不自然にならず、かわいい目元にできる カラコンの選び方

公開 

お悩み解消 メイク&ケア

0 0

一瞬で可愛く印象チェンジできるアイテムといえば、カラコン。カラコンを付ければ瞳の色も黒目の大きさも変えられるので、手軽にかわいい目元と強い目力を作れます。でも合わないカラコンはとっても不自然な見た目になり、なんだか人工的で怖い印象になってしまいますよね。不自然にならずに可愛い目元を作るために、自分にあったカラコンの選び方をご紹介していきます。

着色直径が大きすぎるものは注意

カラコンの箱を見ると必ず「DIA 14.2mm」というような表記がされています。DIAとはカラコンの直径のことで、この場合は直径14.2mmですよという意味。直径が大きければ大きいほど目が大きく見えますが、逆に目が不自然に見えやすいということでもあるので注意。

またDIAと同時に確認しておきたいのが「着色直径」です。着色されている範囲だけを見た直径ですね。DIAが同じでも着色直径の大きさが異なることもあります。

裸眼より少しだけ目を大きく見せたい自然派の方は着色直径が13.2mm以下のものを、目をぱっちりさせたい方は13.5mm程度のものがおすすめ。これ以上大きくなると「カラコンを付けている感」が増すので注意しましょう。

ベースカーブをきちんと見る

カラコンを買うときにベースカーブ(BC)を気にしている方が意外と少ないんです。ベースカーブとはカラコンのカーブの度合いのことを指しています。人によって目のカーブが違うので、本来はベースカーブもきちんと自分に合うものを選ぶべきなんですよね。

ベースカーブが合わないカラコンをつけるとカラコンがずれやすくなります。あなたも見たことがないでしょうか。カラコンがずれてオバケのような見た目になっている方を…。ずれやすいカラコンはめちゃくちゃ不自然なので、ベースカーブは必ず自分に合うものを選びましょう。ちなみにベースカーブは眼科でしか測定できないので、自分のベースカーブがわからない方は検診のときに計ってもらってください。

フチなしカラコンを選ぶ

カラコンにはフチなしのものとフチありのものとがあります。フチありはカラコンの周りにぐるっとラインが入っているものです。フチなしはラインがありません。自然にカラコンを付けたい方はフチなしのものがおすすめ。カラコンを装着しても白目とカラコンとの境目がくっきりと分かれていないので、とても自然な仕上がりになります。

フチありだと白目とカラコンの境目がくっきりわかるのでデカめ効果は増すものの、カラコンの不自然さがどうしても出やすいです。

カラコンによって印象はどう変わる? 動画で確認してみよう!

カラコンの種類は年々増えています。最近ではかなり広いスペースを使ってカラコンを陳列しているお店も珍しくありません。どのカラコンをつけたらどんな仕上がりになるの?と思うこともありますよね。実際にカラコンを比較している動画で確認してみましょう。

おすすめナチュラルカラコン4選紹介?

自然でナチュラルに仕上がりやすいカラコンを実際につけて紹介しています。それぞれのカラコンの直径やベースカーブ、値段も説明してくれているのでここでお気に入りのカラコンを見つけてみてください。

ナチュラルカラコン8種比較!【ワンデー着画】

ナチュラルなカラコン8種類をつけ比べて仕上がりを比較している動画です。ナチュラル系でも直径によって仕上がりが全然違いますね。着色直径は絶対に確認しましょう。

【カラコンランキング】ナチュラルに盛れる?アカリンお気に入りカラコン紹介

カラコンは色によっても見た目の印象が変わりますよね。自然に仕上げたい方はブラウン系のカラコンがおすすめ。またなりたい印象によって色を変えるのもいいですね。

まとめ

カラコンで目ヂカラをアップしたいけど、不自然にはなりたいくない。そんな方はカラコンの着色直径やベースカーブに注目してみましょう。着色直径が大きいとそれだけ黒目も大きく見えるので、大きすぎないものを選ぶことが大切です。ベースカーブが合わないカラコンはずれ落ちやすくなるので、ここも必ず確認しておきたいところ。より自然なかわいい目元を作りたいならフチなしのものを選べばナチュラルに仕上がりますよ。

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録