美しい髪を手に入れるためのシャンプーのコツ

公開 

お悩み解消 メイク&ケア

0 0

普段何となく洗っている髪の毛。正しい方法でシャンプーすればもっと輝く髪の毛になれるかもしれません。美しい髪の毛を手に入れるには、正しいシャンプーの仕方を行うことが不可欠です。髪の毛をもっと美しくしたい方、ずっと健康的な髪の毛維持したい方はぜひ知っておいてほしい、シャンプーの仕方をご説明していきます。

お湯の温度は38度前後で

温度が高すぎるお湯は、必要以上に髪の毛の油分を奪い取ってしまうので注意。美しい髪の毛に必須のキューティクルも傷めてしまいます。美容室で髪の毛を洗ってもらうとき、熱々のお湯で洗っている店はないですよね。あの美容室の温度が丁度いい温かさ。温度としては38度前後のぬるま湯が適温です。冬だとちょっと寒いかもしれません。髪の毛を洗う前にしっかり湯船につかって体を温めてから髪の毛を洗い始めるとよいでしょう。

シャンプーの前にお湯で汚れを洗い流す

シャンプーを始める前に、髪の毛全体をお湯で一旦洗い流しましょう。髪の毛のからまりがひどい方は、髪の毛を濡らす前に櫛でとかしておきましょう。指で髪の毛をとかしながら丁寧にお湯で汚れを落としていきます。このとき頭皮もしっかりお湯で流してください。意外かもしれませんが、髪の毛は一日でもけっこうな汚れがたまります。空気中のホコリだったり皮脂だったりをまずはお湯で洗い流しておかないと、この後に使うシャンプーがうまく泡立ちません。

適量のシャンプーをよく泡立てて洗う

ついついシャンプーのポンプを何回も押して出していませんか? シャンプーは多すぎても少なすぎても髪の毛によくありません。ショートの方なら1プッシュ、肩につくくらいのミディアムで2プッシュ、肩より長い方は3プッシュを目安に使いましょう。シャンプーは直接髪の毛に付けずに手のひらで軽く泡立ててから髪の毛にのせます。

多すぎるシャンプーが泡立ちをよくすることはありませんし、かえってすすぎ残しを起こしやすくなる原因になるので適量のシャンプーを泡立てて使うことを意識してください。

シャンプー前にお湯でしっかり汚れを洗い流すことで髪の毛の汚れの多くは取れています。ここで汚れを落としておくことでシャンプーの泡立ちがよくなるので、どうしても多めにシャンプーを出してしまう方はお湯で汚れを流す工程を必ず行いましょう。

流すときは念入りすぎるくらいが丁度いい

シャンプーは思っているよりもすすぎ残しが起きやすいです。髪の毛の生え際やこめかみなど、髪の毛全体をぬるま湯で念入りに洗い流しましょう。「ちょっと念入り過ぎるかな?」と思うくらい洗い流すのが丁度いいですよ。

美しい髪の毛を手に入れられる髪の毛の洗い方を動画でチェック

正しい髪の毛の洗い方を動画でも見ていきましょう。動画だと細かいポイントもわかるので、よりしっかり洗い方を学べますよ。

キレイな髪を生やす☆正しい髪の洗い方How To【可愛いの基本Beauty】

髪の洗い方から乾かし方まで紹介している動画です。頭皮の洗い方、コンディショナーの付け方などそれぞれの過程で気をつけるべきことがこれでわかりますよ。

0円で髪の毛がツルツルになるシャンプー方法

髪の毛の洗い方を変えるだけで髪の毛のツルツル具合が大きく変わります!またトリートメントをつけるときのひと手間を加えるだけでさらにツルツルに。美しい髪の毛をキープしたい方は必見です。

美容師が正しいシャンプーを教えるよ!

美容師の方が教える正しいシャンプーの方法です。美容師さんいわく、シャンプー前のお湯で汚れを落とす過程がもっとも大切だとか。お湯で汚れを取ることの大切さがわかります。

まとめ

美しい髪の毛を手に入れるためには、正しい方法でシャンプーすることが大切。シャンプー前にお湯で髪の毛の汚れを洗い流します。この予洗いをした後にシャンプーをしましょう。シャンプーは量が多すぎてもすすぎ残しが起きやすくなるだけなので、髪の毛の長さに合った適量を使うことが大切です。今日から正しいシャンプーの仕方を実践して、あなたも美しい髪の毛を手に入れましょう。

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録