貼るヒアルロン酸!5種類のマイクロニードルパッチの効果を比較検証

加齢とともに肌にあらわれるエイジングサイン。中でも動きの多い目元や口元は、乾燥や小じわなどが目立ちやすいですよね。鏡を見るたびに「これさえなければ…」と頭を抱えている方も多いことでしょう。

そんな目元や口元のエイジングサインに“貼るヒアルロン酸”として話題の「マイクロニードルパッチ」が効果的なのだとか…!?

そこで今回は、さまざまなメーカーから販売されているマイクロニードルパッチ5種類を比較! 使いやすさや使用感、感じた効果などの口コミをご紹介します。

“貼るヒアルロン酸”マイクロニードルパッチとその効果

マイクロニードルパッチとは一般的に、医療現場で使用されている「マイクロニードル技術」を応用し、開発された化粧品です。その多くが、ヒアルロン酸などの保湿成分をマイクロサイズのニードル状に固めシート化したもの。エイジングサインが気になる目元や口元に貼ったまま就寝すると、寝ている間に保湿成分のマイクロニードルがじわじわ溶け出し、うるおいを角質層まで効率よく届けるといった仕組みです。

肌に塗るのではなく直接刺して角質層に浸透させることや、時間をかけて保湿成分が溶け出すことから、高い効果が期待できるとされているのです。

確かに、ただ塗るだけの化粧品よりも、直接注入できるマイクロニードルパッチの方が肌変化をすぐに実感できそう! ということで、早速マイクロニードルパッチを購入し試してみることに。

5種類のマイクロニードルパッチの効果を比較!口コミをご紹介

今回試したのは、以下5種類のマイクロニードルパッチ。

  • ヒアロディープパッチ
  • クオニス ダーマフィラー
  • スパトリートメント iマイクロパッチ
  • アクロパス アイズプラス
  • アクロパス スポットプラス

使用した際の痛みや、使いやすさ、効果実感などを比較し、口コミをお伝えします。

※以下、すべて個人の感想です。商品の効果を保証するものではありません

ヒアロディープパッチの口コミ

2枚入り×4袋 4,422円(税抜) ※定期コースの場合、お試しコース 3,980円(税抜)~

[全成分]ヒアルロン酸Na、グリセリン、加水分解コラーゲン、プラセンタエキス(ウマ由来)、アデノシン、マンニトール、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、アスコルビン酸Na、トコフェロール、レチノール、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、ユビキノン、フェノキシエタノール、PEG-40水添ヒマシ油、レシチン、ダイズ油、リン酸Na、ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11

ヒアルロン酸の他にも、コラーゲンやプラセンタエキスなどの保湿成分が豊富に配合された、国産のマイクロニードルパッチです。インターネットで「マイクロニードルパッチ」と検索すると上位にこちらが表示されるので、すでに使用したことがあるという方もいるはず。200マイクロメートルのニードルが、角質層のすみずみまでうるおいを届けます。

使い方・使いやすさは?

ヒアロディープパッチの袋はジップタイプ。箱よりもスリムなので、保管時に場所をとらないうえ、衛生的にも安心な仕様です。個包装を開封すると、透明のトレイにマイクロニードルパッチが貼られたフィルムが挟まるような形で収まっていました。固定されていないので、強い力を加えるとフィルムがズルっと滑ってしまうので、注意が必要。

フィルムをとりだしてみると、端の部分に切り取り線が。マイクロニードルパッチをはがしやすいように工夫されています。そのため、フィルムからはがすのはとても簡単!!

しかし、ここでとんでもないアクシデントが発生…!!
“初回使用時は、必ず同封の使い方BOOK(別冊)をご確認ください”と、丁寧な注意書きがあるにも関わらず、「はがして貼るだけでしょ? 簡単簡単~♪」と、ろくに使い方を確認せず使用した私…。なんと、はがしてはいけない大切なマイクロニードル部分まではがすという事態に…!

フィルムからはがした後、私の目に飛び込んできたのは中央部分のフィルム。このフィルム部分こそが大切なマイクロニードルだったのですが、ただのフィルムだと勘違いした私は、ペロッとはがしてしまったのです。間違いに気づいたのは、肌に貼った直後。「全然痛くない、これはおかしい…」と、使い方BOOKを見て唖然。時、すでに遅し…。1回分をムダにしてしまいました。私のような失敗をしないためにも、使用前は必ず使い方を確認してくださいね。涙

ちなみに、貼るタイミングは普段のスキンケア(化粧水やクリーム)の後。そのため、肌が乾燥する心配はありません。ただし、スキンケアアイテムがしっかり肌になじんでいなかったり、油分が多いクリームなどを使用した場合は、マイクロニードルパッチがはがれやすくなる可能性が。スキンケア後は1~5分ほど時間をおき、油分が多いクリームを使う場合はマイクロニードルパッチを使用した後、パッチ部分を避けて使用しましょう。

痛みや使用感は?

やわらかいシートなので空気が入らないようにそっと肌にのせ押さえると、チクチクとした痛みがあります。しかし、想像していたよりも全然痛くない! むしろ痛気持ち良いくらいで、気がつくとつい触ってしまうくらい。使い方BOOKに「目のキワは3mmほど離して貼る」との記載があったため、キワを避けて使用。5分ほど経過すると、貼っていることを忘れるくらい自然になじみました。

シート自体は長めですが、貼ってみるとマイクロニードル部分は少し短いような印象。特にほうれい線の上下まではカバーしきれません。ただ、マイクロニードルパッチに含まれているヒアルロン酸や美容成分は、シートの範囲まで広がるとのこと。心配する必要はなさそうです。

効果は?

翌朝、マイクロニードルパッチをはがすと、目の下にはシートの一部が残っていました。ただ、洗顔すれば問題ないようです。目の下に触れてみると、しっとりしていてやわらいだ感じ。普段は思いきり笑うと、目の下と目尻に細かい小じわが目立っていたのですが、うるおったことによって目立ちにくくなったようです。

ほうれい線の溝がなくなるなんてことはありませんが、ハリがでたからか日中のファンデーション崩れが気にならなかったです。ほうれい線は部分的なお手入れがしにくいところなので、マイクロニードルパッチのような“特別感のあるお手入れ”は満足度も高まります。

ヒアロディープパッチの口コミまとめ

□フィルムからはがしやすいので、はじめての方でも使いやすい。(使い方BOOKは必読!)
□使用後はしっかりうるおって、ハリがでる。
□スキンケア後に使えるので、乾燥肌にもおすすめ。
□小さめの個包装なので旅行のお供にも◎。
□定期コースもあるので、継続して使いやすい。

クオニス ダーマフィラーの口コミ

1回モニターセット(左右2枚×1袋) 2,000円(税抜)

[全成分]ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、エクトイン、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、アデノシン

1センチ四方あたり、約250本ものヒアルロン酸マイクロニードルを集約させた、高密度のマイクロニードルパッチです。貼って寝ている間に、ヒアルロン酸がゆっくりと溶け出し、肌にうるおいとハリをプラス。乾燥による小じわを目立たなくします。(効能評価試験済み)

使い方・使いやすさは?

今回は、トライアルサイズの「1回モニターセット」を使用。ドラッグストアで売っている、シートパックのような外袋に1回分のマイクロニードルパッチが入っています。

トレイを取り出してみると、どこか見覚えのあるトレイ…。そう! ヒアロディープパッチのトレイとほぼ同じなのです。しかし、トレイに挟まれているマイクロニードルパッチには少し違いが。透明だったヒアロディープパッチと比べ、ダーマフィラーは肌色。貼ると肌になじんで目立ちにくいです。

また、フィルムに切り取り線が入っているのは同じですが、切り取り線が中央にあるためやや切り取りづらく、はがすのに手間取ってしまいました。ちなみにヒアロディープパッチ同様、マイクロニードルパッチ部分がフィルムになっているのですが、ダーマフィラーの場合は外袋に“シートの透明部分ははがさないでください”と記載されているので、間違えるリスクは低め。(私はもちろん、間違えませんでしたよ…!)

使用するタイミングは、ヒアロディープパッチと同じくスキンケアの後。こうして比べてみると、共通点が非常に多いですね。

痛みや使用感は?

今回は、洗顔後の化粧水からクリームまで塗った肌(目の下とほうれい線)に使用。念のため、油分をティッシュオフしてから貼りましたが、端の部分が浮いてしまうのが気になりました。マイクロニードルは意外とかため。パッチの上をなぞると、ネコの舌でジョリジョリされているような感覚です。「痛み」と呼ぶほどの痛さではなく、一安心。

ただし、目のキワ付近に貼りすぎると、まばたきのたびに痛みが! パッチ自体は絆創膏ほどの薄さなのですが、まばたきをすると下まぶたに食い込んでしまいます。寝る直前に貼るか、目のキワから離して貼るようにしましょう。

効果は?

粘着力は強くないので、翌朝も簡単にはがすことができます。

運悪くクオニスのマイクロニードルパッチを試した日は、体調が優れず肌の調子も最悪…。頬はカサカサごわごわ、額にいたっては乾燥がひどく、皮むけもしている状態でした。

しかし、マイクロニードルパッチを貼っていた目の下は、乾燥することなくうるおいをキープ。

写真ではわかりづらいかもしれませんが、見た目以上にしっかりと保湿されている実感がありました。

ほうれい線も同様に、乾燥することはありませんでしたが、それ以上の効果は感じられず。

そもそもほうれい線は乾燥小じわではないので、マイクロニードルパッチなどの化粧品で目立たせなくすることは難しいのです。乾燥や小じわを防ぐことを目的に使用するのはおすすめですが、「ほうれい線やたるみの改善」などの、化粧品ではどうしようもない過度な効果は求めてはいけません。

クオニス ダーマフィラーの口コミまとめ

□肌色なので貼っていても目立ちにくい。
□目の下や目尻の乾燥が気にならなかった。
□スキンケア後に使えるので、乾燥肌にもおすすめ。
□シートの粘着力が弱いので、敏感肌でも使いやすそう。
□1回分から購入できるので、とりあえず試してみたい人でも買いやすい。

スパトリートメント iマイクロパッチの口コミ

1箱(2枚×4セット) 6,800円(税抜) ※シャンディ特別価格 3,950円(税抜)

[全成分]加水分解ヒアルロン酸

保湿成分であるヒアルロン酸のみを厳選し、肌に溶け込む「生分解性パッチ」に加工したマイクロニードルパッチです。角質層にうるおいをダイレクトに届け、乾燥による小じわを目立たなくします。(効能評価試験済み)製造販売元は大阪ですが、パッケージに“made in KOREA”の記載があるため、韓国産のようです。

使い方・使いやすさは?

比較的かっちりとした透明のケースに入っているのは、やや小さめのマイクロニードルパッチ。ヒアロディープパッチやクオニスと比べると厚みがあり、キズパワーパッド™のようなハイドロコロイド素材に近いです。目のキワ側のシート幅が狭めになっているので、キワにまでハリやすいのが好印象。

使う順番は化粧水の後。乳液やクリームなどの油分は、マイクロニードルパッチを貼った後に使います。同じマイクロニードルパッチでも、商品によって使うタイミングが異なるので、はじめてのアイテムを使うときには、必ず使い方を確認してください。

痛みや使用感は?

シート自体は小さめですが、マイクロニードル部分は十分な広さ。ただ、ほうれい線は半分くらいしかカバーできないので、少しもったいない気持ちです。

マイクロニードルはこれまで試したものよりもややかため(太め?)に感じました。しかし「痛くて我慢できない」なんてことはありませんのでご安心を。化粧水の後に使用するので肌の乾燥もなんとか耐えられます。みずみずしい化粧水と組み合わせると良いかもしれませんね。

マイクロニードルパッチを避けて乳液やクリームをつけるのは正直面倒ですが、2アイテムだけなので我慢できる範囲です。

効果は?

貼るときにはそれほど粘着力の強さが気にならなかったものの、翌朝はがしてみると跡がくっきり。そのせいか、目の下のしわが濃くなったような…? もしかすると、貼る場所が悪かったのかもしれませんし、前日の食事の塩分などが関係しているのかもしれません。残り3回分あるので、日を改めて再チャレンジしたいと思います。

ほうれい線は、マイクロニードルパッチを貼っていた部分にふっくらとしたハリを感じました。

逆に、マイクロニードルパッチが足りなかった上部は、しわが目立っている気がします。このように、目の下では思った効果が得られず、ほうれい線では満足な効果が得られました。肌状態は使い方や生活環境にも左右されるので、1回で効果を判断するのではなく何度か試してみると良いですね。

スパトリートメント iマイクロパッチの口コミまとめ

□目のキワまで使いやすい作りなので、目元の乾燥小じわが気になる方におすすめ。
□化粧水の後に使えるので肌が乾燥しづらい。
□加水分解ヒアルロン酸のみの無添加処方。
□定期コースもあるので、継続して使いやすい。

アクロパス アイズプラスの口コミ

1箱10パウチ入り※1パウチ1回分(0.6g×2枚) 20,000円(税抜)

[全成分]加水分解ヒアルロン酸、ヒトオリゴペプチド-1

韓国コスメのアクロパスシリーズ。その中でもこちらのアイズプラスは、目元やほうれい線に使用できるマイクロニードルパッチです。保湿成分のヒアルロン酸とEGFのみを配合し、角質層に直接浸透させることで、乾燥を防ぎハリとツヤを与えます。

使い方・使いやすさは?

パウチを開封すると、プラスチックのケースに1回分(2枚)のマイクロニードルパッチが入っています。使い方のポイントは、 『洗顔後すぐ乾いた状態の肌に使用する』ということ。つまり、スキンケアの前に貼るのです! そのため、のんびり貼っていると肌がどんどん乾燥してしまいます…。スピーディに貼るために、洗顔前に開封して準備万端の状態に整えておくといいです。

パッチの粘着力は比較的強めなので少し指にくっつきますが、慌てず冷静に対応すれば問題なく貼ることができました。

パッケージに記載されている使用方法には、スキンケアをするタイミングが書かれていないのですが、さすがにアラサーの肌は何もつけずに寝られるほど丈夫ではないので、マイクロニードルパッチの部分を避けてスキンケアを行いました。これが意外と面倒…。慣れないせいか、普段の倍時間がかかってしまう結果に。総合して、使いやすさはまずまずといったところ。

痛みや使用感は?

今回は、目の下とほうれい線に使用。ヒアルロン酸のニードル部分と同じくらいの余白があるため、目のキワまで貼るのは難しいです。欲張ってめいっぱいギリギリまで貼ったところ、下まぶたがつっぱってまばたきがしづらくなってしまいました。やり過ぎには注意です。ほうれい線には、しわに沿うようにぴったりフィット! 余白部分がどうしても小鼻にさしかかってしまいましたが、気になるほどではありませんでした。

貼ったときの痛みは、軽くチクチクッとする程度。感覚的にはシャーペンの芯先でつついているくらい。痛いのが苦手な方でも、それほど気にならないのではないかと思います。

効果は?

翌朝、洗顔の前にマイクロニードルパッチをはがします。粘着力が強いため、はがすときは少し痛い…! 貼ったときのチクチク感よりも、はがすときのほうが痛いくらいです。特に目の下は皮膚が薄くデリケートな部分なので、ゆっくりと肌を押さえながらはがすのがおすすめ。はがした直後は、くっきりとマイクロニードルパッチの跡がついていて痛々しいのですが、時間の経過とともに薄らぎます。

効果を感じたのは目の下。

普段からツヤがなく、くすんでいるのが悩みでしたが、使用後はハリとツヤが出てふっくらとした印象に。くすみも一層され明るい目元になった気がします。

一方で、ほうれい線は思ったような効果は得られませんでした。

普段は資生堂のしわ改善美容液を使用しているのですが、今回はマイクロニードルパッチを使用したため塗りませんでした。すると、画像のとおり少しほうれい線が濃くなったように感じたのです。やはり、しわに関しては「しわの改善」が認められているしわ改善美容液のほうが一枚上手のようですね。

ポーラと資生堂のしわ改善美容液の効果については、こちらの記事をチェック!

アクロパス アイズプラスの口コミまとめ

□マイクロニードルパッチの部分が大きく広範囲に使いやすい。
□洗顔後すぐ使うため、スピーディな対応が必要。
□粘着力が強いので、しっかりホールドされている安心感がある。
□目の下にハリとツヤがでたのを実感。

アクロパス スポットプラスの口コミ

1箱4パウチ入り※1パウチ1回分(0.3g×2枚) 6,800円(税抜)
1箱4パウチ入りが2箱※1パウチ1回分(0.3g×2枚) 10,000円(税抜)

[全成分]加水分解ヒアルロン酸、アスコルビン酸、ナイアシンアミド、マカデミアナッツ油、油溶性甘草エキス、レスベラトロール

アイズプラスと同じく、アクポレスから販売されているマイクロニードルパッチですが形状が全く異なります。スポットプラスは肌のトーンアップが期待できるアイテム。肌を整えるビタミンCなどの整肌成分を配合し、すこやかな肌に導きます。

使い方・使いやすさは?

プラスチックケースの中には丸い形状のマイクロニードルパッチが。肌悩みの部分にピンポイントで貼るようです。使い方はアイズプラスと同様、洗顔後乾いた状態の肌に使用します。美白*化粧品ではないので、シミを防ぐ効果は期待できませんがせっかくなのでシミやニキビ跡の上に使用してみました。

凹凸の少ない頬部分に使用したので、目元やほうれい線に使うときよりも手早く貼ることができました。

*美白とは、メラニンの生成を抑え日焼けによるシミ・そばかすを防ぐこと

痛みや使用感は?

頬は目元よりも皮膚が厚いためか、より痛みは気になりません。時間が経てば貼っていることを忘れてしまうくらい肌になじんでいました。500円玉ほどのサイズなので、大きめのシミやくすみもすっぽり隠れます。マイクロニードルパッチは目元や口元用が多いので横長の形状のものが多いですが、少し広い範囲に使用したいならこちらのスポットプラスが使いやすそう。

効果は?

一見、あまり肌変化はないように思いましたが、よくよく観察してみると貼った部分の肌色がややトーンアップしている…ような? いかがでしょう。ただ正直なところ、1回の使用で効果を見極めるのは難しいように思います。ただ、デートの前やとっておきの日の前日など、スペシャルケアで肌を整えたい場合にはぜひ活用したいと思えるアイテムでした。

アクロパス スポットプラスの口コミまとめ

□目の下やほうれい線にむけた形状のマイクロニードルパッチが多い中、ピンポイントで貼れる丸型。
□特別な日の前日におすすめ。
□洗顔後すぐ使うため、スピーディな対応が必要。
□粘着力が強いので、しっかりホールドされている安心感がある。

マイクロニードルパッチを使うときの注意点

今回、実際にマイクロニードルパッチを試してみて、注意してほしいと感じたことは以下の3点です。

①使用するタイミングや使用方法を必ず確認する

使用するタイミングや使用方法は、商品によって異なります。特に、乳液やクリームなどをつけるタイミングを間違えてしまうと、マイクロニードルパッチがはがれやすくなる原因に。必ずパッケージや説明書に目を通してから使用しましょう。

また、今回試したものだと、日本製の2アイテム(ヒアロディープパッチとクオニス ダーマフィラー)はマイクロニードルパッチ部分がフィルムになっていて、はがそうと思えばすぐにはがせてしまいます。この部分は絶対にはがさないように注意して下さい!(ただの絆創膏になってしまいますよ)

②肌が敏感なときは避ける

マイクロニードルパッチは、肌に貼りつけて使うため、肌が敏感なときは様子をみながら使用しましょう。特に、粘着力の強いものや十分にスキンケアアイテムをなじませることができないものは避けるのが無難です。敏感肌などの肌がトラブルを起こしやすい方は、少しもったいないですがパッチテストを行ってから使用すると良いでしょう。

③週1~2回程度を目安に継続して使用する

マイクロニードルパッチの効果は1回の使用で得られるものではありません。週1~2回を目安に、継続して使用することをおすすめします。中には、お得な定期コースやセット販売をしているメーカーもあるので、自分の肌にあったマイクロニードルパッチを見つけて、続けて使いましょう。

あなたにぴったりのマイクロニードルパッチが見つかりますように♡

1回で劇的な効果や変化を実感するにはいたりませんでしたが、マイクロニードルパッチは肌のスペシャルケアにもってこいのアイテム。特に、目元や口元の小じわなどのエイジングサインが気になりはじめるアラサー世代の方! 試してみて損はないはずです。

今回ご紹介した5種類全てを試してみても良し、最も気になる1つを定期購入するも良し。あなたにぴったりのマイクロニードルパッチが見つかりますように!

コメント

コメントを書く

お気に入り

2 2

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

スキンケア > スキンケアコスメ

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録