おブスな使い方してない?美肌になれないコットンパフの使い方

公開 

EXPERT jobikai編集長

しゅん (35歳)

0 0

スキンケアによく使われるコットンパフですが、使い方によっては美肌を作るチャンスを逃している人が多いんです。ですから今一度ここでコットンパフの上手な使い方を知って、ご自分のもつ美肌ポテンシャルを引き出していきましょう。

コットンパフとはどのように使うもの?

コットンパフ(以下コットンと表記)はご存知、綿花の繊維をつなぎ合わせでふわふわの不織布にし、小さくカットしたあれです。液体や粉などの細かなものを吸い取ったり搦めとるという性質があり、それを利用してスキンケアやメイクに使用します。
使用の仕方としては主に下記のような3つの用途があります。

①拭き取り

一番オーソドックスな使い方が、拭き取りです。拭き取り用化粧水をコットンに染み込ませて肌表面の汚れを拭き取ったり、除光液を染み込ませてネイルを拭き取ったり、アイメイクなどの部分メイクの拭き取りなどにも使用しますね。

②液体を染み込ませる・パックする

コットンは吸水性に優れていることから、流れてしまいやすい液体を染み込ませておくことができます。その性質を利用して、コットンにたっぷりと化粧水などを染み込ませてコットンパックをしたり、流れやすい液体が漏れ出ないように端にコットンを詰めて流れ止めに利用したりします。

③液体の吸い取り

②に通じる使い方ですが、余分な液をコットンで吸いとることもできます。また、液体だけでなく、ふわふわの繊維を利用して、粉体なども絡めとります。コットンをほぐして丸めるとふわふわの毛先で細かな粉や液体を優しく吸いとることができるので、チークブラシのように使ったり、怪我の処置で傷口を拭いたりもできます。

こんな使い方は美肌になれない

上記のように、コットンは液体や粉をよく吸い取り、細かな繊維が搦めとるという性質から、スキンケアやメイクにはとても便利なツールの一つです。

その一方で、繊維が肌への刺激になったり、強く擦って肌を傷めてしまう原因を作ってしまったりと、使い方によってはマイナスになってしまう面も。これが繰り返されると、乾燥しやすくシワ、シミ、たるみなどができやすい肌になっていってしまいます。

あなたも、こんなコットンを使ったNGケア、していませんか??

化粧水・乳液を肌に塗るときに使う

毎日のスキンケアで、化粧水や乳液をコットンを使って肌に塗っている、という方、多いですが、これはあまりオススメしません。
なぜなら、コットンの繊維と塗る時の摩擦が肌に刺激となって、肌表面に細かなダメージを与えてしまうからです。

「でも、美容部員さんにコットンを使ってと言われたんだけど・・・。」

こんな声も聞こえてきそうですね。

コスメブランドの美容部員がコットンを客に勧める理由として考えられるのは以下の三つ。
・コットンだと液体をこぼさず使えるので、丁寧に細かくケアできるから
・コットンにたっぷり染み込ませて使えば、コスメの減りが早いから(購入サイクルが早くなる)
・コットンが売れるから
つまり、コットンを使った方が商売上利益になりますし、不器用な人でも簡単に使えるのでクレームになりにくいから、と考えられます。
贅沢に化粧水などを使えるのであればケア効果を高める有力なグッズになりますが、しみ込ませる分量を少しでもケチればスキンケア成分が肌全体にいきわたらなくなってしまうので、コットンを使いつつコスメを節約して使うというのは困難となります。

肌への刺激や摩擦は美肌の大敵です。お肌を綺麗にするためにやっているスキンケアで、逆に肌を傷めてしまっては本末転倒ですよね。

メイク落としに使う

コットンにメイク落としを含ませて顔全体のメイクをふき取るようなメイク落とし剤がありますよね。また、あらかじめ液が含ませてあるシートでふき取るものもあります。

確かに、コットンでメイクがスッキリ落ちるのは便利なので使いたくなる気持ちはわかります。ですが、これは美肌のためにはNG! コットンで顔をこする行為が肌を痛めてしまうだけでなく、拭き取りタイプのメイク落としには刺激の強い界面活性剤がたっぷり含まれており、ダブルで肌を刺激することになってしまいます。

拭き取りタイプのメイク落としを使うのは、例えば洗顔できない環境(キャンプなど)などには役立ちますが、普段使いするのはやめましょう。

目元などのメイクを落とす場合には、コットンは使ってもいいですが、擦り付けないように優しく落としましょう。ライターの船山葵さんの記事が参考になるのでご覧にください。

正しいマスカラの落とし方

コットンに化粧水をちまちま使う

化粧水などの液体がこぼれないようにコットンを使っている人は多いと思います。
ただその場合注意して欲しいのが化粧水の量です。

こぼしたくないとか、化粧水が勿体無いとかの理由で、コットンに少ししか出さずに使うと、お肌にはほとんど化粧水はつきませんし、それはただ肌を擦ってるだけです。

化粧水をコットンで肌につける場合は、コットンがひたひたに濡れるほど含ませた上で、肌に優しく当ててつけましょう。

化粧水のちまちま使いはブスの元です。

コットンを使わない場合のスキンケア方法

ここまで読んだ方は、「そんなにコットン使っちゃダメって言うなら、もうコットン使いようがないじゃない」と思うかもしれません。その通り! ほとんど正解です。

化粧水や乳液を肌に塗るのに、コットンは不要です。手に出して、そっと肌に優しく塗る。これでいいのです。手で塗ったほうが細かいところまで満遍なくぬれますし、肌の調子を自分の手で直接触れて確かめることができてちょっとした変化にも気が付きやすくなります。また、手の温もりで適温になり、肌への馴染みが良かったり、適度な弾力で肌を傷めることなくスキンケアできます。

コットンの適切な使い方

ただし、こういう使い方ならコットンでもOKというのもあります。

化粧品をたっぷり含ませて使う

一つは、たっぷり液を含ませたコットンを使って、優しくパッティングしたり、お肌に貼り付けてコットンパックする場合です。優しく当てて使えば繊維によって肌が傷む心配がないので問題ありません。

コットンパックは全体を満遍なく濡らして使いましょう。コットンの濡れている箇所と濡れていない箇所があると、肌の潤いにもムラができてしまい綺麗に仕上がりません。端までたっぷり浸しましょう。

こすらず優しく当てる

また、週に1〜2回程度拭き取り化粧水を使う場合もOKです。多少は肌への負担にはなっていますが、そもそも拭き取りケア自体がそういう行為ですのでこの時ばかりは仕方ありません。ただし、できる限り肌負担を減らすためにも、使う液をケチらずにコットンにたっぷり含ませて優しく肌に滑らすように使用しましょう。くれぐれもゴシゴシとこすらないように。

コットンを適切に使ってより美肌に近づこう

コットンを使っているのに肌が綺麗な人がいる! そう思う方もいると思います。でもそう言う人は、コットンの使い方が上手だったり、それ以外のケアで補えている可能性大ですので、それだけを見て判断してしまうのは拙速です。

美肌の3大NG行為①乾燥②刺激③不摂生。このうち1つでもあると美肌は遠のいてしまいます。逆に言えば、マイナス要因が一つでも減ればきっとお肌への嬉しい変化が実感できるはずです。
美肌になりたい、または維持したいと言う人は是非、コットンの使い方だけでもぜひ2週間でいいので試してみてください。

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

しゅんさんが書いたほかの美容情報・ノウハウ

保湿力も洗浄力も! 乾燥肌でも全身使える石鹸「プレミアムべビーソープ」

保湿力も洗浄力も! 乾燥肌でも全身使える石鹸「プレミアムべビーソープ」

低刺激なものは落とす力が弱いし、かといって洗浄力が強いものだと肌が乾燥しやすいなどの傾向が強い石鹸。洗顔した後に肌が突っ張る感じがしたり、なんだか汚れが落ちきれていなかったり、その時はいいけれど使い続けているとどうも肌のキメが荒くなるなど、石鹸選びって結構難しいですよね。 [»続きを読む]

テカリ知らずのツヤ肌キープ。崩れにくいプリマからつるん肌ファンデ誕生!

テカリ知らずのツヤ肌キープ。崩れにくいプリマからつるん肌ファンデ誕生!

プリマヴィスタを代表する「皮脂くずれ防止 化粧下地」と共通の処方を採用したファンデーションが誕生! 2月29日の発売に向け、一足先に試してみました。崩れにくいだけでなく、テカリを防ぎ、美しいツヤ肌を作るというプリマヴィスタならではの魅力あふれるアイテムです。 [»続きを読む]

頑張っているのに綺麗になれない人と、どんどん綺麗になっていく人の違いって?

頑張っているのに綺麗になれない人と、どんどん綺麗になっていく人の違いって?

家族に「えらそう」と言われている、しゅんです。今回もえらそうなことを書いております。綺麗な人と頑張ってるのに綺麗になれない人の違い、というテーマで、「お前はどうなんだ!」と心の声が画面を通して聞こえて来そうですが、そういう自分に不都合なことは無視して、ザクザク切り込んでいきたいと [»続きを読む]

スムージー作るなら「真空ミキサー」が最強!?他社ジューサーと比較検証したらまさかの結果に・・・

スムージー作るなら「真空ミキサー」が最強!?他社ジューサーと比較検証したらまさかの結果に・・・

スムージー生活を始めたいと考える人にとって、どのミキサーを選ぶかは大きなポイントではないでしょうか。なにせ、毎日のように使うものですから、使いやすさや美味しさなど、過不足ないものを選びたいですよね。 そこで注目したのが「真空ミキサー」。あまり耳慣れない名前ですが、どうやら真 [»続きを読む]

急な「困った」に役立つ、”レスキューコスメ”6つ

急な「困った」に役立つ、”レスキューコスメ”6つ

普段はなかなか出番がないけれど、いざという時に強い味方になってくれる「レスキューコスメ」。こんなのがあるんだ! と知っておくだけでも損はありません。 [»続きを読む]

スキンケアアイテムの新着記事

お風呂上がりに慌てない! うるうるボディソープのご紹介です。

お風呂上がりに慌てない! うるうるボディソープのご紹介です。

寒くなりましたね~。お風呂もシャワーで済ませる日が激減しました。 寒さとセットなのが乾燥。顔に限らず、慌てて保湿しないと、すぐにパシパシになりませんか? でもゆっくりお風呂に浸かったのに、上がったら光の速さで保湿するのも何だか味気ない感じですよね。 今回はお風呂上がりに [»続きを読む]

鈴木のぞ美

【PLOSION 2名にプレゼント】進化を続ける炭酸美容でうるつや美肌になりませんか?

【PLOSION 2名にプレゼント】進化を続ける炭酸美容でうるつや美肌になりませんか?

シュワシュワシュワ・・・「ぷはーっ!やっぱり夏は炭酸よね!」、の炭酸です。 かなり前から炭酸が美容に取り入れられているのはご存知の人も多いかと思います。 筆者は以前、炭酸パックを愛用していました。ですが、パウダーとジェルや2つのジェルを混ぜ合わせたりする製品が多く、だ [»続きを読む]

鈴木のぞ美

そろそろ手活! 老け手も一瞬で若返る!?『オーラ ザ ハンド』の実力

そろそろ手活! 老け手も一瞬で若返る!?『オーラ ザ ハンド』の実力

自分の手を見て、若々しくないと感じたことはありませんか? 手は年齢が出やすいパーツなので、ハンドケアをサボっていると、実年齢より10歳以上老けて見られることも。 今回は、手が老けて見える原因を説明するとともに、老け手対策に欠かせない『オーラ ザ ハンド』をご紹介! [»続きを読む]

alice

カバンにすっぽりin◎外出に欠かせない美容グッズ

カバンにすっぽりin◎外出に欠かせない美容グッズ

打ち合わせや遊びに行く時は、必ず美容グッズを持ち歩いています。とはいうものの、どんなアイテムがいいの?と思う方もいるかもしれませんね。 もちろん、持ち運ぶアイテムはその人によって異なると思います。 そこで今回は、私的持ち運びに便利な美容グッズをご紹介します。 [»続きを読む]

美容家

船山葵

カサカサの乾燥肌もしっとり潤う!市販のボディソープランキング5選

カサカサの乾燥肌もしっとり潤う!市販のボディソープランキング5選

冬になると、カサカサ辛い肌の乾燥。粉をふくこともあれば、酷くなると、痒みや痛みが生じることも。冬の肌は乾燥しやすいので、しっかり保湿して肌に潤いを与えなければなりません。特にこの時期は、お風呂上がりに乾燥を感じる方も多いのではないでしょうか? 今回は、肌の乾燥を防いでくれる乾燥 [»続きを読む]

alice

関連キーワード

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録