アイプチ・アイテープは負担になりやすい...まぶたが荒れにくい二重メイクとは

公開 

YATA

0 0

お手軽に二重を作れるアイプチやアイテープ。でも毎日使っているとまぶたが荒れてしまうことがありますよね。まぶたが荒れてしまうと治るまではメイクもできません。どうにかしてまぶたの荒れを防げないものでしょうか。ここでは二重メイクをよくする方に向けて、まぶたが荒れにくいメイクの方法をご紹介していきます。

なぜ二重メイクはまぶたが荒れる?

アイプチを含め、二重を作るメイクはまぶたが荒れてしまうことが多いです。その理由は2つあります。

化粧品の成分が刺激になる

二重を作る化粧品には、まぶたをくっつける接着成分が配合されています。肌と肌とをくっつける成分の中にはゴム系のものあるため、ゴムアレルギーの方は合わないことが多いです。またゴム系以外の成分でも肌へ刺激となってヒリつきや赤みを起こしてしまうことがあります。

まぶたは皮膚ダメージを受ける

そもそもまぶたは、他の部分と比べて皮膚がとても薄い部分です。薄いということはそれだけ刺激を受けやすいということ。だから毎日のように二重メイクをしていると肌荒れを起こしやすくなります。

まぶたが荒れにくい二重メイク道具の選び方

二重を作るメイク道具にはとても多くの種類がありますね。ただ安いからという理由で選んでいると、まぶたの荒れを引き起こしてしまうので注意。

安すぎるものは避ける

高いからよいというわけではないのですが、安すぎるものはできるだけ避けましょう。安価なものだと接着力が弱くて何度も付け直すはめになったり、質の悪い成分によって肌荒れを引き起こしたりしてしまうことがあります。

メイク前にまぶたの油分を取っておく

まぶたは意外と油分がたまりやすい場所です。油分が残ったままメイクをすると二重メイクがなかなかくっつきません。あぶらとり紙で軽く抑えて油分は取り除いておきましょう。

接着力は強い方がいい

接着力が強ければ何度も塗り直したり、二重を作り直したりする手間がかかりません。何度も何度も塗り直していると必要以上に液をまぶたに塗ってしまいますし、まぶたへの負担も増えます。自分の肌と相性がよく、少量でしっかり二重を作れるものがおすすめです。

成分で選ぶ

二重メイクに使われている成分は大きく以下の3つにわけられます。

・ゴム系のもの
・アクリル系のもの
・コポリマー系のもの

このうちゴム系とアクリル系は肌を刺激しやすく荒れを起こしてしまう可能性が高いものです。できるだけ肌に優しいものを選びたいなら、パッケージの裏にコポリマー系と記載されているものを選びましょう。

夜用のアイプチを使う

最近では夜寝る前に使うことを想定して作られた夜用アイプチなるものも販売されています。寝る前に使えるということで肌への刺激が少なく作られていることが特徴です。またまぶたをケアする美容成分も配合されているものがあります。夜用アイプチを使って二重を定着しやすくするもより、刺激の少ない夜用アイプチを日中に使うもよしです。

落とすときにこすらない

二重メイクを落とすとき、まぶたにくっついているメイクを力いっぱいこすって落としていませんか?こすることで肌へ大きな負担をかけてしまいます。ホットタオルで軽くふきとったり、クレンジングで優しく丁寧に取り除いたりすることでまぶたへの負担を軽減させましょう。

おすすめの二重メイク動画&商品を紹介

ではどの二重メイクがおすすめなのか、動画で確認していきましょう!

【アイプチ初心者必見】使用歴6年の私が本気でオススメするアイプチ3選を紹介したよ!

アイプチを6年使い続けたからこそわかる、おすすめのアイプチを紹介しています。商品ごとによいところ悪いところを紹介しているので、自分が求める使い心地のアイプチ探しにおすすめです。

寝てる間に二重矯正?!?ナイトアイボーテ使ってみた?

こちらの動画では夜用アイプチのご紹介をしています。夜用アイプチの使い方から仕上がりまでチェックできますよ。

メジカライナー ナイト&ハード

寝ている間もしっかり二重をキープしたい方におすすめ。接着力は強いのにお湯で簡単にオフできます。

コージー クリアアイトーク

リーズナブルで使いやすいと人気のアイトークは、まぶたの炎症を予防するグリチルリチン酸が配合されています。クリアアイトークはゴム系成分が不使用です。

キコラボメイク うるプチ ふたえ

ゴム系成分不使用で、まぶたをくっつけず折りたたむことで二重にするメイク道具です。

まとめ

二重メイクをするとどうしてもまぶたに負担をかけてしまいます。肌に合わない成分を避ける、使う量が少量で済むようによくくっつくものを選ぶ、落とすときにこすらないなどを心がけることで荒れを予防することが可能です。まぶたは皮膚が薄い部分なので、刺激を与えないように工夫しながら二重メイクをしましょう。

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録