事が大切ですが、そのためにも洗髪後のドライヤーの使い方はしっかりと身に着けておきたいポイント。 ヘアスタイリングの8割は乾かし方で決まるとも言われるくらい、髪の乾かし方を正すだけでも、ヘアスタイルが決まりやすく美しい髪の毛 [»続きを読む]

jobikai お悩み解決辞典

トリートメント効果を1ヶ月持続させる「リジューム」〜リピートしたいヘアサロンケア〜

トリートメント効果を1ヶ月持続させる「リジューム」〜リピートしたいヘアサロンケア〜

ヘアサロン、どのくらいの頻度で通っていますか? jobikaiで過去にアンケートを行ったとき、1.5〜2ヶ月に1度の頻度で通うという方が最も多くいらっしゃいました。 美容院で行う施術で人気なのがトリートメント。自分で行うよりも仕上がりがいいということで、サロンに行くたびに施術を [»続きを読む]

監修 久米 直樹(unsarto)

髪も花粉対策! 春のホームヘアケア法

髪も花粉対策! 春のホームヘアケア法

乾燥、紫外線、抜け毛、花粉、この季節は意外にヘアトラブルの多い時期です。 自宅のヘアケア怠ってませんか?春は出会いの季節。髪の毛で人の印象は大きく変わります。自宅のヘアケア見直してみませんか? [»続きを読む]

Natsu

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録