リップブラシの使い方ってどうやるのが正解? キレイに仕上げる方法を動画で紹介

普段のメイクでリップブラシって使っていますか? ブラシってなんとなくメイク上級者が使うイメージがあって、「どうやって使ったらいいのだろう」「これで使い方があっているのかな」とお悩みの方が多いかと思います。そんなお悩みを解決すべく、今回はリップブラシの正しい使い方をご紹介していきます。

コンシーラーを使って下準備

リップブラシを使うことで、色をきれいにのせられたり、リップの持ちをよくしたり、さらには思い通りの唇に仕上げたりといろいろなことができます。しかしそんなリップブラシも、しっかりと下準備をしてから使わないと思うような仕上がりになりません。下準備とはずばりコンシーラー。唇の輪郭にそってコンシーラーを塗ります。唇と肌との境目をはっきりさせることで、きれいなリップが作りやすくなるのです。リップの発色をキレイに出したい方は、リップ全体にもコンシーラーを塗りましょう。

リップブラシで唇の輪郭を取る

まずリップブラシで、理想とする唇の形を作っていきます。ぷっくり唇に見せたい方は実際の唇よりもややオーバーに引きましょう。リップをブラシで取ったら上唇の山の部分からラインを入れていきます。唇の山の部分を強調してくっきりラインを取ると、ボリューム感のあるセクシーな唇に仕上げられますよ。上唇の山にラインを入れたら、そのまま左右にもラインを描きましょう。そして次は下唇です。下唇も中央の部分からラインを入れ、左右に伸ばしていきます。

ラインを指でぼかす

ぼかし終わったら、次はラインの内側を埋める作業に取り掛かりましょう。ラインを取るときに使用した色と同じものを再びブラシに取り、唇の中央から色をのせていきます。ここで注意すべき点はブラシを動かす方向です。唇は横に長い形をしていますが、ブラシは横ではなく縦に動かして塗っていきます。一度、唇のしわを見てみてください。どのしわも横ではなく縦に伸びていますよね。ブラシを縦に動かしながら色をのせることで、細かいしわの隙間まで色を入れることができます。唇全体に色がのったら完成です。

動画でリップブラシの使い方を学んでみよう

実際のところ、どのように塗っているの?と気になる方は、リップブラシの使い方を説明している動画を見てみましょう。より細かい使い方がわかりますよ。

ピカ子×熊野筆リップブラシご使用方法のご紹介♪

とくに唇にボリュームを出す必要がない場合は、こちらの動画のように口角からリップラインを描いていきます。ブラシの横幅が広い方を使ってラインを描き、仕上げに細いほうで微調整をするとキレイに仕上がりますよ。

メイクアップブラシの使い方 #3リップブラシ

リップブラシにもいろいろな形のものがありますよね。形ごとにどのような唇を作るのに向いているのかを紹介しています。リップブラシの選び方に迷われている方はぜひチェック。

【リップStep1】リップブラシを使った基本の塗り方をマスター

リップブラシだとうまく塗れないとお悩みの方はこちらの動画をチェック。塗る場所に合わせて口の形を変えることでとても塗りやすくなりますよ。

まとめ

リップブラシってなんとなく使うのが難しそうに思えますが、使ってみるといつもよりキレイなリップの仕上がりにウキウキすることでしょう。使い方としてはリップラインを取る→中を埋めるの2ステップが基本です。ラインの取り方によって唇の仕上がりも変わるので、ぜひリップブラシを使って理想の唇に仕上げてみてください。

コメント

コメントを書く

お気に入り

0 0

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

メイクアップ > リップ

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録