綿棒を使った毛穴ケアは効果的? より安全に取り入れるための注意点

公開 

うさみ

0 0

だいたいどの家でも常備している綿棒。傷の手当から消毒、メイクなど色々な使い方が出来る綿棒ですが、気になる毛穴のケアにも便利!
綿棒を使った毛穴ケアの効果やメリット、注意点などをご紹介します。

綿棒をスキンケアで利用するメリット

そもそも、なぜ綿棒を利用すると良いのか、綿棒自体のメリットとしては、清潔である事、適度な柔らかさがある事、細かい部分に扱いやすい事という3つの点が主に上げられます。

綿棒は清潔に扱いやすい

綿棒は棒の両端または片側にコットンなどの玉がついた道具ですが、基本的に使い捨てであるため、毎回清潔な状態で使いやすいという事が一つ目のメリット。
綿棒を使わず、指などでケアをするとどうしても雑菌が付着してしまったり、汚れがついてしまったりするので、スキンケアには清潔に扱える綿棒が有効なのです。

ただし、当たり前ではありますが埃まみれの場所に保管していたり、同じ綿棒を繰り返しつかったりしてしまっては不衛生になりますので、保管方法や再利用しない点は守りましょう。

適度な柔らかさがある

綿棒はコットンの部分を使ってケアを行うため、肌にあてた時に適度な柔らかさがあり、肌を傷つけません。
また、持ち手の部分も弾力がある棒になっているため、スキンケアの際にはほどよくしなってケアの際の負担を軽減してくれます。

細かい部分のケアが出来る

今回紹介する綿棒を使ったケアでは、例えば小鼻のくぼみ部分などのケア方法がありますが、こういった肌にできる溝など細かい部分は、指や大きなコットンでは中々しっかりとケアする事ができません。
綿棒であれば細かい部分のケアがしやすく、先を潰すなど少し工夫をすれば肌の淵や溝などギリギリの部分までしっかりケアが出来ます。

綿棒を使ったニキビの芯出し

綿棒を使ったスキンケア方法の一つ目が、ニキビの芯出し。
ニキビは出来始めの白ニキビや黒ニキビの時に、つまった角栓を除去してしまう「芯出し」を行う事で炎症も引き起こさずすぐに解消する事が可能ですが、芯出しには通常、コメドプッシャーという道具が必要になります。
コメドプッシャーはにきび(毛穴)の周囲を押し出しやすい形状になっているステンレスなどで出来た道具で、爪でつぶしたりすると跡が残ったり、雑菌が入ったりしてしまいやすい所を、清潔で負担も少なく対応する事ができるようにするものです。

しかし、専用のコメドプッシャーを持っていない人も多いかと思いますので、そんな時に利用できるのが綿棒。
綿棒は清潔かつ肌に強い負担をかけにくいので、綿棒を二本用意し、ニキビを挟み込んで押し出す事で、安全かつ清潔に芯出しを行う事が可能となります。
この時に使う綿棒は、なるべく細めで硬めのものが良いでしょう。

コメドプッシャーは利用する度に毎回しっかりと除菌をする必要がありますが、綿棒であれば使い捨てなので使用後も楽というメリットがあります。

綿棒を使った毛穴ケア

毛穴に詰まった汚れや、酸化した皮脂などを除去して毛穴を清潔に保つのに、綿棒とオイルを使ったクレンジングマッサージ方法が有効です。

方法は簡単で、綿棒にたっぷりとオイルを染み込ませ、毛穴の汚れが気になる場所に軽くあててクルクルとマッサージするように動かすだけ。
オイルが毛穴の汚れを溶かしだし、毛穴をすっきりとさせる事で毛穴の開きなどを解消する事が出来ます。

綿棒による毛穴ケアにオススメのオイル

毛穴ケアの時に綿棒へ染み込ませるオイルは特にこれでなければいけないというものはありませんが、肌の保湿などの観点からベビーオイルやホホバオイル、スクワランオイルをおすすめします。

ベビーオイルは多くがミネラルオイルと酸化防止剤程度の肌への刺激が優しいオイルで、赤ちゃんでも保湿剤として使える事を目指したオイル。
肌に浸透しないため負担なく使いやすく、毛穴ケアに適しています。

ホホバオイルやスクワランオイルは、人の皮脂に構造が似ているオイルで、角質層へ浸透させて高い保湿効果が発揮される事も狙えるオイル。
毛穴の汚れを除去しつつ、肌の保湿効果も発揮できるので、スキンケアという点でオススメです。

綿棒を使ってもやり過ぎは肌への負担になるので注意

綿棒は指やコットンでケアをするよりは刺激が優しく、肌への負担がかるいというメリットがありますが、それでも押し付けたり、摩擦したりするという点では同じ。
肌に優しいケアをするためには、やりすぎない事が大切で、強く擦りつけたりしないようにする事はもちろんですが、ケアの頻度も多くて週に1回くらいにしておきましょう。

綿棒で毛穴掃除をした後は保湿をしっかり

綿棒を使って毛穴を掃除した後、肌は多少なり刺激を受けて乾燥しやすい状態になっています。
特に、オイルを使ったケアの場合は汚れと一緒に保湿成分も除去してしまっている可能性があるので、セラミドなど肌内部に保湿成分が追加できるスキンケアコスメを使って、肌の潤いを取り戻せるようにしましょう。

蒸しタオルやスチーム利用でケア効果をアップ

肌の負担をより減らすために、綿棒によるケアの前に蒸しタオルやスチームを利用して毛穴周囲を柔らかくする事も効果的。
蒸しタオルやスチームで肌に水分を含ませつつ、温めて血行促進をする事で肌がより柔軟になって毛穴が開きやすくなるので、綿棒でのケアをより短時間で行う事ができるようになります。
ケアの時間が短く、負担が軽減すればそれだけ肌のダメージも軽減できるので、是非蒸しタオルなどを利用するようにしましょう。

綿棒を使った簡単ケアで毛穴トラブルを改善!

毛穴の開きは、毛穴の汚れと乾燥によるものが原因として多いもの。
汚れや乾燥が原因なのであれば、綿棒で気になる部分の汚れを集中除去して、しっかりと保湿を行えば毛穴の開きも改善していく事が出来ますので、是非ケア方法として取り入れてみて下さいね。

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録