無添加とは? 食品や化粧品における無添加の意味合いと注意点

公開 

EXPERT

jobikai お悩み解決辞典

1 1

化粧品の中には「無添加化粧品」として売り出されているものが数多くありますが、無添加と言われると何となく安心・安全なもののように感じますよね。
ただ、実はこの化粧品に利用される無添加という言葉は明確な線引きも無く、注意が必要。無添加化粧品について、詳しくご紹介します。

無添加の定義とは

そもそも「無添加」という言葉については、法律などで定められた明確な線引きがあるものではなく、実はメーカーが自由に付けられる表現。
無添加と表現されるものには化粧品以外に食品も含まれますが、それぞれの大体定義は以下のようになっています。

無添加化粧品とは主に「旧表示指定成分」が配合されているかどうか

現在でこそ化粧品は配合されている成分の全てを表示する事が義務付けられていますが、これは2001年の薬事法改定によるもので、それ以前は配合成分を全て表記する義務はありませんでした。
ただ、パラベンなどいくつかの成分は肌にアレルギー反応を引き起こさせる事が分かっており、こうした成分を避けて消費者が化粧品の購入を行えるようにという事で、「防腐剤」「界面活性剤」「香料」「着色料」などのうちの102種類の成分が配合されている場合は、「表示指定成分」として化粧品に明記しなければいけないという決まりがありました。
現在では全成分表示が義務となっているため、これら102種類の成分を「旧表示指定成分」と呼びますが、無添加化粧品の多くはこの旧表示指定成分が配合されていないため、安全性が高いという事でよく利用されている言葉になっています。

また、最近ではこの旧表示指定成分が配合されていないという意味だけでは無く、「防腐剤無添加」や「香料無添加」など、特定の目的をもった成分が配合されていないという場合にも無添加表記がされ、無添加化粧品として販売されているケースが多くなっています。

食品における無添加は食品添加物の不使用を標ぼうするもの

食品でもよく無添加という言葉が利用され、最近では飲食店でも「無添加」を押し出している所が増えてきています。
食品における無添加は、主に「保存料」「酸化防止剤」「甘味料」「香料」「着色料」といった化学合成物質を利用していないというものですが、こちらも化粧品と同じように全てが無添加というものではなく、「保存料無添加」や「着色料無添加」といった一部のものが無添加というケースが多くなっています。

無添加化粧品とオーガニックコスメの違い

無添加と似たような印象を持たせる言葉に、「オーガニック」があります。
オーガニックは日本語に訳せば「自然由来」という意味で、オーガニックコスメと言った場合は、自然由来の成分を利用し、化学合成品を極力使わずに精製したコスメといった意味合いがあります。

無添加化粧品の場合、基本的には上記で説明したような成分の非表示を押し出しているものなので、化学合成によって作られた成分は多く利用されていますので、オーガニックコスメとはその性質が大きく違います。

ただ、オーガニックコスメといっても成分の抽出には化学的な手法を利用してたりと、何となく全て手作業で安全に作っているようなイメージのものとは異なりますので、オーガニックだから安心という基準になるものではありません。

無添加食品の注意点

無添加食品と表記されていても、実際には保存料など一部の成分使われていないものが多いとご紹介しましたが、無添加食品を選ぶ際に注意しておきたいポイントがあります。

「無添加食品」の表示を疑う

まず、繰り返しになりますが無添加という文言は法律で表示方法が決まっているものではなく、全て企業側の判断によって表記されているもの。
その為、無添加食品とはいっても一切添加物を加えていない商品から、「〇〇無添加」や「〇〇不使用」と表記されている以外の添加物については普通に使われているものも数多く存在します。

商品パッケージの原材料表示を見る

そういった商品ではなく、本当に無添加の商品を選ぼうと思ったら、必ず商品パッケージの裏面などに記載された原材料表示を見るようにしましょう。
原材料の欄に食材ではなく「保存料」や「調味料」といった表現や、化学的な名称が記載されている場合は添加物が入っている可能性が高くなります。

ただし、商品にごく微量しか入っていない場合は表示されていない事もあるため注意が必要です。

一般的な食品添加物とは?

一般的に、食品添加物とは「保存料」「着色料」「乳化剤」「香料」などを指します。

保存料は食品が腐ったりせず、一定の品質を保つために利用されるもので、ビタミンCなどが利用される場合もあります。

着色料は食品の色味を調整するもので、自然由来のものもあれば化学的に合成されたものが利用される場合もあります。

乳化剤は主に商品の水分と油分を混ぜ合わせる場合などに利用されるもので、例えばマヨネーズのレシチンなどがあります。

香料は名称の通り香りをつけるもので、香りによって食品の味わいは大きく変わります。分かりやすい例では、かき氷のシロップは香料が違うだけで別の味に感じるという有名な話があります。

この他にも、食品が泡立たないようにする消泡剤や容器にくっつかないようにする離型剤など、様々なものが添加物として利用されます。

化粧品の添加物の例

化粧品に利用される添加物にも様々なものがありますが、その中でもよく利用される種類のものを紹介します。

界面活性剤

水と油をくっつける性質を持った成分で、石鹸などは主成分がそもそも界面活性剤となります。
皮脂など皮膚の汚れと吸着して落としやすくするだけであれば良いのですが、界面活性剤が肌に残ると刺激となってしまう事があるなど、界面活性剤の性質によっては注意が必要となります。

防腐剤

パラベンやフェキシエタノールなど、化粧品の中で菌が繁殖するのを防ぎ、品質を一定に保つためのものです。
防腐機能が完全に無いと商品がすぐに品質劣化してしまうため、防腐剤不使用の場合は防腐機能が高い成分が多く配合される事もあり、必ずしも防腐剤不使用の方が肌に安全とは言い切れません。

無添加化粧品のメリットとデメリット

無添加化粧品のメリットは「安心感」

無添加化粧品のメリットとしては、やはり肌に刺激がある成分の一部でも確実に「入っていない」という点で、肌への刺激が少なくアレルギーなどの心配があまりないという点です。
但し、無添加といっても防腐剤など肌への刺激となるものが全く入っていないというわけではありませんので、化粧品選びの際にはパッチテストを行うなど慎重に決める事が重要です。
「安全性をわざわざ打ち出している」=「少なくとも肌への刺激に考慮している」という点で、無添加化粧品の方が安心して使いやすいという事は間違いないでしょう。

無添加化粧品のデメリットは「効果」や「価格」

一方、無添加という事をメーカー側が押し出すためには、それなりに配合成分の研究開発を行ったり、成分の調整を行ったりする必要が出てきます。
化粧品の成分は効果が強いほど肌への刺激も出てしまったり、安定性を高める技術が必要となる場合があったりもするため、無添加であるために有効成分が少なくなってしまう事や、新技術を開発するために高額になってしまう事なども多くあります。
もちろん企業努力によってこれらのデメリットをカバーしているものも多いのですが、安心感と引き換えに効果が落ちたり、価格が高くなってしまったりというパターンは多いため、どの程度拘るかというバランスが重要です。

無添加化粧品を利用する際の注意点

無添加化粧品の中でも特に「防腐剤無添加」のタイプのものについては、試用期間や保存方法などに注意が必要となります。
そもそも、化粧品は水分と油分で作られているため、菌が繁殖するための栄養となりやすい面もあり、防腐剤(=殺菌成分)が無いという事は菌の増殖によって化粧品の品質が変わってしまう可能性が高くなるという事。
通常、販売されている化粧品には未開封で3年間の品質保持が行えるようになっていますが、開封後の品質保持期間については特に定められておらず、防腐剤無添加の場合はこの開封後の品質保持期限が大幅に短くなってしまう可能性があります。
無添加化粧品を利用する際は、菌の繁殖などによる変質を防ぐため、直射日光や温かい所での保管を避けるなどを徹底するとともに、冷温保存などその化粧品が推奨している保存方法を守り、早めに使い切るようにしましょう。
利用する場合には臭いなどもチェックし、品質が変わっていないかどうか確認してから利用するようにする事も大切です。

まとめ

添加物というと食品にしても化粧品にしても身体への負担となるイメージばかりが先行してしまいますが、適切に利用されている限りはむしろ商品の安全性を高めるためのもので、体への負担も最低限に抑える事ができます。
とはいえ、市販の商品は長期間の流通や保管に耐えるために過剰な添加物が使われやすいという事も事実。
取り込んでしまう添加物の量をコントロールするためにも、本当に安心の無添加の商品を適切に取り入れて、健康的な美しさを手に入れられるようにしたいですね。

コメント

コメントを書く

この記事をシェアしよう!

jobikai お悩み解決辞典さんが書いたほかの美容情報・ノウハウ

顔の「うぶ毛」を剃るメリットとは? 正しい処理方法を知ってツルツル肌になろう!

顔の「うぶ毛」を剃るメリットとは? 正しい処理方法を知ってツルツル肌になろう!

近くで見られた時に、顔のうぶ毛を処理していないとギクッとしてしまいますよね。女性でも、口の周りなどは濃い毛が生えている人が多いですから、男性にドン引きされないよう抜かりなく処理しておきたいものです。でも、間違った方法で処理をすると、ツルツル肌になるどころか肌荒れの原因になることも [»続きを読む]

肌にたるみが出来るとフェイスラインはどう変わる? たるみ解消法

肌にたるみが出来るとフェイスラインはどう変わる? たるみ解消法

人は誰しも年齢を重ね、見た目も変化していきます。その代表的な変化に、肌のたるみがあります。肌のたるみは、見た目年齢を決定付けてしまう大きな要因であり、多くの女性が(そして男性も)エイジングを自覚するポイントです。 では、肌にたるみが出来ると、フェイスラインはどのように変わるので [»続きを読む]

梅雨でも髪を美しく保つ乾かし方。ドライヤーの使い方

梅雨でも髪を美しく保つ乾かし方。ドライヤーの使い方

髪を美しく保つためにはキューティクルをしっかりと保護する事が大切ですが、そのためにも洗髪後のドライヤーの使い方はしっかりと身に着けておきたいポイント。 ヘアスタイリングの8割は乾かし方で決まるとも言われるくらい、髪の乾かし方を正すだけでも、ヘアスタイルが決まりやすく美しい髪の毛 [»続きを読む]

シャンプーで洗髪後の自然乾燥は有りor無し? ドライヤーとどちらが髪を傷める?

シャンプーで洗髪後の自然乾燥は有りor無し? ドライヤーとどちらが髪を傷める?

お風呂に入って髪を洗った後、すぐにドライヤーで髪を乾かしていますか? 人によっては、ドライヤーの熱も髪を傷めるため自然乾燥させるという人もいたり、少しだけ自然乾燥させてからドライヤーを使うという人もいたりしますよね。 今回は、自然乾燥とドライヤーのどちらの方がヘアケアにとって [»続きを読む]

コラーゲン化粧水は「ハリ」に効く? 本当の効果と選び方

コラーゲン化粧水は「ハリ」に効く? 本当の効果と選び方

スキンケア用の基礎化粧水の多くに配合されている「コラーゲン」ですが、化粧水に含まれるコラーゲンがどのような効果を目的としたものかについて、実は誤解している人が多いので、正しい効果を知って有効活用しましょう! [»続きを読む]

スキンケアコスメの新着記事

温泉の極限環境で生息する「藻」の力に着目したコスメ「サラビオビューティ」の実力

温泉の極限環境で生息する「藻」の力に着目したコスメ「サラビオビューティ」の実力

古来より日本人を癒してきた温泉。 草津や熱海、道後や城崎など有名な温泉地は多々ありますが、「地獄めぐり」で有名な大分県の別府温泉もその一つ。 そんな別府にある研究所から、地獄に例えられるほど微生物にとっては過酷な環境に生息する「温泉藻」の力を有効活用して、様々なストレスやダメ [»続きを読む]

jobikai編集長

しゅん

くつろぎ時間楽しむ。My Little Box2月はSISLEYコラボ

くつろぎ時間楽しむ。My Little Box2月はSISLEYコラボ

昼間の気温が15度を超える日も増えて、春がもうすぐそこきていますね。 そんな陽気の中、お出かけしたい! なんて気分ですが、まだまだおうち時間が長くなりそうです。 今回のMy Little BoxはSISLEYとのコラボです。 またお部屋でも楽しめるアロマキャンドルやパワース [»続きを読む]

南紫

肌荒れが気になる時に!角質層を整えてくれる、おすすめスキンケアアイテム3選

肌荒れが気になる時に!角質層を整えてくれる、おすすめスキンケアアイテム3選

できるだけ人との接触を避ける生活や、外出時には必ずマスクを着用するなど、今までとは違った生活を送ってから、みたことのないような肌荒れに悩む日が増えました。 普段はそれほど使ってこなかった肌荒れに特化したスキンケアアイテムも、日頃から使うようになりました。 その中でも、今回は「 [»続きを読む]

美容家

船山葵

お家美容の質を高める!心地よい気持ちにさせてくれる、おすすめ美容アイテム5選

お家美容の質を高める!心地よい気持ちにさせてくれる、おすすめ美容アイテム5選

マスク着用の生活や、できるだけ自粛をする日々の中。今まで以上に、お家でのセルフケアの大切さを実感するようになりました。肌に直接触れるものだからこそ、質の高いコットンを使ってみたり、特定の場所に行かなくても、自宅で簡単に癒し空間を作れるアロマだったり……。今回はお家美容を楽しく、心 [»続きを読む]

美容家

船山葵

肌荒れや心の癒しケアとして◎今だから使いたい、おすすめの美容アイテム3選

肌荒れや心の癒しケアとして◎今だから使いたい、おすすめの美容アイテム3選

長く続くマスク生活やお家時間が増えた今、いつも以上に肌が荒れてしまったorニキビができやすくなったというお悩みや、心身ともにストレスを感じている方も少なくないはず。 そんな今だからこそ使いたい、オススメの美容グッズをご紹介します。 [»続きを読む]

美容家

船山葵

ジャンルから美容情報を探す

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録