メイクが下手な人が気をつけるべきお化粧のチェックポイント

公開 

はじめてのメイク、見よう見まねでやってみたけど何だか思っていたのと仕上がりが違う? もしかしたらメイクが下手な人にありがちなミスをしているかもしれません。そうなんです、メイクが下手な人は、共通の落とし穴にはまっている可能性があるのです。ここではメイクが下手な人がチェックするべき、メイクの基礎となるポイントをご説明していきます。

メイクは明るい部屋でしよう

その日によってメイクする場所を変えていませんか?メイクをするときに意外と大事なのが照明です。暗い部屋やオレンジ系の照明の部屋でメイクをすると、仕上がりが濃くなってしまいます。明るい部屋で、素の肌の色が確認できる状態にしてからメイクをするのが基本です。

ファンデーションだけで隠そうとしない

塗れば塗るほど肌がキレイになる?いいえ、そんなことはありません。肌荒れやニキビを隠そうと厚塗りしてしまうと、肌の上にメイクが乗っかっているように見え、とても不自然です。隠したいところをファンデーションだけで隠そうとせずに、コンシーラーやコントロールカラーなどのアイテムも活用しましょう。ニキビが気になるときはグリーンのコントロールカラーをファンデの前に使うと、赤みを自然に抑えられますよ。ファンデーションだけで隠そうとするのは絶対にNGです。

眉毛がボサボサ

眉毛のメイクはとっても難しいですよね。しかしボサボサ眉毛のままではせっかくのメイクも台無しです。長い眉毛はカットし、形もキレイに整えておきましょう。100均にいけば眉の型もありますので、型に合わせて整えれば初心者の方でもキレイに整えられますよ。どんなに完璧なメイクもボサボサ眉毛が一瞬で台無しにしてしまうので注意が必要です。

チークが濃すぎる

遠目から見てもわかるほどくっきりと頬にチークが入っている人、たまにいませんか?おてもやんを連想させるようなくっきりチークは、当然メイクが下手な人の象徴です。肌そのものが発色しているような自然な血色を意識して、チークと肌との境目がわからないように入れていきましょう。

はみ出しリップにも注意

うっかりリップを塗りすぎて、唇からべっとりはみ出していないか確認しましょう。セクシーなリップを作りたい気持ちはわかりますが、塗りすぎてはみ出している唇は残念な印象を持たせます。塗り加減が難しいときは唇全体にリップを塗るのではなく、唇の中心にのせたリップを周りにぼかしていくことで付け過ぎを防げますよ。

メイクは全体像を見ながら

小さな手鏡だけてメイクをするのは失敗のもと。顔全体が映る大きめの鏡で、顔全体のバランスを見ながらメイクをしましょう。眉毛だけ、目元だけと一部しか見ずにメイクをしていると仕上がりがアンバランスになってしまいます。

メイクのやり方をいまいちどチェック!動画で手順を確認してみよう

メイク初心者の方にも、もう一度メイクの方法を確認したい方にもぴったりの動画をご紹介します。動画を見てメイクの基本を押さえましょう。

【初心者メイク】初対面の好印象はプチプラで作れる?!

元美容部員の方が初心者の方に向けてメイクの方法を紹介しています。メイクで好印象を作れる方法は要チェック。すべてプチプラコスメでメイクしているのに仕上がりはプロ級です。

プチプラコスメで初心者メイク?【解説】

マスカラをダマにせずに塗る方法、チークをのせる位置などすべてのメイク手順を詳しく説明しています。厚塗り感が出ないファンデーションの塗り方も参考になりますよ。

【初心者向け】絶対に可愛くなる?プチプラ!ナチュラルメイク?

初心者でも可愛くメイクを仕上げたい方はこちらの動画がオススメです。ナチュラルに可愛く仕上げています。

まとめ

メイクが初心者の方や、自分のメイクに自信がない方は今回ご紹介したポイントに気をつけながらメイクをしてみてください。意外と部屋の明るさや鏡の大きさが原因となってメイクに失敗している方もいるのでこちらも見直してみてくださいね。参考に紹介している動画は、どれもメイクの基礎から説明しているものですので、こちらもぜひチェックしてみてください。

コメント

コメントを書く

お気に入り

0 0

この記事をシェアしよう!

関連キーワード

カテゴリ

メイクアップ > ベースメイク

みんなのビューティレシピを読む

ビューティレシピ

女美会メンバーだけの
スペシャルコンテンツが続々登場!
あなたも今すぐ登録しませんか?

SNSアカウントで新規登録