美女たちの習慣をいいとこ取りした 理想のアイテムを開発!

美女の美しさの秘密を探り、多くの女美会メンバーに伝えたい。
女美会編集長の私が常日頃考えていることです。

美女たちの習慣をいいとこ取りして、女美会のみんなが美しくなるためにどうしたらいい?
それが美容法やアイテムとして取り入れられるとしたら?
真剣に考えてみました。

美肌美人は共通して、顔だけでなく全身スキンケア

いろいろ取材していて、いくつかの共通点を見つけました。
それは美女たちは顔だけでなく、全身を顔と同じように扱い、ケアしている。
そして、お風呂の時間をとても大切にしていること。

例えば、お風呂上りには顔だけでなく、全身に化粧水やクリームを塗って保湿をしている。
(田丸麻紀さん、辺見えみりさん、熊田曜子さん、・・・etc)
美容家のIKKOさんも、「お風呂上りにボディにクリームを塗る人は多いけど、実は化粧水も塗ったほうがいい。大切なのは水分と油分のバランスだから!」とおっしゃっていました。

でも実際は...

毎日忙しい大人女子 全身ケアに時間がかけられない

綺麗になるためには!とやってはみるものの、どうもめんどくさい!時間がかかる!背中など丁寧に塗れない箇所がある!

遅い時間に帰ってきてお風呂に入るのすら億劫。シャワーを浴びてもそのままバタンキュー。
忙しくて全身ケアする暇もない...

きっと私と同じように悩む人は多いはず!

いっそお風呂ごと化粧水にしたらいいじゃない!

そんなとき、私がひらめいたのは、
「そうだ!お風呂ごと化粧水にしたらいいじゃない!」

それなら時短でキレイを目指せる!

ちょっとバカみたいですが、本当にそう思ったんです。

まずは、お風呂に化粧水をドバドバ入れてみた!!!

まず思いついたことは、お風呂に化粧水を大量に投入すること!
論より証拠、まずは思いついたことは何でもやってみないと気がすまない私。
自宅のお風呂に、宮瀬茉祐子さんも使っているという「ハトムギ化粧水」を大量に投入!

案の定...

  • 化粧水の匂いがきつい!そして高額!(500mlを10本入れました)
  • 風呂の中がデロデロになって滑るし、掃除も大変!(当たり前だけど)
  • お風呂のお湯もぬるくなるし、全く現実的ではありませんでした。

さすがに、これなら全身に化粧水を塗った方がまだ楽。

次に試したのは、スキンケア入浴剤

他に、お風呂に入ることで美容習慣になる方法はないか?

次に試したのは、スキンケアできる入浴剤。

国内外のもの、40種類ほど試しました。
しかし、やはり入浴剤は香りや色、感触を楽しむものが多く、美肌になるという観点からだとなかなかこれ!っというのがなかったのです。

これはもう作るしかない!

世の中になければ、作ってしまおう!そう思い立ち、ビューティエキスパートの中から頼れる開発メンバーを集めました。

株式会社マユナ 奥谷千里さん

ヒット入浴剤を生んできた、50代に見えないかわいらしい女性。無添加にこだわり本当にいいものを追い求めてくれる方。

タレントの中川祐子さん

奇跡の40代。とにかく美しい。入浴剤へのこだわりが強い入浴剤マニア。ズバッといい意見をくれそう♪

力を合わせて、忙しい女性、肌の悩みを抱える女性に、簡単キレイになれるバスグッズを作りましょう!!そんな意気込みで開発を始めました。

試作品を試したら...

早速試作品が奥谷さんによって出来上がった6月。

全身の保湿感があり、確かにスキンケアとしてはいい出来でしたが、色、香り、感触に化粧水のお風呂たる実感がなく、中川さん、私は少し物足りなさを感じました。

だって、顔に使うスキンケア化粧水で高価なブランド品って、「綺麗になる実感」を演出する香りや感触がありますよね。私たちが求めているのは「肌にいいだけのお風呂」ではなくて、「体にも顔と同じようなスキンケアをしてあげられる」ような、贅沢かつ女っぷりがあがるようなものでないといけないのです。

試作品には課題が残りました。

奥谷さん「肌にいいものだけを使って、余計なもの入れたくない!」

中川さん「無添加であることはそれほど重要ではなくて、美しくなれそうな香りや感触が大事!」

編集長・淳「高級ブランドの化粧水のような、顔に使っても申し分ない効果と成分であることが必須条件!」

それぞれの意見が微妙に分かれてしまいました。

そもそも、上質な化粧水ってどんなの?

  • ・保湿感(湯ざわり・湯上りのしっとり感)
  • ・香り(美力が上がりそうな気品ある香り)
  • ・皮膚への吸いつき・密着感
  • ・保湿はしっかりしていても、べたつかずさらっと

できる限りそれぞれの意見を尊重しつつも、私たちが求める”高品質な化粧品”のような感触を追い求めました。

何度も、何度も試作を繰り返し・・・そしてついに!!

奥谷さん「これでどうでしょうか」

編集長 淳「香り、とろみ、色、保湿感どれも“カンペキ ☆”」

そしてようやくできた完成品がこのアイテム。
あくまでも、入浴剤としての位置付けではなく、浸かる化粧水として作りました。

そして名付けたのが「浸美水(しんびすい)」です。

ぜひ、この感触、美肌効果をあなたの素肌で体験してください。

浸美水を、女美会番組MC LiLiCoさんにも試していただきました

LiLiCoさんや、モニターに試してもらいました。

体験談はこちらです。

LiLiCoさんとモニターの体験談

コメント (1)

コメントを書く

EXPERT
しゅん(女美会編集長)

浸美水を水で溶いてミストボトルに入れてみました。化粧水として使ったらどうなるんだろう??とおもいつき、みなさんにオススメする前に、自分で試してみることに。

何日か続けてみます。

2016-11-27 23:45

5 5

お気に入り

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

コスメ・美アイテム > ボディケア

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会専属ライター/ディレクター募集

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録