シミ・そばかす治療のトレチノインって効くの? 効果と作用とは

皮膚科などでも処方されるシミの代表的外用薬「トレチノイン」。 そもそもどんな作用の薬なのか。また、本当にシミに効くのか? そんな疑問にお答えします。

シミの悩みを皮膚科に相談すると、よく処方されるのがハイドロキノンとトレチノインというクリーム。
トレチノインはビタミンA誘導体という、ビタミンA(レチノール)をより肌に効果が起きやすい形に改変したもので、細胞のターンオーバーを促進する効果があります。

トレチノインでシミの排出を促す

そもそもシミとは肌の内部で合成されたメラニンが、ターンオーバーの乱れなどによって体外に排出されなくなり(通常はターンオーバーで垢と一緒に無くなっていく)肌の内部にとどまった状態の事を指します。

トレチノインは、このターンオーバーを促す効果を持つ成分で、トレチノインを肌に塗布していると約2~4週間程度で、古い角質と共にメラニンの排出を行うようになっていきます。

肌の赤みや乾燥といった副作用も

トレチノインは肌の生まれ変わりを促進する一方で、強力に角質層をはがしていく作用もあるため、トレチノインを使用するとその部位に反応性の皮膚炎が怒る場合があります。
症状としては皮膚が赤くなったり、角質がぽろぽろと落ちてくるような反応で、作用が強くでるとアレルギーのようにも思える反応ですが、逆にこれこそがトレチノインによるターンオーバーの促進ですので、あまり心配する必要はありません。

トレチノインでシミを解消するためには用法容量を守る

トレチノインが皮膚科で処方される場合、その人の肌質や体質に合わせてその濃度や一回の塗布量が医師によって決められます。
効果が強い成分ですので、早く改善したいから多く利用したりしないようにしましょう。
逆に、もったいないから少なく利用したりという形も、しっかりと効果が出なくなってしまう場合があるため、定められた用法や容量はしっかりと守りましょう。

シミ改善の場合は”ハイドロキノン”も併用する事が多い

トレチノインでシミを消していく(薄くしていく)治療を行う場合、ハイドロキノンも同時に処方される事が多くあります。
ハイドロキノンは、シミを予防し、色を薄くするという作用がある成分ですので、ハイドロキノンで新しく出来るシミを防ぎつつ、すでに出来てしまったシミの排出をトレチノインで行うといったイメージです。

ハイドロキノンと併用で強く副作用がでたらトレチノインを休む

ハイドロキノンはシミの予防、薄くする効果として非常に強い味方ですが、こちらも肌への刺激が強い特徴があります。
特にトレチノインで古い角質がはがされた状態で利用すると、その刺激が強く出てしまう部分があるため、痛みが強い場合は無理をせずに利用を休んで、医師に相談するようにしましょう。
この際、両方を一度に使わなければ大丈夫なのであれば、新しいシミの防止とすでにあるシミを薄くする作用があるハイドロキノンを継続し、肌を剥がす作用のあるトレチノインを休むようにしておく方が、シミの解消に繋がりやすいので良いでしょう。

まずは皮膚科で相談を

シミの悩みで皮膚科に行くと、塗り薬としてはこのトレチノインやハイドロキノンが処方される事が多いと思いますが、しっかりと利用を続ければちゃんとシミを消していく効果を得る事ができます。

コメント

コメントを書く

お気に入り

0 0

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

スキンケア > 美白・シミくすみ対策

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録