脱毛の「出力」って何? 最適な脱毛を受けるために

公開 

りなっしー

0 0

クリニックでの永久脱毛や、エステサロンでの光脱毛をやろうと調べていると、時々出てくる「出力」や「パワー」という言葉。
何となく強い方が脱毛の効果が高そうですが、実は単純に出力が高いものを選んだ方が良いというものでもありません。

「出力」or「パワー」は脱毛の光の強さ

脱毛でいう「出力」というのは、主に機械が照射する光の強さの事を指しています。
光の強さというと何となく眩しいかどうかというイメージですが、脱毛の光の強さでは毛を温める強さなので、出力が高ければ熱く、低ければそこまで熱くないという形で想像すると良いでしょう。

脱毛の光の強さは「ジュール」であらわされる

医療脱毛でも光脱毛でも、脱毛の光の強さはよく「ジュール(J)」という単位であらわされます。
ジュールという単位については殆どの人が馴染みのないものかと思いますが、ものを温める力の程度に換算するなら、1ジュールは2.4㎎の水を0℃から100℃に温める熱量。
計算から言えば、420000ジュールの強さであれば、1リットル(1000g)の水を0℃から100℃に一瞬で引き上げて沸騰させる事が出来るという事になります。

脱毛で利用される出力は「8~40」ジュール

もちろん、脱毛でそんな強い光を照射したら大やけどになってしまいます。
脱毛で利用される光の強さについては、医療レーザー脱毛であれば8~40ジュール程度。エステサロンの光脱毛でいえば8~20ジュール程度です。
エステの方が低い理由として、やはり出力が高い光での照射はヤケドなどのリスクも高く、そもそも法的に利用する事が出来ないため、人体に対してトラブルが起こらないであろう20ジュール程度が限度となっているようです。

20ジュールというとなんだかすごく弱そうな気がしますが、毛の重量が1本1㎎にも満たない事を考えると、20ジュールの光エネルギーが毛に集中されれば100℃を超える温度に一気に上昇しますので、毛根の細胞にダメージを与える脱毛の効果はしっかりと発揮する事が出来ます。

出力が強ければ細胞へのダメージは大きくなる

以上のように、脱毛の「出力」や「パワー」は、大きければ大きい程高い熱を発生させる事となりますので、細胞へのダメージは大きくなります。
しかし、実は出力が強ければ脱毛の効果が高いかというと、そう単純なものでもありません。

光のエネルギーは全て毛に集中するわけではない

それはなぜかと言うと、まず一つ目の理由として、光のエネルギーが全て毛に集中するわけでは無いから。
脱毛は肌に埋まっている「毛根」部分の毛に対して光のエネルギーを当てる必要がありますが、実際にはその多くが肌表面などで吸収されてしまいます。

そして、毛根部分にどの程度のエネルギーが残りやすいかどうかというのは、光の種類(周波数)によって違いがあります。
光には「紫外線」や「赤外線」など色々種類があり、例えば紫外線は肌表面で吸収されやすく、赤外線の方になるにつれて細胞の奥、肌の奥の方までエネルギーが届きやすくなというような違いがあるため、丁度毛根部分に到達するような種類の光を使えば脱毛の効果は高く、それ以外の光が多ければ脱毛の効果は低くなります。

脱毛に利用されるマシンはそれぞれ使っている光の種類が異なり、例えばよく医療脱毛で使われるアレキサンドライトレーザーは肌の浅めの位置にエネルギーを蓄積しやすく、YAGレーザーであれば深めの位置にエネルギーを蓄積しやすいという違いがあります。
狙っている位置が違うので、当然効果にも違いがあり、同じ20ジュールで照射したとしても腕など毛根が浅い毛はアレキサンドライトが向いていて、男性のヒゲやVラインなど毛根が深い毛はYAGレーザーの方が向いているという形になります。

エステ脱毛はエネルギーが分散される

更に、これが医療脱毛ではなくエステ脱毛の場合は差がより大きくなります。
その理由としては、エステサロンで利用されている光脱毛は医療レーザーと違い、色々な種類の光を照射しているので、毛根に届きやすい光もあれば肌表面に吸収されやすい光もあるといった状態。
そのため、同じ20ジュールの出力とはいっても毛根部分に集中するエネルギーが少ないため、その分効果も弱くなってしまうのです。

照射範囲や速度によっても効果は異なる

もう一つ、出力がそのまま効果の高さに繋がらない理由は、脱毛機によって照射する範囲や速度が異なるという点があります。
脱毛に利用される出力の強さ「ジュール」は、1本の毛に対する光の強さではなく、一回の照射に対する強さであるため、一回の照射範囲が広ければ毛一本に対するエネルギーは割合として少なくなります。
脱毛機に表示される出力は、マシンによって1平方cm辺りのエネルギー量であったり、照射全体の出力であったりと差もあるため、それぞれのマシンでの特性を理解する事も必要となります。

また、光が照射される時間についても、ゆっくりと照射されればその分エネルギーが分散するため、レーザーの照射されかたによっても効果が変わります。

脱毛もしっかりとした知識のもとで施術を行う事が良い効果のカギ

この他にも、日焼けしている肌は毛根に対してエネルギーが伝わりにくく、逆に白い肌は弱い出力でも毛根へのアプローチがしやすいなど、肌質によっても脱毛効果は変わってきます。
こういった変化も考慮して適切な出力を設定する事が、脱毛の効果を最大限発揮するために重要なポイントとなりますので、単純に出力が高い機械だから良い、出力が低い機械を利用しているから悪いというものではなく、色々な脱毛機の特性をしっかりと理解し、最適な脱毛を行える知識を持った所で施術を行う事が、最短で満足する結果を得るために必要です。

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

ライター紹介

りなっしー

 

りなっしーさんが書いたほかの美容情報・ノウハウ

表情筋による小じわを解消「ボトックス注射」のよくある失敗

表情筋による小じわを解消「ボトックス注射」のよくある失敗

加齢によって気になり始める肌トラブルにも様々なものがありますが、その一つに小じわがありますよね。 小じわは肌の乾燥によって発生するタイプのものもあれば、表情のクセによって特定の部分にシワがはいる「表情ジワ」タイプのものもあります。 表情ジワは表情のクセによって出来るものですが [»続きを読む]

実は素足もキケン? 足の臭いを防ぐための3つのポイント

実は素足もキケン? 足の臭いを防ぐための3つのポイント

靴を脱いで開放感に浸ったと同時にニオイが気になる足。 何となく、足の臭いは冬のブーツが一番危険だと思っていると思いますが、実は素足になる夏の方が臭くなる危険もあったりと、ケア方法を間違えると悪臭の原因に。 足の臭いを防ぐための3つのポイントを紹介します。 [»続きを読む]

【汗じみ?ニオイ?】対策内容によって異なる汗脇パッドの選び方と貼り方

【汗じみ?ニオイ?】対策内容によって異なる汗脇パッドの選び方と貼り方

暑い季節になってくるとあふれ出てくる脇汗。日本は特に湿度も高いことから、汗が中々蒸発せず蒸れてしまうという特徴もあるため、脇汗の対策で悩む方は多いはず。 脇汗の対策として脇汗パッドを使う方は多いと思いますが、服の汗じみを中心に対策するか、ニオイを対策するかによって選ぶべき脇汗パ [»続きを読む]

脇のニオイも食事から? ワキ臭予防に摂りたい食事と避けたい食事

脇のニオイも食事から? ワキ臭予防に摂りたい食事と避けたい食事

汗を沢山かく季節は、体臭も気になりますよね。特に満員電車や人の多い繁華街なんかにいくと、もわっとした熱気と共にニオイも漂ってきて、自分は大丈夫だろうかと心配になる人も多いと思います。 そんな汗臭いニオイですが、普段の食事によっても臭いが強くなったり、抑えられたりするので、ニオイ [»続きを読む]

制汗剤は使い方によっては汗をかきやすくなる!? 正しい脇汗ケアの方法

制汗剤は使い方によっては汗をかきやすくなる!? 正しい脇汗ケアの方法

暑くなってくると気になる脇汗。汗が出てくる不快感だけではなく、服が湿ったりニオイが気になったりと、なるべく脇汗が出ないように抑えたくなりますよね。 脇汗を抑えるために多くの方が制汗剤を利用していると思いますが、実はこの制汗剤の使い方を間違えると、脇汗がより酷くなってしまう可能性 [»続きを読む]

ムダ毛・脱毛の新着記事

自宅でツルツル肌に!おすすめの除毛クリーム4選

自宅でツルツル肌に!おすすめの除毛クリーム4選

自宅でムダ毛を処理するなら、なるべく簡単にお手入れしたいですよね。とはいえ、肌が汚くなるのはイヤ… そんな方におすすめしたいのが、除毛クリームです。今回は、家で簡単&綺麗にムダ毛処理できる除毛クリームをご紹介します。 [»続きを読む]

alice

スパな香りの除毛クリーム「スリンキータッチ セルフスパ」が使いやすい♪

スパな香りの除毛クリーム「スリンキータッチ セルフスパ」が使いやすい♪

世の中には色んなムダ毛ケア方法がありますが、除毛クリームのケアはなんとなく「刺激が強い」からと敬遠している人も多いかもしれません。 除毛クリームというと、肌のヒリヒリ感やツンとしたニオイをイメージする方が多いと思いますが、最近の除毛クリームはそんな難点がなく、とても使いやすいも [»続きを読む]

女美会編集部

自宅でムダ毛処理したい方におすすめの除毛グッズ5選

自宅でムダ毛処理したい方におすすめの除毛グッズ5選

肌の露出が増えてくる季節は、ムダ毛の処理が欠かせません。ですが、クリニックや脱毛サロンに通うのは面倒という人もいるのでは? 今回は、自宅でのケアに便利な脱毛グッズをご紹介します。 [»続きを読む]

alice

『毛の再生力』〜アラフォーママの育児日記〜

『毛の再生力』〜アラフォーママの育児日記〜

30代半ばで初産を経験し、それから育児奮闘中のアラフォーママMayによる育児日記マンガ。2回目の今回は、産じょく期のお話。身なりほったらかし状態に起こった想定外の出来事とは。 [»続きを読む]

May

福岡で格安の脱毛が出来るエステサロン&美容外科8選

福岡で格安の脱毛が出来るエステサロン&美容外科8選

九州で最も大きな都市である福岡は美容の激戦区としても知られています。実際に脱毛を取り扱うエステサロンや美容外科が多く、格安プランを提供しているお店も多数あります。安い脱毛サロンやクリニックが多いからこそ、後悔しないように本当の意味で格安のお店を選びたいですよね。 そこで今回 [»続きを読む]

美容リサーチャー

いしだまえ

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録