食べ物に注意すればニキビの原因も解決!?

肌トラブルの代表格と言えば“ニキビ”
ニキビができてしまう原因は、ストレスや睡眠不足、偏った食生活、間違ったスキンケアとさまざま。
わたしの場合は食べ物の好き嫌いが多く、一人暮らしということもあり偏った食生活を送っていたことがニキビの原因になっていました。

ニキビの原因になってしまう食生活

ニキビの原因が食べ物にある場合は、体内のビタミンが不足してしまっている可能性があります。特にビタミンBとビタミンCは肌のターンオーバーを正常に促す働きがあるため、不足すると肌荒れやニキビができやすい状態に。

ではなぜ、体内のビタミンが不足してしまうのでしょうか。

カフェインや糖質がビタミンを消費!?

実は、コーヒーや紅茶に含まれるカフェイン。さらに糖質(炭水化物)が、消化される際に大量のビタミンを消費してしまうからです。
つまり、カフェインや糖質過多の食生活を送ればその分大量のビタミンが消費されてしまうのです。

カフェインは違うにせよ、糖質は身体にとっては必要成分。そのため、過剰な制限をするのではなく、よく言われるようにバランスがとれた食事をするように心がけましょう。

出来てからでは遅い!! ニキビはビタミンで予防!

わたしは、今までニキビのできはじめは “野菜を摂らねば!”と野菜中心の食事に切り替えることでビタミンを摂取しようとしていました。しかし、ニキビができてしまってから食事を見直したところで即効性はありませんでした。やはり普段からビタミンを意識した食事をすることが大切なんですね。

ビタミンB群(特にビタミンB6、B12)、Cの含有量が比較的多い食品は以下
B群:あさりやしじみ、レバーなど
C郡:アセロラ、緑黄色野菜(特に赤・黄ピーマン)、焼きのり・味付けのりなど

※ビタミンだけを意識した食事をしても他の肌トラブルを引き起こす恐れもあるのでやはり食事はバランスよく取りましょう。

食生活を変えることが難しい方は

ニキビを予防するのにはバランスのとれた食事をしましょうと提案しましたが、それでも苦手なものは苦手。また、仕事などが忙しくなかなかバランスのとれた食事ができないと言う方もいらっしゃるかもしれません。
そこで私の場合は、サプリなどで足りないビタミンを補うようにしました。普段私が使用しているのは……
・DHCのビタミンB、C
・C1000やアセロラドリンクなどのビタミンが豊富に含まれているドリンク

DHCのビタミンサプリは、自宅で使用するものとカバンにいれておき出先でも服用できるよう2つずつ購入して毎日服用するようにしています。

はじめはドラッグストアなどで薬剤師さんに相談し自分に合ったもの選んでもらうのが良いと思います。

ビタミンを意識し始めてからは、以前よりもニキビができる頻度、期間が減りました。しかし、それでもニキビが悪化してしまったときにはできるだけ早く、医薬品のビタミン剤を服用して、塗り薬などでケアしています。
これから忘年会や新年会で“偏った食事をしてしまった”そんなときはぜひ私のビューティレシピを活用してみてください。
※サプリやビタミン剤が体質に合わなかった際にはすぐに服用を止めましょう。

コメント

コメントを書く

お気に入り

5 5

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

スキンケア > にきび・いぼ・おでき

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録