シミやシワを解消!? 攻めコスメ成分「成長因子」を知ってますか?

公開 

やなぎた

0 0

コスメ分野は日進月歩の勢いで研究開発が進んでいるわけですが、数年前から特に注目を浴びている「成長因子」について、知らない方もまだ多いかもしれません。
高級成分であるがため、なかなかドラッグストアなどの店頭では見かけない成長因子成分ですが、これを知っているかどうかでエイジングケアのレベルが大きく変わってくる事間違いなしですよ。

成長因子とは何か

成長因子は、英語でグロスファクター(Growth Factor)。日本語はこの直訳ですね。
「成長〇〇」というと、成長ホルモンを思い浮かべる方も多いと思いますが、成長ホルモンとは別物です。

成長因子と一口に言っても色々な種類があり、代表的なものは「EGF」や「FGF」「IGF」など。大体共通して「なんとかGF」という形の名称になっています。

成長因子の主な役割は、細胞の活動を促す事。
細胞にはそれぞれ成長因子と結合するための「受容体(レセプター)」という場所があって、そこに成長因子がくっつくと、細胞が色々な活動を行います。

細胞の活動例1:新しい肌細胞を作る(EGF)

具体的にどんな働きがおこるかというと、一つ目の例がEGFという成長因子が、表皮細胞の向上である「基底層」部分の細胞にくっついて発生するもの。

私たちの肌は「基底層」という部分の細胞によって作られ、部位にもよりますが大体1か月程度の期間でターンオーバーをしているというのはご存知かと思いますが、このターンオーバーを引き起こすのが、EGFという成長因子なのです。

基底層の細胞は常に新しい細胞を作り続けているわけではなく、EGFを受け取る事で細胞を作り始め、肌細胞の入れ替えを行っています。
つまり、体内で作られるEGFが少なくなるほど肌のターンオーバーは遅くなり、健康的な肌から遠ざかっていく事となります。

細胞の活動例2:コラーゲンを作る(FGF)

FGFは、日本語で線維芽細胞成長因子と呼ばれるもの。
線維芽細胞といえば、美容でなじみ深い所でいえば真皮の中にある「コラーゲン」のような弾力繊維組織を作る細胞ですね。

FGFが線維芽細胞にあるFGF受容体にくっつくと、細胞はコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸など真皮の弾力を保つ成分が作られていきます。逆に言えば、FGFが無いとこうした弾力性分が作られなくなっていくため、シワやたるみといったエイジングサインが発生してきます。

細胞の活動例3:神経や血管などの細胞を作る(IGF)

成長因子の中でも幅広い働きをするものがIGFと呼ばれるもので、これは日本語でインシュリン様成長因子というもの。
インシュリンと聞くと糖尿病を思い浮かべる方も多いと思いますが、インシュリンは体の中にある様々な細胞がエネルギーを作り出すために非常に重要なホルモンで、このインシュリンにとても似た形をしている事からIGFとよびます。

インシュリンが様々な細胞に働きかけるように、IGFも色々な細胞に働きかける性質を持っていて、神経細胞や血管の細胞の新生を促すのもこのIGFの作用です。
また、美容にも健康にも重要な働きをもつ「成長ホルモン」の働きも、実は半分はこのIGFを介して行われるものですので、人体にとって非常に重要な役割をもっています。

美容面としては、IGFは細胞のダメージを回復させるなどの作用により、EGFやFGFの効果を引き上げるという働きもあるため、他のものと合わせて是非利用したい成分です。

成長因子はどこから出てくるのか

以上のように、各成長因子は美肌と大きな関わりがあるのですが、そもそも成長因子は体内のどこから作られるのでしょうか。

なんとなく、成長ホルモンと同じように「脳」で作られて体の各部位に送られていると思っている方も多いかと思いますが、実は成長因子は脳ではなく、体の様々な部分で作られています。

例えば、筋肉。
筋肉というと、単純に体を動かすためのパーツと思いがちですが、実は最近の研究で筋肉は体の成長を促す様々な物質を作る工場としての働きがある事も分かっています。その作られるものの1つが成長因子です。
そのため、筋肉が衰えると成長因子などの分泌も減少し、体の老化が早まる一方、トレーニングなどで筋肉量を維持していると、体が若々しく保たれやすくなります。
この働きは特に太ももの大腿四頭筋あたりが強いと言われています。

それ以外でも、実は新しい細胞が作られる時、様々な成長因子も一緒に作られる事が分かっています。
どういう事かというと、例えば私たちの体についている脂肪は、脂肪細胞の元となる「幹細胞」が分裂する事で作られるのですが、この細胞分裂の際に、新しい細胞と一緒に様々な成長因子も作られるのです。
何故このような事がおこるかというと、新しくできた細胞が、周囲の血管などと結合して生き残る事ができるように、新しい細胞を作ると同時に周囲の細胞の成長を促す必要があるために引き起こされていると推測されます。
ちなみに、この性質を利用して作られているものが、昨今よく話題になる「幹細胞コスメ」です。

細胞分裂は人間の体の中ではいたるところで行われていますので、つまり成長因子は体中のいたるところで作られている事になります。
しかし、紫外線などのダメージやストレスなどによって細胞がダメージを受けると、その細胞は細胞分裂ができなくなって死滅していってしまいますよね。
こうした事が原因で、私たちの体内で作られる成長因子の量は、加齢とともに徐々に減少していきます。
これが肌などにエイジングサインがあらわれる大きな原因の1つです。

体質や生活環境による差は大きいのですが、例えばEGFやFGFの体内合成量は30代を迎えるあたりから急激に減少していき、これがいわゆる「お肌の曲がり角」の原因となっています。

成長因子をコスメで補えばエイジングトラブルは解消できる?

この疑問を解消してくれる1つの研究報告が、アメリカのコーエン博士らによって行われた実験です。

実験では30~60代の12名に対し、EGFが0.1ppm(=0.00001%)配合されたクリームと、EGFが含まれないクリームで肌細胞の増加度合いを計測したところ、60日間で平均で約280%、EGFが含まれるクリームを塗った場所の方が肌細胞増加が多かったとなっています。

EGFが細胞に働きかけるためには、表皮の最下層である基底層の細胞にくっつく必要があり、通常であれば肌のバリア機能に阻まれ、効果を発揮する事が難しいと考えられるのですが、この研究結果をみる限りではEGFは肌表面に塗布してもしっかりと効果を発揮するという事がいえそうです。

FGFを塗ったらコラーゲン量が1.45倍に。EGFと組み合わせたら更に…!

コーエン博士の研究報告では、EGFによる肌細胞増加以外に、FGFによる真皮内のコラーゲン増殖についての内容もあります。

この研究でも、EGFの研究と同様30~60代の12名を対象とし、FGFが0.1ppmのクリームと、EGFが0.1ppmのクリーム、そしてEGFとFGFがそれぞれ0.1ppm入ったクリームと、FGFもEGFも入っていないクリームの4種類を塗って、60日間の経過を調査しています。

結果として、FGFが配合されたクリームを塗った箇所では真皮内のコラーゲン量を図る指標の1つである「ヒドロキシプロリン」が、EGFもFGFも含まれないクリームを塗った箇所と比べて1.45倍に増加したという事で、FGFを利用する事で真皮内のコラーゲン量を増やせる事が示唆されています。

更に、FGFとEGFの両方が配合されたクリームではヒドロキシプロリンの量が平均1.88倍になったという結果もあり、FGFは単体ではなく、EGFと組み合わせる事でより高い効果が発揮できる可能性が高いという事も示されています。
(ちなみにEGF単体のクリームでは1.1倍程度とほぼ変化が無く、FGFの存在が重要と読み取れる)


EGFやFGFといった成長因子をコスメとして利用しても、表皮のバリア機能によって浸透が妨げられるため、効果は期待できないという意見もありますが、以上のような研究報告を見る限りでは、表面に塗る事でもEGFやFGFの作用はそれなりに発揮される事が分かっており、成長因子が配合されたコスメによるエイジングケアの効果が期待できるものといえそうです。

肌に直接働きかけるEGFやFGFの危険性は?

ここまでEGFやFGFといった成長因子の良い面をご紹介しましたが、一方で肌に直接働きかけるような成分って、なんだか怖いという印象を持つ方も多いのではないでしょうか。

実は、成長因子の中でも特にEGFなどは、その作用が「医療分野」に該当するものとされ、コスメに配合する事を禁止する動きがちょっと前にありました。
この動きは日本EGF協会など各方面の働きもあって、現在の所はEGFのコスメ配合を特に規制するような形にはなっていませんが、それだけ強い作用が想定される成分でもあるわけです。

結論から言ってしまえば、EGFやFGFの「悪影響」については、今のところ絶対に問題ないとは言えません。
美容医療分野では、FGF注射がちょっと前から流行ったものの、FGFによって強制的に線維芽細胞の働きなどを促進する事は、細胞の疲弊に繋がって長期的にみれば肌老化を早めるといった意見も出ているなど、賛否両論がある状態です。
結局のところ、成長因子を美容分野で活用しはじめてからまだ日が浅く、長期的に使い続けた場合に悪影響がでるのか、出ないのかは、正直なところまだ誰にも分らないのです。

そんな「危険かもしれない」という可能性があるものを使って大丈夫なのかという意見ももちろんありますが、それを言い出したら、今殆どの女性が受けている「永久脱毛」や、視力回復の「レーシック手術」など、長期的にみれば危険かもしれないものというのは数多く存在している世の中。
結局の所、ある程度の将来的リスクがある事を認識した上で、今現在の悩み解消を優先するかどうか、自分で判断するしか無いといえるのではないでしょうか。

シワなどのエイジングトラブル解消にとても大きな期待がもてる成長因子。
今後、EGFやFGFといった成長因子が医薬品扱いとなりコスメへの配合ができなくなる事などもあるかもしれませんが、現在ではまだコスメとして気軽に手に入れる事も可能ですので、興味がある方は試してみてはいかがでしょうか。

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

ライター紹介

やなぎた

 

やなぎたさんが書いたほかの美容情報・ノウハウ

【漫画で読む美容情報】幹細胞コスメって何?

【漫画で読む美容情報】幹細胞コスメって何?

幹細胞コスメという言葉を聞いたことが無い人も、ちょっと知っているという人も、幹細胞コスメが何者なのか、どういう効果があるのかなどこれを読めばわかります! [»続きを読む]

コスメ開発担当が選ぶ、おすすめの幹細胞美容液7選

コスメ開発担当が選ぶ、おすすめの幹細胞美容液7選

エイジングケアや肌荒れ解消に高い効果を発揮する事で、今注目を浴びている「幹細胞コスメ」。 でも、まだ商品の数が少ない事や高級なアイテムが多いこともあって、商品選びで迷ってまだ使った事がない人も多いですよね。 今回は、そんな幹細胞コスメの選び方や、販売されている商品の中からおす [»続きを読む]

多すぎて選べない! 人気の美容成分「4つの分類」で簡単に見分けられる!

多すぎて選べない! 人気の美容成分「4つの分類」で簡単に見分けられる!

日本で1年間にいくつの化粧品が発売開始されているのかわかりませんが、世の中それはもう無数のコスメで溢れていて、何が何にいいのか全然わからないですよね。 パッケージに「美容成分〇〇を配合!」なんてデカデカと書かれたって、そもそも「何それ?」と思いつつ、わざわざ表示しているくらいな [»続きを読む]

「洗顔料」や「シャンプー」なんていらない? 自然界にならう美容習慣

「洗顔料」や「シャンプー」なんていらない? 自然界にならう美容習慣

一時期、というより今も継続して、シャンプーや洗顔料は本当は不要であるとする考え方が根強く存在しているように、入浴やシャンプーといった行為が、実は肌や頭皮にダメージを与えているという印象を持つ方も多いのではないでしょうか。 実際、自然界にいる動物は人工的に作られたシャンプーなど使 [»続きを読む]

買ってはいけないネット通販コスメの特徴をまとめました

買ってはいけないネット通販コスメの特徴をまとめました

コスメが購入できる場所は色々ありますが、ネット通販で購入する方も増えているのではないでしょうか? 通販は商品を実際に試してみることができない反面、店頭ではなかなか売っていないような高機能アイテムがあったり、価格が非常にお手頃の商品が多かったりと魅力的な部分も大きいですよね。 [»続きを読む]

スキンケアコスメの新着記事

2020年上半期  個人的ベストコスメ発表!【フェイシャル編】

2020年上半期 個人的ベストコスメ発表!【フェイシャル編】

2020年も、もう折り返し地点。 今年初めて使ったコスメは沢山あります。 いいものもあれば、合わないものもあり、で・・・本当に使ってみないとわからないですよね。 各雑誌でも上半期ベストコスメを特集していますが、この記事では美容ライターの筆者の個人的なベストコスメを発表し [»続きを読む]

鈴木のぞ美

2020年上半期  個人的ベストコスメ発表 【ヘア・ボディー編】

2020年上半期 個人的ベストコスメ発表 【ヘア・ボディー編】

梅雨がなかなか明けなかったですね。先日の豪雨の被害に遭われた方もいるかもしれません。心よりお見舞い申し上げます。 さて、2020年上半期個人的ベストコスメ【ヘアケア&ボディーケア編】です。 良ければ是非、参考にしてみてくださいね! [»続きを読む]

鈴木のぞ美

【2020年夏】毎日使える!コスパ最強プチプラフェイスマスク5選

【2020年夏】毎日使える!コスパ最強プチプラフェイスマスク5選

毎日パックをする人にとっては、機能性に加えてコスパも重要です。そこで今回は、夏の肌におすすめのプチプラマスクをご紹介します。自宅でのスペシャルケアに余念がない方は、必見です! [»続きを読む]

alice

ボディに桜を咲かせましょ。POLAのサクラガーデンボディーパウダーのご紹介です!

ボディに桜を咲かせましょ。POLAのサクラガーデンボディーパウダーのご紹介です!

じめじめした天気が続いてますね。この梅雨を抜けると、本格的な真夏に入ります。 真夏は紫外線だけでなく、汗かきさんにはしんどい季節。 ロールオンタイプやスプレータイプの制汗剤や、汗を拭くためのボディーシートを鞄に入れる人も多いのでは? 基本的にリモートワークの筆者は、 [»続きを読む]

鈴木のぞ美

【漫画で読む美容情報】幹細胞コスメって何?

【漫画で読む美容情報】幹細胞コスメって何?

幹細胞コスメという言葉を聞いたことが無い人も、ちょっと知っているという人も、幹細胞コスメが何者なのか、どういう効果があるのかなどこれを読めばわかります! [»続きを読む]

やなぎた

関連キーワード

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録