薄い唇に、ぽってり厚みをもたせるメイク法と動画3選

ぷっくりした唇は女性らしさの象徴。思わず触りたくなる唇はセクシーですよね。石原さとみさんのようなぷっくり唇になりたい!と思う女性が増えています。どうすればぷっくり唇になれるのでしょうか。ここでは薄い唇がお悩みの方に向けて、簡単にぷっくり唇を作るメイク方法をご紹介していきます。

リップライナーで唇を大きく

まずは唇の形作りから始めましょう。リップライナーで唇の輪郭を描いていきます。濃い色のものではなく、薄めの色のリップライナーを使うのがおすすめ。本来の唇のラインよりも一回り大きくラインを取るのがポイントです。「これくらいの厚さにしたい」という理想のラインをリップライナーで描きましょう。

リップを塗っていく

リップライナーでラインを取ったら、中をリップで埋めていきます。唇の外側よりも中心が濃くなるように色をのせていくと、よりぷっくりした唇ができますよ。このとき、できればリップブラシを使って塗っていくと◎。唇の小さなシワにもキレイにリップを塗っていけるので、より理想の唇に近づけます。

上からグロスも忘れずに

唇を厚く見せるためには、グロスが不可欠。ツヤのある唇は膨張して見えるので、ぷっくり唇にグロスが欠かせません。先に塗ったリップと同系色のものかまたは透明のグロスを唇の中心から伸ばしていきます。全体的に塗るのではなく、中心部をメインに塗るのが大切。立体感のある唇に仕上げてぷっくら唇をゲットしましょう。

唇の山の部分に光を取り入れて

唇の山にツヤがあると、それだけで唇の立体感が大きく変わります。パール感のある色味の薄いリップライナーか、お手持ちのハイライトを使って山の部分に光をたしていきましょう。よくばってハイライトを入れすぎると「ぷっくり」ではなく「テカリ」に見えてしまうので、あくまで山の部分だけにさりげなく仕込むのがポイント。

下唇の下には影を作る

ボリューム感のある唇は、とにかく立体感が大切です。下唇の下の部分、影になっているところにシェーディングを入れていきます。下唇の影を強調することで、唇に厚みがあるように見せることができるのです。あたかも立体感があるような唇に錯覚させましょう。

口角も上げるとより魅力的な唇に

下がった口元よりも、キュッと上に向いた唇の方が健康的でセクシーですよね。ぷっくり唇を作ったら、最後に口角も上げておきましょう。方法は簡単、コンシーラーを口角に塗るだけです。口角を上げるように下唇の延長線上から上に向かってすーっとコンシーラーを入れます。口元のくすみを取り、光を取り込むことで自然と口角が上がって見えますよ。

ぷっくら唇を手に入れたい!薄い唇をメイクで解決したい方におすすめの動画

では実際のメイク方法を動画で見てみましょう。動画で見てみるとより細かいコツがわかりますので参考にしてみてください。

超簡単!薄い唇を自然にふっくらさせるメイク法!立体感でセクシー唇

こちらはオーバーリップにすることなく自然に唇をふっくらさせるメイク方法を紹介しています。色の強弱をうまく使うことでものすごく立体感のある唇に仕上げていますよ。

超自然!薄リップをふっくら唇にするメイクテクニック

リップラインを上手な入れ方がこちらの動画でわかります。唇の薄さだけでなく唇の形もリップライナーで作ることができるんですね。唇にお悩みのある方は必見。

【夜まで綺麗な唇メイク】あなたに合うリップ選んでる?乾燥しないリップテク

口角をキュッと上げる方法はぜひこちらの動画がおすすめ。塗る位置はこの動画でしっかり確認してください。その他、リップメイクをキレイに保つメイク方法もぜひ注目。

まとめ

唇はリップメイクで理想の形に作ることができます。リップラインをオーバーに取り、光や影を取り込んであげることでぷっくり立体感のある唇を作ることができますよ。リップやグロスを塗るとき、唇の中心部から周りへ広げるように意識するとさらに立体感がアップ。ぜひ今回ご紹介したメイク方法でぷっくり唇を手に入れてください。

コメント

コメントを書く

お気に入り

0 0

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

メイクアップ > リップ

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録